かっぱのあしあと

光を見極める目を 



幅広い作風と多メーカーに及ぶ新機種レビューに関わらず、
桃井一至先生のオリンパスPEN-Fの使いこなしは流石です。
瞬時に設定を変えて見事にワンショットで「作品」を作り上げます。
13名がぞろぞろと同じ建物の中を歩くと、お互いが映り込んだり
するため時間を区切って解散・集合を繰り返しました。
なかなか先生にくっついての撮影ができなかったものの、
最後に簡単な講評会を行ってアドバイスをいただけました。

ネイチャーでは柔らかい光が欲しいので曇天が好まれますが、
スナップ撮影では、やはりこの日のように日光が必要だと。
それは先生の作品や撮影状況を見ると分かります。
被写体の形や色ばかりにとらわれることなく、
まずは光を最優先にして捉えています。

光線の強さ、角度、反射、陰影、色と光のバランス。
これらを瞬時に判断してカメラの設定を決め、シャッターを切る。
ただし手軽に数秒でというわけではなく、十数秒かけて
構図やピントの位置、露出を変えながら数ショットを撮ります。
通い慣れた撮影シーンといえども、光の加減で変わってきます。

珍しい建物を撮るからと、引きの絵ばかり撮ろうとすると
不動産屋のチラシみたいになってしまう。
木々や影、人物などを利用したり思い切った青空の活用も効果的。



江戸東京たてもの園
2017/9/10 14:37 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/60秒 +1.0EV) WB:5300K ISO:2000 Natural 江戸東京たてもの園

ホワイトバランスは基本「太陽光」
日光を利用しての撮影が多いのと、オートにした場合に
青すぎる色合いになると不自然さを感じるためだそうです。
このシャンデリアは電球の光ですが、太陽光設定から微調整しています。
「色温度は大事だよ」だそうです。



江戸東京たてもの園
2017/9/10 14:37 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/60秒 +1.0EV) WB:5300K ISO:2000 Natural 江戸東京たてもの園

ピントの位置をどこへ持って行くか。
この建物のガラスは明治時代のままで、現在の製法と異なるために
表面に微妙な凸凹があり、向こう側の景色が歪んで見えます。
向こうの瓦屋根にピントを合わせれば手前の窓枠が暈け、
逆に窓枠に合わせるとこのように景色の歪みを表現できます。
現場ではピントの位置を変えながら何カットも撮っておきます。



江戸東京たてもの園
2017/9/10 12:28 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/250秒 -1.0EV) WB:5300K ISO:200 Natural 江戸東京たてもの園

建物の撮影で大事なのはきちんと水平を出すこと。
最近のデジカメならファインダーに水準器を表示させます。
わずかな傾きでも違和感を覚えるし、もし傾けるのなら
意図を持ってしっかり角度を出してしまうことが必要。
私の場合、水準器で合わせたつもりでもシャッターを
切るときに傾くのか、この画像も0.67度左が下がっていました。
(レタッチ時に補正しています)



江戸東京たてもの園
2017/9/10 11:22 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
94mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/80秒 -1.7EV) WB:5300K ISO:800 Monotone 江戸東京たてもの園

光をシンプルに捉えるのにはモノクロームが最適。
ただし白い部分が多い(強い)とそこに目が行きがちです。
モノトーンでは白い部分を少なくし、陰影を引き出す。
PEN-Fはこういった撮影がしやすいけど、ちょっと高いんだなぁ^^;



江戸東京たてもの園
2017/9/10 13:54 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
32mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/60秒 -1.3EV) WB:5300K ISO:320 Natural 江戸東京たてもの園

最後の講評会で提出したのがこちらの作品です。
向こう側の緑と光、そして和傘の取り合わせが美しい場所でした。
先生のコメントでは、「絵的にまとまりすぎるので、最も見せたい
場所を強調するなどで個性を出すとよい」とのことでした。
確かにまとまった構図はついそれで安心してしまいがちです。
そこからどう「外す」かも今後のテーマにしたいと思います。

アートフィルターについて。
被写体やシーンによって、その雰囲気に合致するものを
選ぶと被写体の雰囲気を引き出してくれる。
レトロなものならセピア系、カラフルならポップアートなど。
コントラストが強すぎる場合は「ライトトーン」を常用することも。

