かっぱのあしあと

あーゆー桶 

「大丈夫?」
何かとよく使われる言葉です。
とりわけ言う側の立場からすると心配や親切を伴った
「優しさ」の言葉だとされていると思います。
一方で言われる側にとっても、心遣いをかけられて気持ちが
楽になることもあるだろうし、感謝の念を覚えるでしょう。

でもそれはやはり言う側の立場からの捉え方であって、
言われる側からすると、必ずしも心が休まるものではありません。
「大丈夫か?」と聞かれたらどう答えますか。
「はい、大丈夫です」あるいは
「いえ大丈夫じゃありません」でしょうか。

「大丈夫です」と答えれば、『あぁ、何でもないんだ』と捉えられます。
「大丈夫じゃありません」と答えると『じゃ、医者へ行け』と言われます。
でも「大丈夫か?」と聞かれるシチュエーションでは、
かならずしも何でもないわけじゃなく、医者が治せるとも限りません。

どちらかというと精神的な落ち込みだったり、体力的な減退だったり、
またその原因が現状の環境や日常の中にあることが多いものです。
だから「大丈夫か?」と聞くのは多くのケースで不親切です。
聞かれた方は「大丈夫」か「大丈夫じゃない」の二者択一しかありません。
しかもどちらを答えても現状の改善には至らず、放置されがちです。

「大丈夫か?」とつい口をつきそうになったら、一瞬思いとどまって
「具合はどうだ」とか「何か問題でも」といったように
相手に二者択一以外の回答の機会を与えるのが得策です。
そうしなければ問題は解決しないし、場合によっては
さらに状態が悪化し、最悪の事態にも陥りかねません。

そして聞かれる方も「大丈夫です」と言うことも控え、話すことが必要です。
そうしなけらば、「何も言わないから分からなかった」と
責任を転嫁される可能性が高まります。
ただ、「大丈夫か?」と聞くこと自体には大抵悪意はありません。
だから「大丈夫か?」「はい、大丈夫です」の会話をもって
相手が分かってくれない的な壁を作ることも良い手立てではないでしょう。

私が退院後、仕事に復帰すると多くの人達が「大丈夫?」と聞きます。
実際にはまだ傷みや体力不足があるし、溜まっていた仕事を
片付けるのに無理をしていたのでとても「大丈夫」ではありません。
でも心配してもらっていて「大丈夫じゃない!」と言うのも気が引けます。
人に声をかける時には、聞かれる人の立場も考えることが必要です。

2014091501.jpg
2014/9/14 14:32 Nikon D600 AF-S 70-200mm F4 VR
200mm 絞り優先AE(f/4 1/400秒 +0.7EV) WB:4500 ISO:200


2014091502.jpg
2014/9/14 13:31 Nikon D600 AF-S 70-200mm F4 VR
135mm 絞り優先AE(f/4 1/320秒 -0.3EV) WB:4500 ISO:400


2014091503.jpg
2014/9/14 12:36 Nikon D600 AF-S 70-200mm F4 VR
165mm 絞り優先AE(f/4 1/320秒 +0.0EV) WB:4500 ISO:200


2014091504.jpg
2014/9/14 13:17 Nikon D600 AF-S 70-200mm F4 VR
200mm 絞り優先AE(f/4 1/2000秒 -0.7EV) WB:4500 ISO:400


2014091505.jpg
2014/9/14 14:27 Nikon D600 AF-S 70-200mm F4 VR
200mm 絞り優先AE(f/4 1/160秒 +0.7EV) WB:4500 ISO:200

今回は前ボケばかりを揃えました。
前ボケは手軽に印象を変えられるテクニックで、私も多用します。
絵画ではあまり見ないし、ボケ味を出すレンズならではです。
時には画面全体を覆いフィルターのようにも使えるし、
前ボケで被写体の傷みや邪魔なものも隠せます。

