かっぱのあしあと

STYLUS1試写その2 

さて月曜日は天気も回復したので明るい時間に撮影です。
まずは、新しいレンズやカメラを試す機会に訪れることの
多い海沿いの洋館「旧マッケンジー住宅」です。
今回はカメラの基礎体力を見るため、アートフィルターを使わず
そのほかの設定も標準に近いものにした画像です。

2014072301.jpg
2014/7/21 10:55 OLYMPUS STYLUS1
38mm相当 絞り優先AE(f/3.5 1/2000秒 -1.0EV) WB:5700 ISO:100 Natural

オートホワイトバランスでほぼ撮って出しがこんな感じ。
若干マゼンダ寄りですが、十分補正可能な範囲で好印象です。
見た目よりもややコントラストが高く明るめに写るのでマイナス補正しています。
壁の質感や屋根瓦の描写、木々の細かい解像などはほとんど問題なし。


2014072302.jpg
2014/7/21 10:26 OLYMPUS STYLUS1
28mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 -0.7EV) WB:5600 ISO:100 Natural

広い食堂を広角端で撮影しました。
このくらい広さがあれば28mm相当でも対応できますが、
普通の部屋ではもうちょっと画角が広ければと感じることもあります。
手前の暗い部分から窓の外の明るいところまで、諧調の広さは十分です。


2014072303.jpg
2014/7/21 10:15 OLYMPUS STYLUS1
28mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/50秒 -1.3EV) WB:4700 ISO:200 Natural

このような薄暗い場所でも手振れ補正が効いて安心です。
壁の微妙な濃淡や椅子の質感も佳く描写されていて感心します。
広角端でも歪みは最小限で、気になるほどではありません。


2014072304.jpg
2014/7/21 10:45 OLYMPUS STYLUS1
42mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/160秒 -1.3EV) WB:5200 ISO:160 Natural

スーパーマクロモードにすると、焦点距離が42mm相当に固定され
最短でレンズ前5cmまで寄ることができます。
マクロレンズには及ばないものの、最大撮影倍率は0.5倍(35mm判相当)となり
いわゆる「ハーフマクロ」程度の近接撮影が可能になります。
74年を経た窓枠や留め金の質感が佳く表現されていると思います。


2014072305.jpg
2014/7/21 10:36 OLYMPUS STYLUS1
28mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/30秒 +1.0EV) WB:5000 ISO:250 Natural

上下にチルトするモニターを使えば、このような床スレスレからの
ローアングル撮影も大変簡単に行えます。
最近のレンズはコーティングが優れているので、逆光特性でも
問題がなく光を自由に捉えた撮り方が楽しめます。


先述しましたが、こういった建物の内部での撮影ではもう少し広角が欲しくなります。
とはいえ、カットモデルや断面図で見る限りこのレンズが本体内部で占める
ボリュームはかなりのもので、おいそれと広角端を24mmにしろなんて言えませんね。

今回のようなじっくりと構えての撮影では、前回同様ミラーレスに近い感覚です。
見やすいEVFや操作性の優れたダイヤル&ボタンが、
思い通りの画像を得るために十分よい仕事をしてくれます。

グリップはE-M5よりは深めで持ちにくさは感じません。
首から提げることもないので、オリンパスの
純正本革ハンドストラップを取り付けてぶら下げています。
一般のコンデジに比べゴツゴツと出っ張りが多いので
ちょっとぶつけただけで肝を冷やしてしまいます。


次回は歩きながらのスナップ撮影の適応性を試しました。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

はんぺさん

ブログ開かせて頂き 一瞬びっくりしました
横浜 山手まで行かれたのかと思いました
一枚目のお写真
山手のイギリス館によく似ています

調べてました
以下 静岡市広報より
旧マッケンジー住宅
旧マッケンジー邸の通称で親しまれている
静岡市駿河区高松の海岸沿いに建つ白い壁が美しい洋館
昭和15年に竣工した故ダンカン・J・マッケンジー
故エミリー・M・マッケンジー夫妻の旧宅
夫は茶貿易商として、夫人は社会福祉家として
静岡市にゆかりのある人物
夫人は静岡市の名誉市民第1号
建物の設計は日本各地に多くの作品を残した
ウィリアム・M・ヴォーリズ
昭和47年の夫人の帰国後は静岡市が所有
市内に残る数少ない戦前の洋館のひとつとして広く一般に公開

ウィリアム・M・ヴォーリズも調べてみました
多くの建造物を残していますね
軽井沢ユニオン教会の設計もしています

私は建物写真が 特に好きです
洋館撮影は 大好きです
横浜 軽井沢は 何回か撮影に行っています
軽井沢撮影時
軽井沢ユニオン教会 撮り損ねています
お写真 拝見して残念に思いました


     

香月 りら #sSHoJftA | URL | 2014/07/23 20:48 * edit *

Re: はんぺさん

> 山手のイギリス館によく似ています
確かにイギリス館に似ていますね(^^♪
でもこちらは米国人の貿易商のお住まいで、偶然似たのかも。
ダンカン氏は静岡のお茶を米国へ輸出するため奔走し、エミリー夫人は戦後、
恵まれない日本の子供のために福祉事業に取り組み、
まさに静岡市にとってはこの上ない恩人のご夫婦なんですね。

何度も訪れていますが、いつ来ても素敵な雰囲気に癒されます。
日本の古民家と違った独特な明るさや色彩感覚は見事です。
ダンカン氏は私と同じで星空が好きなため、海越しに星空を
眺められる天楼を備えるなど、こんな家に住んでみたいと思わせます。

静岡市は大空襲を受けてほとんどの旧い建物が失われた中で、
このマッケンジー住宅は奇跡的に残りました。
いわば平和の象徴としてもいつまでも残して欲しいです。

はんべ #- | URL | 2014/07/23 21:12 * edit *

こんばんは

STYLUS1購入されましたか。良い絵を出してますねえ。
私も一足早くこのモデルを楽しんでますが、操作性抜群
画質も十分作品作りできるものと、大変満足しています。
不満点はWBで、太陽光セッティングでもシアン系
に仕上がってしまうことですかね。まあ十分RAW現像で
補正できるものですが。コイツを使ってると、昔お世話に
なった、ディマージュA1を思い出します。どこまで自分の
思いを表現できるか、使い込みたくなるカメラだと感じて
います。引き続きのレヴューを楽しみにしています。
それにしても味のある描写ですね。

GONさん #HKJnITgI | URL | 2014/07/23 23:42 * edit *

Re: こんばんは

> コイツを使ってると、昔お世話になった、ディマージュA1を思い出します。
ディマージュは私もA200を所持しています。
今使ってみると、EVFや小さなモニターが時代を感じます。
スナップ向きにE-M5+25mmも用意していますが、
STYLUS1の方が時間当たりのショット数は稼げますね。
手術後はしばらく遠出もできないので、これを持ってお散歩です(^^)

はんべ #- | URL | 2014/07/24 08:34 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/890-595034de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)