横位置では余計なものが入る、縦位置では窮屈な場合など
状況次第でアスペクト比を「1:1」にしてみるのもアリ。
望遠レンズでさらにもう一寄りしたい場合にも使えます。


先月単独で訪れた時とは、被写体や光の捉え方、
カメラの設定や撮影の仕方で明らかな違いを感じました。
やはりプロの言葉の的確さや幅広さに触れるのは大切です。
短い時間でしたがとても楽しく貴重な経験でした。
またこういった機会があれば参加したいと思います。



[edit]

桃さんぽ日和 



先日お知らせしました、オリンパスのフォトパス主催
「デジタルカレッジ」に参加し、再び東京都小金井市の
「江戸東京たてもの園」へ訪れました。
桃井一至先生はじめ、総勢13名でのお気楽撮影会。
フォトパスでは「桃さんぽ」と呼んでいるらしいです。

私にとっては8月12日以来一ヶ月ぶりなので記憶が
新しいながら、写真家の先生と一緒なのは新鮮でした。
同じ場所での撮影でも、これほど違った気持ちで臨めるのか、
同じ被写体に対しても、これほど違ったアプローチが出来るのか、
様々な意味で大変勉強になりました。



江戸東京たてもの園
2017/9/10 13:55 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/5000秒 -0.7EV) WB:5600K ISO:200 Natural 江戸東京たてもの園



再び往復7時間かけての上京は、2度目ならではの
精神的な余裕はあったもののやはり大変疲れました。
でも撮影中は時間制限もあって腰痛を忘れるほど
夢中になれたのも確かでした。

詳しい状況や先生のアドバイスなどは次回以降で(^^♪




[edit]

はえるものは枯れる 




最近の写真の話題といえば「インスタ映え」でしょうか。
インスタグラムは2010年に始まっていましたが、
ここ数年になって一気にSNSの王座に立ち上りました。
TwitterやLINEなどが文字を中心にしたものなのに対し、
インスタは写真がメインというかほぼ写真オンリーな投稿もあります。

私自身はスマホで写真を撮ることは無く、インスタもやっていません。
インスタに対して否定的なわけではなく、単に面倒なだけです。
スマホだけで完結するし、多彩なフィルターなどを駆使したりと
遊びの要素も強く、その場でアップできる手軽さはあります。
それでもインスタに上げる画像には、なぜか「映え」を求められます。

映えのない画像は写真としていわゆる「いい作品」でも
ほぼスルーされるし、どちらかというと一瞥でわかりやすい
画像やカラフルな画像という要素が強調されます。
さらにFacebookでも見られた「いいね」中毒にかかると深刻です。
いわゆる「インスタ映え」狙いばかりに奔走してしまいます。



浜名湖ガーデンパーク
2017/9/4 10:04 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 -0.7EV) WB:4500K ISO:200 ToyPhoto 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2017/9/4 10:39 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO + MC-14
420mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/250秒 -0.7EV) WB:5000K ISO:250 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2017/9/4 10:53 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
212mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/500秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2017/9/4 11:21 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
128mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/500秒 -0.7EV) WB:5000K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2017/9/4 12:43 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 60mm F2.8 Macro
120mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/400秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



最近では「インスタ映え」のために危険を冒したり、違法行為をする
ケースも見られ、犠牲者も出ているのが現実です。
もはや写真を通じたコミュニケーションというよりは、
承認欲求や自己満足を満たすための薬物のようです。
SNSは必ずしもそれ自体が「人と人の繋がり」ではありませんが、
次から次へと新たなSNSが現れるのは、どこか
人間の本質や心理に迫るものがあるのでしょうか。

恐らく今年の流行語のひとつに「インスタ映え」が上がるでしょう。
だとすると、来年は何が流行るのでしょうね。
「自撮り」とか「youtuber」はもう飽きたし。


[edit]

イチかレスか 



今日は仕事で使っているコンデジが壊れたので
新調するため家電量販店へ行きました。
久しぶりに売り場へ行ってみたら、以前よりデジカメ売り場は
半減するほど小さくなっていました。
変わりにスマホ関連やタブレットなどが大きくなっています。
幸いカメラ売り場はまぁまぁ盛況で、見ているそばからご成約。

