かっぱのあしあと

浜名湖花博・Q 

「フォトストック」というサービスを聞いたことがありますか。
複数の写真家から集めた写真を、必要とする企業や個人へ販売するものです。
昔は出版会社に専属カメラマンがいて、記事に即した写真を「取材」しました。
しかし今日ではフォトストックサービスを利用する業界が急増しています。

出版に限らず、Web制作やTV局などあらゆる映像を扱う業態に利用されます。
また個人が欲しい画像を探す際にも使われることがあり広がりを見せています。
最近ではデジタルカメラの普及に伴い、いわゆる「素人」が多く参入し、
一部ではプロカメラマンの仕事を奪いかねない事態にも陥っているそうです。

アマチュア写真家の数はプロのそれを大きく凌駕し、スキルも向上しています。
フォトレタッチ環境やインターネットでの情報収集でも充実を極めていて
最近までスマホでしか写真を撮ったことがなかった人が、
数ヶ月で数万円単位の収入を手にするまでになった例も見ました。

では自分もそういったサービスに登録して投稿すれば
ちょっとした小遣い稼ぎにもなるかもしれない?と思いがちなのですが。


2014052701.jpg
2014/5/12 14:06 Nikon D600 + AF-S 70-200mm F4 VR
145mm 絞り優先AE(f/4 1/1000秒 -1.0EV) WB:4500 ISO:400


2014052702.jpg
2014/5/12 11:39 Nikon D600 + AF-S 70-200mm F4 VR
70mm 絞り優先AE(f/4 1/160秒 -0.7EV) WB:4500 ISO:200


2014052703.jpg
2014/5/2 14:01 Nikon D600 + AF-S 70-200mm F4 VR
200mm 絞り優先AE(f/4 1/250秒 -0.7EV) WB:4500 ISO:100


2014052704.jpg
2014/5/6 12:49 Nikon D600 + AF-S 60mm F2.8 Micro
60mm 絞り優先AE(f/4.2 1/320秒 +0.3EV) WB:4500 ISO:200


2014052705.jpg
2014/5/12 12:20 Nikon D600 + AF-S 70-200mm F4 VR
120mm 絞り優先AE(f/4 1/640秒 -0.7EV) WB:4500 ISO:200

ちょっと顔に見え...ないかなぁ orz


あくまでフォトストックで買われる写真は「素材」です。
その素材を切り抜いたり文字を乗せるなどして利用されるわけです。
ですから写真と言っても、作品ではなく素材に仕上げなければなりません。
フォトストックで買ってもらいやすい「撮り方」と言うのがあるらしく、
それに心がけて撮影すれば私のような「弩素人」でもそこそこ売れるようです。

全体に明るく、シンプルながらアピールがある、適度な空間を持つ、
著作権や肖像権に配慮し、見る人にポジティブな印象を与えるなどなど。
一旦売れ出すと癖になって止められないとも言われますが、
これも写真の「楽しみ方」の一つと考えていいのかもしれませんね。

私はそのようなサービスに投稿したことはありませんが、
GANREFやブログなどに公開した写真を何度かお貸ししたことはあります。
商売目的で公開しているわけではありませんので、基本的に承諾しています。
自分の写真がTVに出ると嬉しい反面、まるで我が子がアイドルになって
TVに出ているみたいにちょっとだけ自分の手から離れた気がしてしまいます(変なの)。

もっとも、素材目的な写真の撮り方は私の好みではないので、
たとえ多少の収入になったとしても利用することはないと思います。
まぁ、せっかく出かけたついでに撮っておいてってのもありかな...
でも期待して登録したのに全然売れなかったら凹むよなぁ........^^;

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/859-d531e1fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)