かっぱのあしあと

只ほどオイシイものは 

本日は晴天なり
場所は静岡市の日本平(にほんだいら)にある「静岡市立日本平動物園」
昭和44年開園以来45年の歴史を持ち、
ずっと市民に愛され続ける日本を代表する動物園です。

2014102501.jpg

ここ数年に渡り、老朽化した施設の改修と集客の回復をはかるため
度重なるリニューアルを行い、昨年4月にグランドオープンしました。
今流行の「行動展示」を取り入れ、動物を間近に見られる透明パネルの導入など
数々の改善に加え、ホッキョクグマやレッサーパンダなどの人気者が
奏功して連日大変な賑わいを見せています。

この日行われたのは、動物写真家で知られる「内山 晟(あきら)」氏による
インプレス主催の動物園での撮影法のレクチャー&撮影会でした。
今月末(10月31日)発売予定の「世界一わかりやすい デジタル一眼レフカメラと
写真の教科書・動物園&水族館の撮り方編
」(インプレス刊)という
超長いタイトルの解説本発行記念イベントなのです。

2014102502.jpg

私の場合はGANERF枠で、通常かかる参加料を「ロハ」にしていただいたうえに
発売前の著書を頂き、さらに先生の講義や撮影作品の講評までしてくださるという
なんとも贅沢三昧なメンバーの一人として参加させていただきました。
しかも内山先生直筆のサインと、イラスト担当の「ゆきぴゅー」さんの
やはり直筆イラストまでいただけたという目のくらむような特典だらけなのでした。

それでけではなく、ニコンイメージングさんからはニコンD7100と数種類の中から
一本選んで使い放題の望遠ズームまで貸していただき、持ち込んだSDカードで
好きなだけ撮影を楽しませてくださいました。
(これだけヨイショすればレンズ安くしてくれるかな)

2014102503.jpg

一時間ほどかけてスライド投影しながら内山先生のレクチャーを受けます。
その後借りたカメラを持って園内を回りながら撮影を楽しみました。
私自身もこの動物園はリニューアル前後から何度も訪れていますが、
案外なかなか思い通りに可愛く撮れないものです。
でも意外と簡単に、分かりやすい方法で動物たちの活き活きとした
表情や活動を撮れるものだと改めて感動した次第です。

2014102504.jpg

レッサーパンダ館では、通常行わない時間帯に、内山先生の「顔」で
特別に「おやつタイム」を設けていただきいました。
飼育員の手からリンゴを受け取って美味しそうにかじる表情がたまりません。
参加者が構えるカメラが取り巻く光景は、さながらモデル撮影会のようです。

撮影が終わると再び構内へ戻り、「自慢の一枚」を提出して講評会です。
そえぞれの作品に先生が丁寧な解説をしてくださるのですが、
どの写真も短い撮影時間に関わらず大変佳く撮れています。
作品が投影されるたびに先生も感嘆の声を上げるほどでした。

この日の参加者の最年少はなんと10歳!
デジイチは初めてというのに、講評会に提出された作品に一同どよめきます。
レッサーパンダの可愛らしい表情に加え、ちゃんと目にはキャッチライトも
入れてキラキラとした瞳を捉えた秀作なのでした!

2014102505.jpg
2014/10/25 14:03 Nikon D7100 + AF-S 70-200mm F2.8 VRII
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1000秒 -0.7EV) WB:AUTO ISO:6400

内山先生は数十年にわたり世界中を旅しながら動物写真を撮っています。
それでもなぜ今、動物園での写真を勧めるか、それはアフリカなどへ行けば
お金も時間もかかるし、行ったところで必ず動物がいるわけではありません。
でも動物園ならいろんな動物が間近で見られます。

ところが動物園には柵や網があるし、どうしても人工物が入りがちです。
また透明パネル越しでは反射物が写ったりしてキレイに撮れません。
そこで様々な「ちょっとしたテクニック」で、いかにも野生の動物を
撮ったかのように見える素晴らしい作品を撮影することもできます。

今回発刊される、略して「デ写教」シリーズはそういったテクニックを
実に分かりやすく、豊富な作例やイラストを交えて解説しています。
しかも先生自ら解説するDVD(先生はCDと言ってききませんが)まで
付いていて、とにかくその情報量と楽しさでは圧巻の出来です。

実は内山先生、今年動物園での撮影中に脊柱を圧迫骨折する大怪我を負っています。
1mほどもない柵から飛び降りた際に、カメラを守るため背骨を傷めました。
2ヶ月間の入院生活の間、パソコンを横開きにしながら指一本で執筆しました。
さらに同封のDVDの撮影のために無理しながらも退院直後に決行。
そして今回の撮影かに間に合わせるため回復をはかってくださいました。
それだけに先生自身も思い入れの強い著書だそうです。

世界中何処へも行くが酒の無い場所へは行かない。
ホワイトバランスを戻し忘れるなど失敗を繰り返しながら学ぶ。
など、実にユーモラスなキャラクターとお話に加えて、
短い時間だったとはいえとても楽しい一日を過ごすことができました。

宣伝ではありませんが、本の内容はホントにわかりやすいし
数々の写真や「ゆきぴゅー」さんのイラストも楽しくて見応えがあります。
普段と違った写真を楽しんでみたい方にはおススメです!
内山 晟先生、ゆきぴゅーさん、インプレスやニコンのスタッフさん、
そして一緒に動物園を楽しませていただいた参加者の皆さんに
心より感謝申し上げたいと思います。


他の作品は次回にでも。。。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

はんべさん

皆さんの写真を撮る表情
その喜びが 描写されていますね

内山先生のお話し 微笑ましく また貴重なこととして拝聴させて頂きました

今月末(10月31日)発売予定
「世界一わかりやすい デジタル一眼レフカメラと
写真の教科書・動物園&水族館の撮り方編

今日 たまたま 本屋さんに行きます
この本取り寄せらえるようでしたら・・・
予約してきますね
ご紹介有難う御座います

香月 りら #sSHoJftA | URL | 2014/10/26 06:40 * edit *

Re: はんべさん

> 皆さんの写真を撮る表情
> その喜びが 描写されていますね
総勢20数名ほどでしたが、2~30代の若い方が大半でした。
昼から4時過ぎまでの短い間にもかかわらず、
とても楽しい時間を過ごさせていただきましたよ。
次回は習ったことや本に書いてあることを実践してみます。

> この本取り寄せらえるようでしたら・・・
> 予約してきますね
お買い上げありがとうござい(^^)
読んだら、実際に動物園へ行きたくなること請け合いです。
実は内山先生、料理も得意でなんと料理の本も出されています。
「毎日おいしい 男の料理」(中経出版)など。
出版物に関しては、子供向けの動物写真本は無数に出版されています。
きっと動物と話ができるんだと思いますよ。

はんべ #- | URL | 2014/10/26 20:40 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/937-6b6c6228
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)