かっぱのあしあと

南アルプス左回り その弐 

王滝村の「自然湖」を発ち、御岳湖岸を東へ。
地面は落ち葉に染まり、湖岸沿いの木々も朝日に輝きます。
所々でクルマを停めてカメラを構えたいのですが、
この後の予定もあるしで、午後に訪ねる渓谷へ持越しです。

御岳湖北側には、「清滝」と「新滝」という見事な滝があります。
しかし台風の影響で崩落の可能性から遊歩道が通れませんでした。
新滝側から回りこめるのですが、結構な起伏を伴うので今回は見送りです。
そもそもこの辺りの紅葉は終わりかけていて、雨がとどめを刺した感じでした。

さて次は何処へ行こうか。
折角晴れてきたので、御嶽山が見られるかもしれないと
「開田高原」へ北上しました。
以前にも飯島裕先生のGANREFゼミなどで訪れた美しい高原です。
見晴らしのいい「九蔵峠(くぞうとうげ)」には代わる代わる観光客が立ち寄ります。

2014110601.jpg
2014/11/3 10:02 OLYMPUS STYLUS1 (with PL)
42mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/200秒 -0.3EV) WB:6400 ISO:100 Natural

この日の御嶽山は薄っすらと雪をかぶり、
山頂付近に雲をまとっていて噴煙は見えません、
麓の高原一体はカラマツの美しい紅葉が広がり、まさに絶景です。
この山が多くの人命を奪ったとは思えないほど心を奪われる光景です。


2014110602.jpg
2014/11/3 10:02 OLYMPUS STYLUS1 (with PL)
300mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/500秒 -0.3EV) WB:6000 ISO:125 Natural

険しい山肌を白く染める薄化粧した御嶽山。
これから真冬になればもっと真っ白な雪を積もらせて厳しい寒さに包まれます。
余談ですが、1/1.7インチの小型センサーでも等倍鑑賞しなければ十分な描写です。
大型センサー流行りですが、STYLUS1のハンドリングは抜群でした。

九蔵峠を後にし、一旦開田高原内を走ってから今度は南へ下りました。
幹線道路でもある国道19号線のすぐ脇に、なんと見事な滝があります。


2014110603.jpg
2014/11/3 11:38 Nikon D4 + AF-S 70-200mm F2.8 VRII
85mm 絞り優先AE(f/18 2秒 -1.3EV) WB:4500 ISO:100

国道沿いに小さな駐車スペースがあり、その前にこの「小野の滝」があります。
しかもこの滝の直上を中央本線の鉄橋が走るという特異なロケーションです。
どれほど変わった場所なのかは、Googleのストリートビューでご覧ください。
そのためか、動画を撮影しようとしても道路を走るトラックや、
いきなり「ゴトゴト」と鉄道が通過して音が入ってしまうんですよね。


2014110604.jpg
2014/11/3 11:29 Nikon D4 + AF-S 70-200mm F2.8 VRII
82mm 絞り優先AE(f/4 1/2.5秒 -1.3EV) WB:5400 ISO:100

広重の浮世絵「木曽街道六十九次」にも描かれた美しい瀑布は高さ約20m。
滝修行も行われる由緒ある場所らしく、「木曽八景」のひとつでもあります。
こんなに手軽に滝を楽しめる場所はなかなかないでしょうね。


2014110605.jpg
2014/11/3 11:11 Nikon D4 + AF-S 70-200mm F2.8 VRII
125mm 絞り優先AE(f/5.6 1/2秒 -1.3EV) WB:4500 ISO:100

比較的落差の低い滝なので、滝つぼもそれほど深さはありません。
歩いて滝つぼまで降りられますが、この場所でも水しぶきが舞ってきます。
木曽地域には無数に大小の滝がありますが、大きすぎず高すぎず、
多すぎない水量でいい頃合いなのも愛される所以かもしれません。

さて小野の滝を後にしてさらに南下し、向かうのは「阿寺渓谷」
混んでなけりゃいいなと思いながら国道を走りました。
次回に続きます。


またまた余談ですが、こういった滝や渓流の流れを撮る時には、
シャッタースピードを何段にも変えて(必要なら感度も上げて)撮るといいです。
流れや水量によって、5秒がベストだったり1/13秒がベストな場合だってあります。
とにかくNDフィルターを併用して真っ白になるまで露出することもありますが、
必ずしもそれがいいことばかりではなく、細かい水滴の飛散を捉える方が
躍動感が表現できる場合もありえるからです。


関連記事
スポンサーサイト

[edit]

はんべさん

記事拝読させて頂きました
それでは 今回の滝のお写真は 全てNDフィルター装着なしでしょうか
言葉に尽きせぬ 美しい流れです
最後のお写真
岩肌が程よく見えています
NDフィルター使用ならば このような岩肌にはならないかとも思います

追伸
先日のお勧めの本 手元に届きました

りら姫 #sSHoJftA | URL | 2014/11/07 20:44 * edit *

Re: はんべさん

> それでは 今回の滝のお写真は 全てNDフィルター装着なしでしょうか
この滝は道路脇の比較的引っ込んだ場所にあるので、ND無しで撮りました。
時折陽射しが入ると撮りにくいので、雲がかかるのを待ってはシャッターです。
NDを使って長秒露出すると、真っ白でシルキーな雰囲気になります。
それもいいけど、水が流れる動きを切り取るのも好きですね。

> 先日のお勧めの本 手元に届きました
GANREFにもレポートが載りました。
http://ganref.jp/common/special/event_uchiyama/report.html

はんべ #- | URL | 2014/11/07 21:45 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/943-6e35f345
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)