かっぱのあしあと

2014年秋コレクション その5 

今日で会社の一年は終わりました。
ただ、私は「年内中に」の仕事優先で後回しにした仕事が
世界遺産並みに積み上がってしまい、手の着け処が見えません。
恐らく大晦日、ひょっとすると三が日辺りまで。。。
というわけで新規の取材は当分お預け、在庫処分にお付き合い願います(-.-)


2014122801.jpg
2014/11/17 12:01 OLYMPUS E-M1 + ZUIKO 50-200mm F2.8-3.5 SWD
400mm相当 絞り優先AE(f/3.5 1/400秒 -1.0EV) WB:4500 ISO:500 ToyPhoto 田貫湖


2014122802.jpg
2014/11/17 11:48 OLYMPUS E-M1 + ZUIKO 50-200mm F2.8-3.5 SWD
166mm相当 絞り優先AE(f/3.1 1/2500秒 -2.3EV) WB:5000 ISO:200 Natural 田貫湖


2014122803.jpg
2014/11/17 11:44 OLYMPUS E-M1 + ZUIKO 50-200mm F2.8-3.5 SWD
100mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/2500秒 -1.0EV) WB:5000 ISO:200 ToyPhoto 田貫湖


2014122804.jpg
2014/11/17 11:48 OLYMPUS E-M1 + ZUIKO 50-200mm F2.8-3.5 SWD
400mm相当 絞り優先AE(f/3.5 1/800秒 -2.0EV) WB:4500 ISO:200 Natural 田貫湖


2014122805.jpg
2014/11/17 11:01 OLYMPUS E-M1 + ZUIKO 50-200mm F2.8-3.5 SWD
184mm相当 絞り優先AE(f/3.2 1/1250秒 -2.0EV) WB:4500 ISO:200 Natural 田貫湖


【フォトマスター検定 準1級:共通問題】より 第4問・第5問

「AFカメラの台頭により、撮影者がピントをマニュアルで合わせる機会は非常に少なくなった。
にもかかわらず、一眼レフカメラを購入する場合の選択ポイントの1つとして
『ファインダーの見やすさ』を挙げる人が多い。感覚的な評価ではあるが、マニュアルで
ピント合わせを行う場合には、( ア )ものののほうが合わせやすいとされている。
しかしながら、( イ )などによっても変わってくる。」
※ただし、撮影者は、近視でも遠視でもなく裸眼でファインダースクリーンの像を
  はっきりと見ることができるものとします。

問題4 ( ア )に入る正しい言葉を(1)~(3)の中から選べ。

(1)視野率が100%前後で倍率が1.0を超えている
(2)視野率はほとんど関係がないものの倍率が高い
(3)倍率はほとんど関係ないものの視野率の大きい

問題5 ( イ )に入る正しい言葉を(1)~(3)の中から選べ。

(1)ファインダースクリーンの大きさや接眼部の大きさ
(2)ファインダーの接眼部からスクリーンまでの距離
(3)ファインダーそのものの明るさやアウトフォーカス時の像の見え方(ボケ方)


元旦の天気予報は曇りベース。
その後はすんごい寒気でどん冷え。
一週間コタツの番をしてますわ。



関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/970-018c28fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)