かっぱのあしあと

悠久な有給 

まぁ、「有給休暇」が「悠久」ならこんな嬉しいこたぁない。
って有り得ない話はさておいて、ここ「久遠寺」の
樹齢400年を超える枝垂桜は「悠久の桜」として
全国枝垂桜10選に数えられる見事な眺めを楽しめるわけです。
とりわけ本堂横の祖師堂前にある枝垂桜は建物とのコラボが素晴らしいです。

2014040801.jpg
2014/4/7 6:50 Nikon D4 + AF-S 24-70mm F2.8
55mm 絞り優先AE(f/8 1/100秒 +0.0EV) WB:4500K ISO:200

日の出前には青く、日の出直後は赤く染まる様子がカメラマンには大人気。
なので、日の出前後はピンポイントな撮影場所は大混雑するらしい。
この日は平日なのとピークを過ぎる辺りだったので結構閑散としていました。
と、まずは定番の絵葉書画像からでした。


2014040802.jpg
2014/4/7 7:08 Nikon D4 + AF-S 70-200mm F2.8 VRII
200mm 絞り優先AE(f/2.8 1/2000秒 -0.3EV) WB:4500K ISO:200

向こうの朱塗りの五重塔が見えなくなるほど視界を埋め尽くす枝垂桜。
この日は生憎の「弩ぴーかん」で光線の捉え方に困りましたが、
こうなりゃ逆に光を求めて撮りまくるしかないと開き直りです。


2014040803.jpg
2014/4/7 7:45 Nikon D4 + AF-S 24-70mm F2.8
70mm 絞り優先AE(f/2.8 1/2500秒 -0.3EV) WB:4500K ISO:200

この境内の枝垂桜には、地面まで触れそうなほど長く枝を伸ばした木もあります。
勿論目の前まで花が降り注いでいるので手に取ることも簡単です。
朝の掃除中の修行僧に聞くと「特に手入れはしません。枝垂れっぱなしです」
まだ花が咲く前に来たときにはここまで「枝垂れ」ていませんでした。
花や葉の重みで枝が垂れ下がってきたのかもしれませんね。


2014040804.jpg
2014/4/7 7:36 Nikon D4 + AF-S 16-35mm F4 VR
16mm 絞り優先AE(f/8 1/160秒 -0.3EV) WB:4500K ISO:200

枝垂桜の花を下から見上げるとまさに「花の滝」のようです。
幸いこの日はまだ花びらがほとんど落ちておらず、葉も僅かしか出ていません。
枝にとっては一番重い状態なのでしょうが、風もなく本当に美しい光景を楽しめました。


2014040805.jpg
2014/4/7 7:57 Nikon D4 + AF-S 70-200mm F2.8 VRII
200mm 絞り優先AE(f/2.8 1/500秒 -0.7EV) WB:4500K ISO:200

境内は大変広く、参拝者や一般の観光客そしてアマカメさんたちが交差します。
「満開」宣言から数日過ぎていたのでやや諦めかけていましたが、
この日も朝は気温3度と数日来の肌寒さもあって何とか持ち堪えてくれました。

朝の時間帯は人出も少ないものの、9時を回る辺りから参道を登ってくる人が増えます。
巨大な総門前から続く商店並びは大勢の観光客で賑わっていました。
先月訪れたときは気が付くと境内に私だけ何てこともあったので、
桜の時期だけとはいえ賑わいは嬉しいものです。

昨日と今日でかなりの画像を撮影しました。
しばらくこんな感じでお付き合い願います。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/832-dcd70217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)