かっぱのあしあと

この道 

今日で三年経ちました。
朝から震災関連の報道番組がずっと続いています。
そこに映し出される被災地の光景は、三年前とほとんど変わっていません。
死者1万5884人、行方不明者2633人(警視庁)、3年も経ったのに
今だに26万7千人が避難生活を余儀なくされています。

震災直後には世界から日本に対して賞賛の声がありました。
これほどの大きな災害に直面しながらも騒乱を起こすことなく、
多くの義捐金やボランティアが被災地に送られました。
「がんばろう日本!」のメッセージが響き渡りました。


2014031101.jpg


しかしどうでしょう。
三年も経ったのに、住んだ家を追われたまま帰れない人がこんなにいる。
再び元の生活を取り戻せない人がこんなにいる。
二度と帰ることすらできない人もたくさんいる。
なのに原発再稼動は推し進めようとする。

三年も経ったのに皆が悲しんでいる、困っている。
あの世界からの賞賛はなんだったのか。
今や世界の笑いものじゃないか。

今年の追悼式典での天皇陛下のお言葉です。

************************************************************

本日、東日本大震災から三周年を迎え、ここに一同とともに
震災によって失われた人々とその遺族に対し改めて、深く哀悼の意を表します。

三年前の今日、東日本を襲った巨大地震とそれに伴う津波は
二万人を超す死者、行方不明者を生じました。
今なお、多くの被災者が被災地で、また、避難先で困難な暮らしを続けています。

さらに、この震災により、原子力発電所の事故が発生し、
放射能汚染地域の立ち入りが制限されているため、
多くの人々が住み慣れた地域から離れることを余儀なくされています。
いまだに、自らの家に帰還する見通しが立っていない人々が多いことを思うと、心が痛みます。

この三年間、被災地においては人々が厳しい状況の中、お互いの絆を大切にしつつ、
幾多の困難を乗り越え、復興に向けて懸命に努力を続けてきました。
また、国内外の人々がこうした努力を支援するため、
引き続き、様々な形で尽力していることを心強く思っています。

被災した人々の上には、今も様々な苦労があることと察しています。
この人々の健康が守られ、どうか、希望を失うことなく、これからを過ごしていかれるよう、
永きにわたって国民皆が心をひとつにして寄り添っていくことが大切と思います。
そして、この大震災の記憶を決して忘れることなく子孫に伝え、防災に対する心がけを育み、
安全な国土を築くことを目指して、進んでいくことを期待しています。
被災地に一日も早く、安らかな日々が戻ることを一同と共に願い、御霊への追悼の言葉と致します。

**************************************************************

一昨年のお言葉昨年のお言葉でも同じように語られた文言があります。
それは国民皆が被災地に心を寄せて被災者の状況が良くなることです。
被災地だけの努力では一向に改善できるものではないで、
たゆみなく日本中の人々が心も力も被災者のために注いで欲しいと期待されています。

私たちは陛下のご期待に応えることができたでしょうか。
世界中の人々の注目に応えることができたでしょうか。
被災者の悲しみや苦労を少しでも和らげることができたでしょうか。

私たちは原発再稼動に対しても感覚が麻痺しつつあります。
原発を推進する政党を選び、都知事選でも反原発候補を退けました。
ちなみに安倍首相の式辞で「原発事故」に触れたのはほんの一言だけです。
原発事故さえなければとっくに家に帰って生活を取り戻せたはずです。
原発に頼らない生活に注力すべきなのに再び愚かな道に戻りつつあります。

四年経っても、五年経っても同じ状況が続くのでしょうか。
こうしている間にも南海トラフの巨大地震の可能性が高まっています。
震災の日、TVに映り続ける津波警報や被災地の映像を見ながら、
被災地を差し置いて「今静岡で地震が起きたらどうなるんだろう」
なんてことを考えていた自分が恥ずかしいです。

でも東北の教訓を活かさなければ犠牲者の皆さんに向ける顔もありません。
一日も早い復興を祈りつつも、自分に降りかかった時の備えを
しっかりと行うこと、そして再び悲劇を繰り返さないことが必要です。


あらためて多くの失われた御霊に哀悼の意を捧げます。
そして一日も早い復興をお祈りします。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/816-ace515d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)