かっぱのあしあと

桜よりも桜色 

ここ数日、TVなどのメディアでもこの河津桜が
見頃になったと盛んに伝えていますね。
私が訪ねた日も数社の取材クルーや上空のヘリを見ました。
現在8分咲きぐらいなので、今週末がピークになりそうです。
週末の道路は尋常じゃない混雑になるので、伊東や熱海辺りから
電車で来るほうがおススメです(電車も混みますが)。

河津桜は大変色の濃い寒緋桜と大輪の花を付ける大島桜が
自然交配し、河津町で生育していたものを見つけ
株を増やして一体に広げられたものだとされています。
現在も「原木」は観光スポットとなっており、やや早めに咲き出します。
河津桜はピンク色が濃く、花も大きく、弓なりにしなる
枝の先に固まりになって花をつけるので大変可愛らしいです。

2014022601.jpg
2014/2/25 7:32 Nikon D600 + AF-S 70-200mm F4 VR
140mm 絞り優先AE(f/4 1/250秒 -0.7EV) WB:5800K ISO:200

この河津桜まつり会場では夜間のライトアップも行われます。
そのためでしょうか、週末ともなると私が会場を後にする
午後の時間帯になっても数十キロに及ぶ渋滞が中伊豆方向へ続いています。
この最後尾の人が河津に着く頃にはとっくに夜になっていそうなほどです。
もっとも平日なら観光バスのゆっくり走行にさえ耐えればそれほど混みません。

2014022602.jpg
2014/2/25 9:33 Nikon D4 + AF-S 24-70mm F2.8
48mm 絞り優先AE(f/2.8 1/2000秒 -0.3EV) WB:5200K ISO:200

桜のピンク色、菜の花の黄色、そして青空のコントラスト。
これこそ河津桜のもっとも美しいとされる光景です。
今年は菜の花の量がかなり少なくてちょっと残念ですが、
それでも桜の美しい色合いは思わずうっとりとさせてくれます。
蕾が混じると赤みが増して一層キレイに見えますね。

2014022603.jpg
2014/2/25 11:37 Nikon D4 + AF-S 70-200mm F2.8 VRII with TC-20EIII
400mm 絞り優先AE(f/5.6 1/200秒 -0.3EV) WB:5200K ISO:200

梅といえばウグイス、桜といえばこのメジロ。
十数羽の集団で木々を回遊しながら蜜を舐めているようです。
お行儀がいいのでちゃんと花の中に口ばしを差し込んで舐めます。
でも時々現れるスズメは花の付け根を食いちぎってしまうので
花が丸ごと地面に落ちているのを見かけます。

2014022604.jpg
2014/2/25 10:43 Nikon D4 + AF-S 70-200mm F2.8 VRII with TC-20EIII
400mm 絞り優先AE(f/5.6 1/320秒 -0.3EV) WB:5200K ISO:200

桜の咲くタイミングがずれてしまうと、菜の花とのコラボが見られません。
今年は幸い数は少ないものの、一部の場所で菜の花が楽しめました。
暖かくなって日差しが強まってくると、桜が香らない代わりに
菜の花の独特な芳香が一体を覆ってきます。

2014022605.jpg
2014/2/25 11:53 OLYMPUS E-M1 + ZUIKO 50-200mm F2.8-3.5 SWD
400mm相当 絞り優先AE(f/3.5 1/1000秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:200

今週末の週間天気予報は残念ながら曇り一時雨だそうです。
できれば青空と一緒に楽しみたいところですが、雨の桜も乙なものです。
一部の桜から寿命を迎えようという樹齢になりつつあり、
町内では桜を育てる管理士を育成する動きもあります。
これからも末永く、この美しい光景を残して欲しいですね。

もうしばらく続きます。


ここからは余談です。
昨日ニコンはD4の後継機「D4S」を発表しました。
オリンピックで使い倒して行けそうだと感触を得たのでしょう。
大きな変更はありませんが、確実に進化しつつあります。
この日もD4を手に歩いてかなり疲れましたが、やはりこのクラスになると
ファインダーの見え味もシャッターの手応えも素晴らしいものがあります。
私はというと、D610にもD4Sへも代替する予定はありません。
今はD4に耐えうる体力の保持が課題なので...


関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/810-cee12c03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)