かっぱのあしあと

水入り御免 

この日は雨上がりの朝を期待して目覚めたものの、
カーテンの向こうはピーカンの空。
ちょっとガッカリしながらもとりあえず現地へ移動。
着いてみると、やはり雨のあがった時間が早かったせいか
期待したほどの水景色とは程遠いものでした。

それでも手ぶらで帰るのも悔しいのでゆっくり歩いていると、
突然天気予報にないにわか雨が10分ほどの間強く降りました。
散歩中の人は「とんじゃかない(気にしてないの意)」けど、
さすがにアマカメさんたちは急いで駐車場へ戻ります。
でも私はすぐに止むだろうと木の下で待ちました。

その間にも体やカメラはどんどん濡れていきます。
でも何だか不安を感じないのも「防塵防滴」のおかげかな。
レンズ交換式デジカメでは、中級以上(ペンタックスはエントリーから)の
機種で多く採用されていて、今ではほとんど当たり前になっています。

ところで身の回りの様々な機器で、防水とか防滴ってどの程度進んでいるのでしょう。
腕時計は比較的早くから防水になりましたし、やはり身に付けることの多い
携帯電話も次第に防水化され、水に落としても心配要りません。
デジカメも持ち歩く機器なので防水になるとよさそうですが、
ニコンのAW1のようにごく一部の機種に限られます。
その代わり、「防滴」という仕様で対応しています。

でもこの防滴って、防水で言うJIS規格のような明快な基準はなく
「多少濡れても大丈夫」程度の単なる「目安」でしかありません。
しかもニコンのように、ボディでは防滴を謳っていても、レンズでは
全く公式の表示のないケースもあって、使う側としては不安が伴うでしょう。
幸いオリンパスはE-M1も、12-40mmも50-200mmも防滴を公式に謳っています。

2014071501.jpg
2014/7/13 8:31 OLYMPUS E-M1 + ZUIKO 50-200mm F2.8-3.5 SWD
364mm相当 絞り優先AE(f/3.5 1/800秒 -1.0EV) WB:5300K ISO:200 Natural


2014071502.jpg
2014/7/14 7:45 OLYMPUS E-M1 + ZUIKO 50-200mm F2.8-3.5 SWD
400mm相当 絞り優先AE(f/3.5 1/800秒 -1.0EV) WB:5800K ISO:200 ToyPhotoII


2014071503.jpg
2014/7/14 9:04 OLYMPUS E-M1 + ZUIKO 50-200mm F2.8-3.5 SWD
260mm相当 絞り優先AE(f/3.3 1/800秒 -1.3EV) WB:5800K ISO:200 Giorama


2014071504.jpg
2014/7/14 8:37 OLYMPUS E-M1 + ZUIKO 50-200mm F2.8-3.5 SWD
400mm相当 絞り優先AE(f/3.5 1/400秒 -0.7EV) WB:5800K ISO:200 Natural


2014071505.jpg
2014/7/14 8:40 OLYMPUS E-M1 + ZUIKO 50-200mm F2.8-3.5 SWD
400mm相当 絞り優先AE(f/3.5 1/400秒 -0.7EV) WB:5000K ISO:200 ToyPhoto

しばらく待つと、数分ほどで小降りになり、やがて止みました。
すぐにカメラを取り出してそそくさと濡れた花などを探し、
乾くまでに撮らなくちゃと急いで歩き回りました。
すると再び強めの雨が降り出し、またアマカメさんたちが小走りに退散。
ここでも私は木陰で待ち、止んでから再開しました。

2014071506.jpg

それでもこの状態ですから、防塵防滴の威力はさすがです。
動画投稿サイトでは、思い切り水をかけてみたりする「実験」もありましたが、
さすがにそこまでできないものの、レンズの前玉さえ濡れなければ
撮影そのものにはなんら支障は感じませんでした。

比較的サイズに余裕のあるデジイチやミラーレスなら
こういった仕様は可能なのでしょうが、今だにコンパクトでは少数派です。
あっても、いかにもなデザインのものばかりだし画質重視機にはありません。
レンズ一体なのだから、もう少し防滴仕様を取り入れてほしい気がします。
厚さ1センチに満たないスマホだって防水なんだしね。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

