かっぱのあしあと

三人の日はもうすぐ 

さてオリンパスクリーニングキャラバンでの
佐々木啓太先生のお話はまだまだ続きます。
でも写真ブログで文字ばかりの記事が続くと飽きてしまいますよね。
そこでキャラバン訪問前の雨上がりの朝と火曜日に撮った
春を先取る彩りをご覧いただこうかと思います。

「春」という字は「三人の日」と書きます。
「あなたと私と、そして誰の日?」
1980年元旦発売の歌なので、知っている人は40代以上でしょうね^^;

日曜日の朝は雨上がりの暖かい日でした。
雨滴を溜めた枯れ枝や咲き始めたばかりの紅梅がキレイです。
時折差し込む日差しで輝く水滴に「春ラ!ラ!ラ!」です。

2014013001.jpg
2014/1/26 8:49 OLYMPUS E-M1 + ZUIKO 50-200mm F2.8-3.5 SWD
202mm相当 絞り優先AE(f/3.2 1/1600秒 -2.0EV) WB:5000K ISO:200 Natural 蓮花寺池公園

もう少し早い時間に着きたかったのですが、何とかまだ水滴が残っていました。
期間が経つと落ちてしまったり乾いてしまうので、雨上がりの朝は早起きが必須です。
低い朝日の光りを活かすこともできるし、光の色も温かみがあります。

2014013002.jpg
2014/1/26 9:10 OLYMPUS E-M1 + ZUIKO 50-200mm F2.8-3.5 SWD
400mm相当 絞り優先AE(f/3.5 1/800秒 -1.3EV) WB:4500K ISO:200 ToyPhotoII 蓮花寺池公園

そろそろ咲き始めたかも...ぐらいの予想で訪れましたが、
やはりまだ早すぎた感じで、咲いていたのは僅か数輪程度。
それでも美しい紅色を見ると嬉しくなります。
暖かい朝なので気分的にはすっかり春だったんですけどね。

2014013003.jpg
2014/1/28 9:59 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/2000秒 -1.0EV) WB:4500K ISO:200 Giorama 蓮花寺池公園

こちらは火曜日の朝、晴れてやはり暖かい日和でした。
日曜日と比べわずか二日間で膨らんだ蕾はかなり増えていました。
鼻を近づけるとうっとりするような芳香が楽しめます。
気のせいか、咲きかけと満開では香りの甘さに違いを感じたのですが。

2014013004.jpg
2014/1/28 11:32 OLYMPUS E-M1 + ZUIKO 50-200mm F2.8-3.5 SWD
400mm相当 絞り優先AE(f/3.5 1/400秒 -0.7EV) WB:5800K ISO:1000 FantasicFocus 久能山東照宮

桜の季節にはまだ早すぎるかと思いきや、日本平の久能山東照宮の境内では
「寒緋桜」が数輪ながら可憐な花を咲かせていました。
色が濃く、下をうつむくように咲く姿はいかにも日本的です。

2014013005.jpg
2014/1/28 11:46 OLYMPUS E-M1 + ZUIKO 50-200mm F2.8-3.5 SWD
294mm相当 絞り優先AE(f/3.4 1/2500秒 -2.0EV) WB:5000K ISO:200 Natural 久能山東照宮

言うまでも無く久能山東照宮は徳川家康の遺命で建てられただけに、
至る所に葵の御紋が飾り付けられています。
東照宮全体で、一体いくつの御紋があるのか数えたことあるのかな。
ところで家康の遺体は久能山と日光のどちらにあるのか、
今だに諸説があるし、まさか発掘調査などは行われないので
永遠の謎のままでいいのかもね。


次回は啓太先生の講座後半です。
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/798-ef87e6d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)