かっぱのあしあと

冬の重圧 

今年の大雪、特に2月14日からのバレンタインデー雪害は
都市部はもとより、山間地で一時孤立状態になったりと
大変な被害をもたらしました。
山梨県でも未曾有の積雪になり、今でも道路わきに除雪された
雪がうずたかく積まれている地域もあるそうです。

昨年の同じ頃にも下見を兼ねて訪れた身延町へ行ってみました。
身延町は孤立状態になった早川町と隣接しているものの、
幹線道路が通っていたりと雪害は比較的軽いだろうと予想していました。
途中の道路も、久遠寺までの道のりでも雪はほとんど見かけません。
これなら枝垂桜が楽しみだと久遠寺にクルマを置きました。

ところが駐車場から見える大きな枝垂桜がこんな状態です。

2014031901.jpg

写真以上に実際に目で見るとその惨状に驚きます。
枝垂桜の大木はかなり背が高くなるので、その枝先に雪の影響がありました。
見るからに痛々しい折れた枝が下にぶら下がり、一部は下の川に落ちていました。
また倒れた幹を切り刻んであちこちに積まれてもいました。

2014031902.jpg

左は昨年の3月24日に撮影した桜の木。
背が高く山腹を背に目立つので好きな木なのですが、
今日見たら右のように枝がかなり折れてしまっていました。

2014031903.jpg

最も驚いたのは、参道脇の木立が倒れ(恐らく)鉄製の手すりを破壊していたのです。
向こうの幹が歩道側に倒れ掛かり、手前の丈夫な手すりがこの通りです。
もし歩いている人がいたら大変なことでしたが、
当日は大雪だったでしょうから歩行者はいなかったかと思われます。

2014031904.jpg
2014/3/18 10:08 Nikon D600 + AF-S 70-200mm F4 VR
70mm 絞り優先AE(f/4 1/250秒 -0.7EV) WB:4500 ISO:100

本堂前の枝垂桜はまだ蕾も開かない状態です。
昨年の3月17日には蕾が膨らみかけていて、枝全体が赤みを帯びていました。
静岡では染井吉野の開花宣言が出ていたので、昨年は特に早かったのでしょう。
この様子では、あと一週間経ってもまだ3~4分咲き程度かと思われます。
来週末ぐらいから見頃になるかもしれません。

2014031905.jpg
2014/3/18 10:15 Nikon D600 + AF-S 70-200mm F4 VR
200mm 絞り優先AE(f/4 1/1250秒 -1.3EV) WB:4500 ISO:100

幸いにして境内の枝垂れ桜はごく一部の枝折れ程度でした。
樹齢400年の老木も何とか無事な様子です。
さすがに今日は写真を撮っている人は誰もいません。
かえってまだ梅がキレイに咲いていてこちらをたくさん撮ってきました。

この枝垂桜が開花する頃には、境内を観光客やカメラマンが埋め尽くします。
来週末29日からは参道の通行制限が始まり、シャトルバスの運行が始まります。
そうなると久遠寺への往復もやや面倒になるので、バスの始発となる
午前9時前に本堂下の駐車場までクルマで入ってしまうのが楽です。

雪害で痛んだ桜や梅の木が心配になる一方で、
今年はどんな景色を見られるのか楽しみでもあります。
次回以降に今回撮影した作品を掲載します。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

痛々しい姿

こんばんは。
桜たちが痛々しいですね。豪雪地帯の広島県北の桜は、ほとんどしだれ桜です。毎年の雪で少しづつ折れているのでしょうか、それほど大きな被害は見られません。滅多に降らない所では、枝が伸びすぎるのかも知れません。
桜に限らず、雪に折れた木はさぞ苦しかったのでしょう、無残に見えます。ただ枝が折れるから本体が助かっているともいえます。植物は少々のことでへこたれません。まっすぐ伸びた枝ばかりではないのがそれを証明してと思うのです。それがまた、写真になったりしますよねぇ。

楽農楽写 #- | URL | 2014/03/20 21:44 * edit *

Re: 痛々しい姿

> 滅多に降らない所では、枝が伸びすぎるのかも知れません。
ここで見られる枝垂桜の古木は、ゆうに樹齢100年を超えています。
高さも20mを超えるものが多くあり、未曾有の大雪の影響は大変なものでした。
枝が減るだけならまだしも、折れた傷口が見えるので心も痛みます。

今年はともかく、来年以降にまた綺麗な枝振りを楽しみにしています。
富士山周辺でも大雪でしたが、染井吉野の影響が気になっています。

はんべ #- | URL | 2014/03/20 22:19 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/821-672d4161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)