はんべさん

私も先日 申し上げたように 雨の中蓮池に行きました
以前 蓮の花は数回撮影してはいますが 晴天の時ばかりでした
雨の中の蓮の花びらの形状は 晴天の日とは違いが大きいものがあり
晴天の時より より魅惑的でした
折り重なるようになっている花びらに魅了されました
もっと早く 雨の日に撮影に行かなかったかと後悔したくらいです

お写真 その魅惑的な花びらの形状を美麗に描写されています

最後のお写真
愛機が拝見出来て嬉しかったです

防塵防滴のカメラ希望ですが 持ってみましたがやはり重いです
軽いカメラで防塵防滴仕様が販売されて欲しいです

香月 りら #sSHoJftA | URL | 2014/07/15 20:43 * edit *

こんにちは。
2年前木更津の海岸で、豪雨の中、蓋をかぶせただけのカメラバッグが洪水状態になり、基板4枚交換で8万近くの修理費に泣いた私としてはこの水滴だらけのカメラは驚異です。

はせがわ #TSB56Rmw | URL | 2014/07/15 21:10 * edit *

Re: はんべさん

りらさん こんばんわ(^^)

> もっと早く 雨の日に撮影に行かなかったかと後悔したくらいです
そうなんですよね、どうしても晴れた日ばかりを望みがちですが、
一度でも雨の日に撮影に出かけてみるとその魅力に驚きます。
それだけに、防塵防滴カメラが欲しくなっちゃいます。

> 軽いカメラで防塵防滴仕様が販売されて欲しいです
ボディもさることながら、レンズも含めると選択肢が少ないですね。
今のところ防塵防滴で最も軽量コンパクトなのはニコンのAW1です。
こちらは15mまで潜れる本格的な「防水」デジイチです。

それ以外では、オリンパスのE-M5レンズキットが最も軽いかな。
ボディ(電池込み)+12-50mmレンズで640gほど。
若干レンズが暗いけど、マクロモードもあり機能性に優れます。
E-M5も値がこなれてきたのでよさげですよ。

はんべ #- | URL | 2014/07/15 21:56 * edit *

はせがわさん こんにちは

> 基板4枚交換で8万近くの修理費に泣いた私としてはこの水滴だらけのカメラは驚異です。
それは大変でしたね。
私も防塵防滴でないカメラを数秒間水に落としダメにしたことがあります。

オリンパスは、ペンタックスと並んで防塵防滴に早くから取り組んでいたので
こうして多少(でもないけど^^;)濡れたところで心配しません。
E-3開発に関わった方に伺ったこともありますが、
オリンパスの防滴性能には相当な自信がある様子でした。

はんべ #- | URL | 2014/07/15 22:02 * edit *

雨あれこれ

こんにちは。
雨上がりの刻々と変化する光景は、運頼みの部分が大きいのですが、出かけたくなりますよねぇ。今年は梅雨らしい日が続き、雨は草を元気にします。家の裏の草も刈るにはそろそろ限界になりそうです。人間の勝手ですが、嬉しくもあり、恨めしくもある雨ではあります。
カメラが防滴仕様になっていると言われても、昔からの癖でしょうか私は、タオルで包んで拭き拭きしながら撮影してしまいます。

楽農楽写 #- | URL | 2014/07/16 12:06 * edit *

Re: 雨あれこれ

> カメラが防滴仕様になっていると言われても、昔からの癖でしょうか私は、タオルで包んで拭き拭きしながら撮影してしまいます。
それがいいと思いますよ^^;
過信で数万単位の出費も、最悪カメラがダメになる可能性もあるわけで、
可能な限りは水は避けたほうがいいでしょうね。
大きな雨滴はかなりの圧力でぶつかるし、不純物の混じった
表面張力の弱い水は簡単に浸水するかもしれません。

はんべ #- | URL | 2014/07/16 20:05 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/885-8be44430
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)