かっぱのあしあと

浜名湖花博・拾 

今日のネット上に、日を同じくして別々のメディアに
オリンパスの笹宏行社長のインタビューが掲載されました。
一方は東洋経済ONLINEで他方はブルームバーグです。
内容的にはどちらも似たようなもので、5期連続でのデジタルイメージング
事業の赤字への対応と今後の見通しについてです。

既にニコンやキヤノンの首脳のインタビューがネット上でも見られましたが、
コンパクトデジカメがスマホに食われているため、上級モデルに絞った
機種展開や開発に注力していくことは共通しています。
また利益率の高いレンズ交換式カメラが今後とも主力になることも。

ミラーレス一眼については、アジア圏で好評なものの欧米で出遅れているが、
E-M1の評判などは良く今後は欧米でもミラーレスが売れるのではとの見通し。
それでもデジカメ事業は縮小の可能性が高く、BtoB(対事業者向け事業)にも
力を入れる必要性(というか危機感)を感じているようです。

2014052901.jpg
2014/5/6 13:21 Nikon D600 + AF-S 70-200mm F4 VR
200mm 絞り優先AE(f/4 1/100秒 -0.3EV)) WB:4500 ISO:200


2014052902.jpg
2014/5/12 13:23 Nikon D600 + AF-S 70-200mm F4 VR
200mm 絞り優先AE(f/4 1/640秒 +0.0EV)) WB:4500 ISO:400


2014052903.jpg
2014/5/6 14:54 Nikon D600 + AF-S 70-200mm F4 VR
200mm 絞り優先AE(f/4 1/2000秒 +0.0EV)) WB:3700 ISO:200


2014052904.jpg
2014/5/12 13:44 Nikon D600 + AF-S 70-200mm F4 VR
200mm 絞り優先AE(f/4 1/000秒 +0.3EV)) WB:3500 ISO:400


2014052905.jpg
2014/5/12 12:16 Nikon D600 + AF-S 70-200mm F4 VR
200mm 絞り優先AE(f/4 1/60秒 -1.0EV)) WB:4500 ISO:200


もはやお目汚しの残り物しかありません(^^ゞ
今度の休日こそ休みを取って出かけないとヤバいです。


私がオリンパスのカメラを使うようになったのは、
2010年春に発売された「Pen-Lite E-PL1」からでした。
当時使っていたニコンのD700やD90では徒歩やチャリで持ち運びにくいし
コンデジでは画質が物足りないと思っていた矢先でした。

ミラーレス一眼なんて「コンデジに毛が生えた」程度だろうと思っていたところ、
実際に使ってみたらD90と遜色ない解像感や鮮やかな発色に驚きました。
当時はまだAFがイマイチだったものの、すっかりD90は出番がなくなります。
その後ペンライトシリーズは3代に渡り愛用し、その後OM-Dに移行します。

今ではフルサイズのニコンとマイクロフォーサーズのオリンパスを使い分けています。
センサーサイズは半分しかないけど、画質面ではほとんど気にしていません。
それぞれの長所短所をわきまえた上で使いこなせば実用上の問題はないと思います。
センサーが小さいからとソニーや富士フィルムより低く見られがちですが、
その声の主のほとんどはMFTを使ったことが無いものと見られます。


個人的なオリンパスの印象は、「無骨なまでに実直で真面目」なことです。
似たようなペンタックスはそれでもやや遊び心が見られますが、
オリンパスはいい画質のためなら、小さなセンサーサイズにかかわらず
大きなボディやレンズもいとわないし、無理なコンパクト化もしません。

ミラーレス市場ではリードするものの、レンズ交換式カメラ全体では
9割を占めるニコン&キヤノンの陰でややマイナーなイメージでしょうか。
とはいえ根強い支持層がいることも確かだし、以前静岡駅前で行われた
無料クリーニングキャラバンに集まったユーザーの熱気もかなりのものでした。

私もオリンパスユーザーとしてその魅力の一端でもお伝えできれば幸いです。
といいながら随分防湿庫から出していないなぁ^^;

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/860-923474cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)