かっぱのあしあと

すもももももももものうちなの 

前回は主に「久遠寺」境内の枝垂桜をご紹介しました。
今回はそこから西側の「西谷参道」に立ち並ぶ宿坊での景色です。
来るたびに訪れる「麓坊」前の古木は枝ぶりも見事で、
やや散り気味だったとはいえ先月とは見違える開花に感激です。

陽が当たった場所ではコントラストが強く光り輝いてしまうので、
日陰になった場所を探したのですがなかなか見つかりませんでした。

2014041001.jpg
2014/4/7 8:17 Nikon D4 + AF-S 70-200mm F2.8 VRII
200mm絞り優先AE(f/2.8 1/200秒 -1.0EV) WB:4500K ISO:200

参道沿いで何本かの桜や杉などの木が枝を折ったり幹が倒れていました。
中には完全に幹から折れて川へ落ちた枝なのに、沢山の花が咲いていました。
恐らくこれが最後なのでしょうが、自然の生命力に感じるものがあります。


2014041002.jpg
2014/4/7 8:28 Nikon D4 + AF-S 24-70mm F2.8
24mm絞り優先AE(f/2.8 1/1000秒 -1.0EV) WB:4500K ISO:100

「麓坊」の前には色鮮やかなハナモモが咲いています。
枝垂桜とのコントラストがとても美しくていつも時間を費やします。
こういった色彩なら青空バックの方が映えるのかもしれませんね。


2014041003.jpg
2014/4/7 8:23 Nikon D4 + AF-S 70-200mm F2.8 VRII
200mm絞り優先AE(f/2.8 1/1000秒 -1.0EV) WB:4500K ISO:100

昨年も同じ構図で同じ対象を撮りました。
やはり桜と濃淡の桃の色合いが重なるのは撮り逃すことができません。
実は足元は崖になっていて、写野に夢中になっていると落ちそうです。
このポイントは電線などの人工物も多く、構図の取り方にセンスが要求されます。


2014041004.jpg
2014/4/7 9:00 Nikon D4 + AF-S 70-200mm F2.8 VRII
130mm絞り優先AE(f/2.8 1/2000秒 -1.0EV) WB:4500K ISO:100

赤いもの、桃色の桃もあれば、紅白が混じる鮮やかな花も競演です。
でも桃を見たり撮る人はほとんどいませんでした。
枝垂桜がそれほど見事なのですから仕方ないのかな。
どれほど見事かと言えば...





2014041005.jpg
2014/4/7 9:34 Nikon D4 + AF-S 70-200mm F2.8 VRII
155mm絞り優先AE(f/4.5 1/500秒 -0.7EV) WB:4500K ISO:100

望遠レンズを向けると、ファインダーの中で宝石が流れるようです。
こうして視界を埋め尽くすのも佳し、枝振りを楽しむのも佳し、
今にも零れ落ちそうな無数の桜を眺めていると散る様を見たくない気もします。

「麓坊」名物の「三福(みつふく)だんご」をかじりながら
桜茶で一息つくのが毎年の楽しみになっています。
ちなみに「三福」は「大福」「幸福」「裕福」の三つらしいです。

次回は本格的に枝垂桜の作品を並べてみたいと思います。
よろしくお付き合い願います。
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

枝垂れ桜~

はんべさん、こんばんわ。

最後の枝垂れ桜写真、やられました。
自分は、今年はどうやら、
枝垂れ桜シーズンを逃した感がありまして...。

それにしても、枝垂れ桜は、やはり絵になりますよね。
その分、他人と差を出すのには、苦労しますが...。
この最後の写真なんて、色合い&構図が独特ですよね。
自分も、他人とは一味違う写真。撮ってみたいものです。

次回の枝垂れ桜作品、楽しみにしております。
また、度胆を抜かれるような写真、
期待しています。

kenek #auNsPbtE | URL | 2014/04/10 22:57 * edit *

Re: 枝垂れ桜~

> それにしても、枝垂れ桜は、やはり絵になりますよね。
次回の記事で触れていますが、染井吉野より枝垂桜の方が面白いです。
染井吉野はどうやって撮ろうかと迷ってしまいがちですが、
枝垂桜はこれでどうだ!こうならどうだ!と
いろんな楽しみ方があってつい時間を忘れてしまいます。

> また、度胆を抜かれるような写真、
あんまりハードルを上げないでね(^^ゞ
でも天候や光線で苦労した割にはいい感じで撮れました。
参考にもならない駄作ばかりですがよろしくご覧ください(^^♪

はんべ #- | URL | 2014/04/10 23:04 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/833-226d33fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)