かっぱのあしあと

峠の祈り 

東海道にはいくつもの難所がありましたが、静岡市と
藤枝市(旧岡部町)の間にも「宇津ノ谷」と呼ばれる古くからの難所があります。
平安時代から使われたのは峠を越える「蔦の細道」で、
戦国時代に豊臣秀吉が旧東海道を装備するまで存在しました。

その後宇津ノ谷は東西交通の要所として鞠子宿~岡部宿間で
商店や休み処などが栄え、今日に至るまで当時の息吹を残す街並みが楽しめます。
現在でも再整備された「蔦の細道」から平成に造られたトンネルまで、
長い歴史を刻む峠の名所として貴重な存在です。

2014070701.jpg
2014/7/7 13:20 Canon PowerShot S120
72mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/400秒 -1.0EV) WB:5800K ISO:80

ここでは毎年七夕に軒先に七夕飾りを掲げて街並みを彩ります。
短冊はほとんど見かけませんでしたが、旧い街並みによく映えます。
それぞれの家には昔の屋号を謳った大きな看板が目立ちます。


2014070702.jpg
2014/7/7 12:556 Canon PowerShot S120
120mm相当 絞り優先AE(f/5.7 1/200秒 -1.0EV) WB:6300K ISO:100


2014070703.jpg
2014/7/7 13:22 Canon PowerShot S120
43mm相当 絞り優先AE(f/3.5 1/100秒 -1.0EV) WB:5500K ISO:160

ところどころには懐かしい雰囲気が感じられて、昭和生まれには癒されます。
何気なく軒先に置いてある分銅秤にもいちいちびっくりしちゃいます(^^♪


2014070704.jpg
2014/7/7 13:24 Canon PowerShot S120
31mm相当 絞り優先AE(f/2.5 1/100秒 -1.0EV) WB:5500K ISO:80


2014070705.jpg
2014/7/7 13:13 Canon PowerShot S120
24mm相当 絞り優先AE(f/1.8 1/60秒 -0.7EV) WB:6800K ISO:640

街並みを抜けてしばらく峠道を歩くと、これまたレトロ感満載のトンネルがあります。
交通の増加に伴い、山道を越えることなく通れるように明治時代に造られました。
しかし最初に作られたものは木造だったため焼失し、レンガで再建したものです。
日本で最初の有料トンネルなんですよ(当時6厘、現在なら60円くらい)。

外はとても蒸し暑いのに、このトンネルの中は天然の冷房状態です。
レンガはとても緻密に積まれているので現在でも雨漏りしません。
壁と天井のレンガの大きさを変えるなど、当時の技術の高さを感じます。

その後自動車の通行に対応した「大正トンネル」
さらに低い場所を通るようにした「昭和トンネル」
二車線化に対応して新設された「平成トンネル」と建設され、
同じ場所に各時代のトンネルが通行可能な状態で存在する貴重なポイントです。

旧いものを残すのは楽なことではありません。
まして街道沿いの街並みとなると再建するなんて不可能ですから
日本の文化に欠かせない東海道の息吹はいつまでも残って欲しいですね。
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

はんべさん

坂道にある七夕飾りが風に揺らめいています
今日撮影に赴かれたのですね
傘をさしている人がいます
はんべさんも傘をさし 歩きながらの撮影だったのでしょうね

分銅秤 初めて見ました
昔の秤と考えてよろしいのですよね
錆びが美麗です

最後のお写真
日本で最初の有料トンネルですか・・・
煉瓦の風合いが素晴らしいです
私は煉瓦が好きです
壊すことは簡単でも保存は容易いことではありません
でもそれは私たち全ての責任なのだと思っています

香月 りら #sSHoJftA | URL | 2014/07/07 20:36 * edit *

Re: はんべさん

> 今日撮影に赴かれたのですね
この峠は、「平成トンネル」を毎日通勤で通っています。
「明治トンネル」はじめ、この周辺は以前から好きでよく訪ねています。
以前七夕飾りの映像を見て、この日に行ってみたいと思いました。

> 分銅秤 初めて見ました
私が小さい頃は、近所にスーパーも魚屋もないため
リヤカーを「カブ」で引いた魚屋が出張販売に来ました。
その魚屋がいつも使っていたので懐かしいと思い出した次第です。
なかなか理にかなった素晴らしい道具だと思います。

> 日本で最初の有料トンネルですか・・・
昼間なので向こう側が明るく見えますが、夜だったら怖くて入ることもできません。
でも真夏にはホントに涼しくて、毎日トンネル内をウォーキングする人もいます。
今同じものを作れと言われても誰にもできないでしょうね。

はんべ #- | URL | 2014/07/07 22:45 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/881-44d1e2e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)