前ボケ用のものは花でも葉っぱでも何でも使えます。
暈かしてしまうので正体が分からないため、自分の指を使うことも。
だから前ボケ用は傷んだ花や散りかけの花でも実用になります。
ただし大切なのはメインの被写体にしっかりとピントを合わせること。
画面の中で前ボケを微妙に動かしていると、ついピントがずれがちです。


夏の間はどんなに暑くても我慢できたけど、やはりその無理は返ってきます。
いつもそうだけど、涼しくなってから疲労が飛び出してきます。
もし「大丈夫か?」と聞かれたら、
「良くも悪くもない」と答えることにしています。
「大丈夫です」などと言えば自分だけが馬鹿を見るだけですから。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

はんべさん

はんべさんの花写真においては・・・・
どれほどの言葉をもってしても・・・
言い尽きせぬ程です
自分の語彙の拙に情けなくなる程です
一枚目の極めて被写界深度の浅いお写真
平易な言葉で恐縮ですが・・・
幻想的です
花の精は確かに存在するのだと信じられます
最後のお写真
一際 魅了されます
尾花が光を浴びて輝く様子
野にあるこの植物の美を背景の色彩を考慮され・・・・
魅惑的に撮影されています

今回の記事も拝読させて頂きました
それでもはんべさんに言われたい一言・・・
「 りらさん 身体 心 大丈夫ですか 」

香月 りら #sSHoJftA | URL | 2014/09/15 18:54 * edit *

Re: はんべさん

> 花の精は確かに存在するのだと信じられます
そうですね、マクロで近づくと何かが呼んでいる気がします。
この季節は花が少ないので、その花をむさぼるように
ムシが花粉や蜜を求めて集まっています。
そろそろ花は終わり、紅葉を迎えて冬がやってきます。
季節のある日本に生まれてよかったですね。

りらさん 身体 心 大丈夫ですか
私はまぁまぁ大丈夫です(^^)

はんべ(hanbe) #- | URL | 2014/09/15 20:03 * edit *

はんべさん今晩は(^O^)

また、ご無沙汰してました。
60歳台になりますと持病がひとつ、ふたつと出まして
私も毎月病院に通います。でも、挨拶はお大事にが多い
ですね。お互いに持病を持ってるので相身互いでお大事に
なるのでしょうね。

ダイアモンド富士は、最前列は取れませんでしたが、
2列目でなんとか撮影出来ました。

D750は、サブ機として購入したいと考えています。
現状が、私のD800と妻のD810の2台だけにして
しまいましたので、長期の撮影旅行に参加する時に
フルサイズのサブ機が欲しかったので丁度私に取っては
よいタイミングでした。

D600とVR70-200/F4での彼岸花等の写真凄いですね。
24日に彼岸花の撮影に行きますのでもの凄く参考に
なりました。

では、はんべさんもお大事に、ご無理をしてお疲れが
出ません様に(^O^)

totoro #mQop/nM. | URL | 2014/09/17 04:10 * edit *

Re: タイトルなし

> ダイアモンド富士は、最前列は取れませんでしたが、
久しくダイヤモンドを撮っていませんが、ある意味でお祭りなので楽しみもありますね。
タイムラプスなど新しい撮り方にも挑戦してみたいです。

> D750は、サブ機として購入したいと考えています。
サブにD750とは羨ましいですね。
私のD600はD4のサブではないのでD750への代替は悩んでいます。
まだ実力が分からないし、D600では困ることが少ないためです。
でもいずれ手に入れる可能性は低くはないと思っています。

> D600とVR70-200/F4での彼岸花等の写真凄いですね。
私も本格的な彼岸花は今週末辺りを狙っています。
この写真は園芸用のリコリスで、様々な色が楽しめました。
稲穂の色付きが遅いのでタイミングが合ってくれるかどうか。

はんべ(hanbe) #- | URL | 2014/09/17 21:36 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/918-83cac572
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)