かっぱのあしあと

忘れることはシアワセか 

懐かしい思い出、郷愁や望郷、人はみな記憶を抱えて生きています。
忘れたいこともあるし忘れられないこともあります。
「人は忘れることでシアワセになれる」なんてどこかで聞いたフレーズ。
でも忘れたいことほど忘れられないものです。
ふいに記憶がよみがえっては、それを必死で振り払おうとします。

そして忘れたくない記憶は、そのような忘れられない記憶にかき消されます。
かつて、唯一その記憶を鮮明に残すことができるのが「写真」でした。
昔の写真を見るたびにその頃の記憶を紐解くことができます。
だから震災などでアルバムを失うことは、忘れたくない記憶を
失うことと同じくらい辛いことなのだと思います。

あの震災以来、今ある風景や伝承される行事などを
映像で残す作業が日本各地で行われるようになりました。
私の住む静岡県内では、震災直後にGoogleのストリートビューが
一気に狭い路地までカバーしたのも、近く予想される南海トラフの
三連動大地震の前の景色を残しておこうという配慮かもしれません。

先日のTV番組で、人間は懐かしい景色に出逢うと脳の前頭葉の
血流が活発になり、強く活性化される効果を紹介していました。
レトロスペクティブ(懐古趣味)はこれまでも度々ブームを起こしてきました。
バブルの真っ最中にはそのような気配すらありませんでしたが、
崩壊したとたんにノスタルジックな商品や店が急増したものです。

昔を振り返ることは、新しい進歩への活力を失ったことだとも言えます。
でもノスタルジー自体が、その時代にとっては新しい価値感を
創造するエネルギーだと捉えることもできるかもしれません。
懐かしい景色や音楽やファッションを見たとき、そこから
ヒントを得るのも「アリ」なんだというムーブメントは存在します。

それはパクリとかオリジナリティの喪失と言い切れるのか。
私のような世代には70年代の流行に激しく脳が反応することからしても、
ノスタルジーはネガティブな捉え方だけでは語れないと思います。
懐古趣味=後ろ向き。。。後ろを向いたっていいじゃない。
人はみな記憶を抱えて生きているんだからね。


2014092701.jpg
2014/9/23 9:47 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
44mm相当 プログラムオート(f/2.8 1/125秒 -1.0EV) WB:5800K ISO:200 Vintage 旧マッケンジー住宅


2014092702.jpg
2014/9/23 10:07 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 プログラムオート(f/2.8 1/60秒 +0.7EV) WB:5000K ISO:250 Vintage 旧マッケンジー住宅


2014092703.jpg
2014/9/23 13:37 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
28mm相当 プログラムオート(f/2.8 1/5000秒 -0.7EV) WB:5700K ISO:200 Vintage 清水港マリンパーク


2014092704.jpg
2014/9/23 12:32 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 プログラムオート(f/7.1 1/500秒 -1.3EV) WB:6300K ISO:200 Vintage 久能山ロープウェイ


2014092705.jpg
2014/9/23 14:55 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
200mm相当 プログラムオート(f/5.6 1/2500秒 +0.0EV) WB:5000K ISO:200 Vintage 玉露の里


過去を振り返ることは、失敗を悔い改めて備えること。
でも人間は過去の失敗に学ぶばかりとは限らず、
「失敗は他人の失敗、私は失敗することなどない」と自負します。
そして過去の人と同じ失敗を繰り返します。

人間は記憶や知性を持っていながら、なぜ失敗を繰り返すのか。
謙虚に過去に学ぶことは自尊心が許さないのでしょうか。
人間は常に進歩し続けているわけではありません。
だからこそ過去に学び自分を振り返ることこそ進歩に繋がるものです。
人間は全知全能ではなく、「必ず」過ちを犯すものです。

過去の良かった記憶も忘れ去りたい記憶も、
他人の成功も自分の失敗も、学んで考えて新しい行動を見つける。
そうすれば、ノスタルジーだっていいものだと思いますよ。
大切なのは過去の人々の過ちを「他人事」だと思わないこと。
公害もロッキード事件も太平洋戦争も今の私たちに繋がっている。

学校では「近代史(明治維新から現代まで)」の学習を意図的に避けています。
(入試にほとんど出ないからとかいって)
だから現代の日本人の多くは過去の日本人の過ちを知りません。
自尊心を捨てて謙虚に過去に学ぶことこそ人類の「英知」でしょう。


関連記事
スポンサーサイト

[edit]

はんべさん

今回も記事を何回か拝読させて頂きました
「人はみな記憶を抱えて生きているんだからね」
憶えていたいことより・・・
忘れたいことの方が多いように思えます
はんべさんのお言葉で救われる思いがします

香月 りら #sSHoJftA | URL | 2014/09/27 21:19 * edit *

Re: はんべさん

> 憶えていたいことより・・・
> 忘れたいことの方が多いように思えます

忘れたいことって、何度も思い出してしまいます。
そうして何度も反芻しては、一層記憶に焼きついてしまいます。
一方で忘れたくないことは忘れてしまいがちです。

だから憶えていたいことより、忘れたいことのほうが
分量的には多くなるので、忘れたいことのほうが多く感じます。
「そんなものさ」と分かってしまえば、少しは気が楽になるでしょうか。

忘れたいことを思い出した時には、瞬時に上書きする
言葉とか映像などを心に用意しておくと傷みが軽くなります。
何でもいいです、歌でも詩の一節でも呪文でも。

はんべ #- | URL | 2014/09/27 22:42 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/924-116e5fdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)