店員の順番を待つ間、そこにあったニコンD850を手にしました。
想像したよりは軽い、でもやはり高級フルサイズだけに大きい。
ファインダーはさすがにクリアで大きく明るい。
連写モードにしてシャッターを押してみる。
意外なほど手に伝わるミラーショックに、
久々のデジイチの感覚を思い出しました。

OM-Dではまったくと言うほどミラーショックを感じることはなく、
電子シャッターでは音すら聞こえません。
デジイチのミラーショックやシャッター音は、
それ自体に魅せられる人が多いのは頷けます。
ただ、デジイチかミラーレスかといった選択は
あまり重要でなくなっているのも確かです。



江戸東京たてもの園
2017/8/12 10:56 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
48mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/60秒 +0.0EV) WB:5000K ISO:1250 Natural 江戸東京たてもの園



江戸東京たてもの園
2017/8/12 13:13 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
76mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/80秒 -1.0EV) WB:5000K ISO:2000 Natural 江戸東京たてもの園



江戸東京たてもの園
2017/8/12 13:27 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
76mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/800秒 -1.0EV) WB:5300K ISO:200 Natural 江戸東京たてもの園



江戸東京たてもの園
2017/8/12 14:08 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/60秒 -1.0EV) WB:5300K ISO:1600 Natural 江戸東京たてもの園



江戸東京たてもの園
2017/8/12 13:38 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
76mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/80秒 -1.0EV) WB:4300K ISO:1250 Natural 江戸東京たてもの園


石原裕次郎さんが亡くなって30年経ちました。
小樽にある記念館は先月末に閉館しました。
時代の移り変わりを感じるとともに、裕次郎さんが
亡くなったのが52歳だったことにあらためて驚きます。
私は今月7日に54歳になりますが、裕次郎さんより
永く生きているといった実感が湧かないものです。
晩年は病気に苦しみましたが、主にTV番組で拝見した
圧倒的な存在感やカリスマ的な人気は今でも忘れがたい人です。




[edit]

近日再訪 




何度かに渡ってアップした「江戸東京たてもの園」の
画像でしたが、以前の記事に書いたように
正直なところ往復7時間かけて行った割には
期待したほどのワンダーランドではありませんでした。
帰りのクルマの中で「まぁ、二度と来ることもないだろうな」
などと考えていたものです。

しかしあれから1ヶ月も経たないのに再訪することになりました。
今度は個人ではなく、オリンパスのコミュニティ「フォトパス」の
「デジタルカレッジ」にて撮影会に参加するためです。
写真家桃井一至氏と一緒に、ぶらぶらしながら撮影散歩。
9月10日(日)お昼前後の3時間ほどお気楽撮影会です。

いくらなんでも8月に行ったばかり、あれほどdisってたのに
またすぐにホイホイ行くなんて、さすがに申し込む時は躊躇しました。
ただ、逆に一度見ている場所だし、見落としたものが無いかとか
先生のアドバイスでまた違った撮り方もできるのではと
きっと再訪の意味があるのではと期待することにします。


江戸東京たてもの園
2017/8/12 12:03 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
122mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/3200秒 -0.7EV) WB:4800K ISO:200 Natural 江戸東京たてもの園


たまたまフォトパスのサイトを見ていたら、この講座を見つけました。
「あ、この前行ったとこじゃん」 だったわけですが。
写真家と一緒に撮影会に参加するのは本当に久々です。
できることならもっと頻繁に参加してみたいところだけど、
なかなか静岡でやることはないし、休みが合わなかったり。

私の経験上、写真の上達にはプロの言葉を直接聞くのが一番です。
プロのスキルの高さや引き出しの多さ、何より経験量は
私のような弩素人の35億倍は違うでしょう。
それは本を読んだりネットを見たり、フォトコンに勤しむよりも
遥かに学べることが豊富で、何より楽しいものです。

今回のようなお気軽散歩フォトでもそれは同じだと思います。
だから撮影会では、自分がいい写真を撮ることより、
先生から離れずに一字一句聞き逃さないことにしています。
そこで聞いたことを実践に活かす(活かせるかは別にして)わけです。

桃井先生は初めてですが、楽しみにしています(^^♪


[edit]