かっぱのあしあと

オリンパスE-M1のススメ 

昨年末ギリギリに手に入れたオリンパスE-M5でしたが、
使うほどに軽快で高画質に感心、ただ気になる点も。
小型化のためにスイッチなどの操作性が後回しに、
EVFの機能性は高いのですが見え味はまだOVFに敵いません。

もう半年ほど後になっての登場を予想していた後継機が、
これほど早く発表されるとは思いませんでした。
しかもリークイメージ(?)はちょっと抵抗感のあるもの。
正直なところ代替を迷ってしまったのですが。

明らかになったスペックや外観などは十分期待できるものでした。
手に入れて間もなく参加したGANREFワークショップでも活躍し、
飯島裕先生の声などを聞くにつけやはり買って良かったと思い始めます。
そして先日発売のカメラ雑誌での賞賛の嵐(?)

フルサイズとか、3600万画素とか、高速連写とか、
E-M1にはない要素だけど、それでもいいものはいいんだね。
前回も書いたけど、こちらが真面目に向き合わないと
いい仕事をしてくれない、そんなところもプロの琴線に触れたのかも。

ニコンD4は凄まじい高性能で使い手の未熟すらカバーしてくれます。
その辺は報道とかスポーツとか戦場といった、
普通なら撮影などしていられない現場でも信頼される所以です。
E-M1のようなカメラは使い手の未熟をカバーすることはなく、
未熟者には未熟な作品しか残してくれません。

なめてかかれば痛い目にあう、そんな体験がしてみたいあなたにおススメします。


2013112201.jpg
2013/11/19 13:42 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
68mm相当 絞り優先AE(f/6.3 1/80秒 -1.3EV) WB:4500 ISO:800 Natural @田貫湖

この画像のサイズでも木立の枝の繊細な描写が伝わるでしょうか。
紅葉の深い色合い、山茶花の鮮やかな色彩、何気ない湖畔の片隅で
見つけた光景をデジタルで永久に残してくれてありがとうです。

2013112202.jpg
2013/11/19 13:33 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
240mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/160秒 -0.3EV) WB:4800 ISO:2500 ToyPhotoII

木陰にひっそりと咲く山茶花を、落葉をバックに撮影。
ISO2500の高感度でも美しい質感や発色を損ないません。
PLフィルターを少しずつ回転させると、EVFの向こうで輝きが
微妙に変化する様が手に取るように把握できます。
キャッツアイコントロール様様です。

2013112203.jpg
2013/11/19 14:17 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
270mm相当 絞り優先AE(f/6.3 1/1000秒 -2.3EV) WB:5300 ISO:200 Natural

「さくらもみじ」
この可愛らしい響きの呼び名が似合う、桜の紅葉です。
春に花が楽しめる桜は、秋にもこんなに美しい色彩を魅せてくれます。
色付いてから散るまで僅か数日、でも見逃せない秋の宝物です。

2013112204.jpg
2013/11/19 14:16 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
28mm相当 絞り優先AE(f/6.3 1/125秒 +0.0EV) WB:6000 ISO:200 HDR

田貫湖は、個人的には河口湖より好きなポイントなのですが、
日当たりのいい場所ではピークを過ぎている木もありました。
それでもこの時間になると順光になる美しい富士山とのコラボは素敵です。
紅葉は陰になってしまうため、フラッシュを併用するのも手ですが、
E-M1には手軽にHDR撮影する機能があって重宝します。

2013112205.jpg
2013/11/19 14:20 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
300mm相当 絞り優先AE(f/6.3 1/320秒 -2.3EV) WB:5000 ISO:320 Natural

日の当たる葦と当たらない湖面の微妙な諧調も映し出します。
OVFでは露出補正が反映しないので、何度も液晶モニターで確認が必要です。
しかし高性能なEVFなら覗いたままで作品作りが出来ます。
露出補正だけでなく、カラークリエーターやハイライト&シャドウコントロール、
アートフィルターだってEVFの画面上で再現し、そのままシャッターを切れます。

まだ微妙なタイムラグがあるものの、将来的にはOVFはEVFに
取って代わってもおかしくはないと思わせる使い心地です。
逆にこれに慣れてしまうと、OVFが使えなくなる恐れもあるわけですが。


できるだけ佳いレンズを使いたい。
今のところまだ単焦点しか佳いレンズを持っていません。
明るく高画質なズームレンズも欲しいけど、もう少しだけ時間が
かかりそうで、でもお手軽レンズでもこれだけ楽しめれば御の字です。

安い買い物ではないので、おいそれとは他人に買えとまで言えませんが、
APS-Cの高性能なモデルをお探しなら間違いなく「買え」と言います。
MFTだからなんてなめれば、痛い思いをしてそれが次第に快感に変わるはず。
そうやって写真を知るのもいいものです。
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

こんにちは

E-M1はほんとうに良いカメラだと思います!
なかなか使いこなせないので頑張ろう、と思いますv-353

日のこ #- | URL | 2013/11/22 15:45 * edit *

Re: こんにちは

> なかなか使いこなせないので頑張ろう、と思います
私もカメラに嫌われないようしっかりと撮りますね。
EVFが144万画素だったE-M5まではフレーミングしか分かりませんでしたが、
E-M1のは限りなくOVFに近い感覚なのでじっくりと取り組めるのもいいですね。

はんべ #- | URL | 2013/11/22 20:36 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/761-fea49ed0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)