かっぱのあしあと

想いに報いる 

急に涼しくなってきましたね。
今年は梅雨明けが遅く、このまま秋の到来が早ければ
ここ数年来猛暑続きだったのに反して短い夏になりそうです。
さらに梅雨の最中から台風の襲来や豪雨もあって
いつもの夏らしさはあまり感じられませんでした。

実際にエアコンや夏物衣料、ビールなどの売り上げも大幅に減り、
4月来の消費の冷え込みはこの陽気のようでもありました。
「ゲリラ豪雨」という言葉があまり聞かれなかったのは、
それよりもやや広い範囲で集中豪雨が頻繁に降ったせいでしょうか。
新しい気象予報システムが稼動し始めていて、
非常に狭い単位での天気が予報できるようになりつつあります。

とはいえ、天気予報はピンポイントの観測データと気象予報官による
「永年の勘(?)」で成り立っていると言えます。
人が考える予報なのですから、外れることだってあります。
雨に濡れるだけならまだしも、人命や経済に関わるほど
天気予報が外れていては困る人も少なくはないですよね。

天気予報が外れると、雨に濡れたことを天気予報のせいにしがちです。
するとTVでお天気キャスターが申し訳なさそうにしています。
でも天気は気まぐれなのですから、外れることも当たり前と言えます。
気象業務法第二条第六項では、「この法律において「予報」とは、
観測の成果に基く現象の予想の発表をいう」と明示されています。

つまり天気「予報」は、あくまで「予想の発表」なんですね。


2014083001.jpg
2014/6/2 13:24 Nikon D600 + AF-S 70-200mm F4 VR
160mm 絞り優先AE(f/4 1/400秒 +1.3EV) WB:4500 ISO:400

いよいよ「蔵出し」です(^^ゞ
「時期ハズレ」&「残り物」ばかりですがご勘弁を。


2014083002.jpg
2014/6/2 10:01 Nikon D600 + AF-S 70-200mm F4 VR
200mm 絞り優先AE(f/4 1/640秒 -0.7EV) WB:4500 ISO:200


2014083003.jpg
2014/6/2 10:16 Nikon D600 + AF-S 70-200mm F4 VR
100mm 絞り優先AE(f/4 1/1250秒 -0.7EV) WB:5300 ISO:200


2014083004.jpg
2014/6/2 11:22 Nikon D600 + AF-S 70-200mm F4 VR
98mm 絞り優先AE(f/4 1/400秒 -1.3EV) WB:4500 ISO:200


2014083005.jpg
2014/6/2 9:50 Nikon D600 + AF-S 70-200mm F4 VR
200mm 絞り優先AE(f/4 1/400秒 -0.3EV) WB:4500 ISO:200


だったら、「天気予報」ではなく「天気予想」でもいいのではないかと。
あくまで「予想」するところまでで、残りのマージンの部分は
受け手側の判断に委ねるのもアリかと思います。
それならお天気キャスターがいつも「いじられ役」になることもないし、
人々がより空を見たり雲を観察する機会も増えるのではと。

「株価予想」とは言うけど「株価予報」とは言わないし、
競馬の「予想屋」とは言うけど「予報屋」とは言わない。
「予想屋」なんかはその場で金をもらって予想するのに、
外れても責任問題にはならないし、ちょいとエラそうな
エコノミスト(個人的に好きになれない人種なのですが)も株価予想が外れて
個人投資家などが大損をこいても責任を取るわけではないし。

なのに天気予報は外れると謝らされるのはどうも解せないんですよね。
「天気」は時に人命にも関わる、だから予報を省庁が行い法が規定する。
民間の気象予報サービスも法律の範囲内でしか予報ができない。
たとえ技術的に可能でも、法律の枠を超えて発表できない。
法を超えた予報が外れて災害が起きた時、果たして予報サービスは
損害や人命の責任を負う必要があるでしょうか。

「警戒警報」が出なかったから避難しなかったために被災した。
それは気象庁や行政の責任なのでしょうか。
でも観測史上最高とか数十年間で最も危険だとか、
気象は私たち人間の予想を超えて荒れ始めているのも確かです。

空を見よう、雲を眺めよう、風を感じよう、森や川をよく見よう。
それでも人は天気に「裏切られた」と思うでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

こんにちわ。

大雨が降ったかと思えば、グングン蒸し蒸しで、今年の夏は蝉も困ったのではないかと思います(笑)。もう秋の気配がしていますね。

私のようなお外の仕事は天気に大きく左右されます。気象予報士という資格のお蔭で、昔と違い天気予報も微妙に各局違うようですね。

どんなに解析や分析が進んでも自然には勝てないのは当たり前だと思いますが、それがさもわかったように発言するのが人間のおごりなのではないかと思います。

kame-naoki #- | URL | 2014/08/31 08:40 * edit *

Re: タイトルなし

> どんなに解析や分析が進んでも自然には勝てないのは当たり前だと思いますが、
> それがさもわかったように発言するのが人間のおごりなのではないかと思います。
天気予報は決して「雨が降ります」とか「暑くなります」とは言い切らないものです。
「雨が降りそうです」「暑くなりそうです」てね。
でもそれを見る視聴者は「必ず雨が降る」「必ず暑くなる」と受け取りがちです。
そして外れると天気予報が外れたと予報官の責任にしてしまいます。
だけど天気なんてわかりっこないんだから、私たちが天気予報とうまく付き合わなくちゃね。

はんべ(hanbe) #- | URL | 2014/08/31 19:04 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/910-fc9aa8ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)