かっぱのあしあと

人気者の振舞い 

GPV予報でも午前中までは晴天だったので、
一時は「吉原」でのタイムラプス撮影を考えましたが
このところの多忙による疲労に勝てず起床は8時。
平日だからとノンビリ富士五湖周辺へ向かいました。

そろそろ見頃かもと河口湖北岸の「もみじトンネル」はどうかな?
着いてみると数人の人が三脚を据えたまま話しているだけで
駐車場も空いているし週末なら数珠繋ぎの路上駐車も僅かです。
それもそのはずで、天気予報を裏切って朝から「人気者」は雲隠れ。
空全体を低い雲が覆い、ほんの「足元」しか見せません。

まぁ、私は富士山だけを目当てに来たわけではないので、
D600とE-M1を提げて周辺を歩いて色付きが進む紅葉を探しました。
まだピークには数日かかりそうですが、ほぼ見頃と言っていい感じでした。

2013111301.jpg
2013/11/12 10:52 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
58mm相当 絞り優先AE(f/6.3 1/100秒 -1.0EV) WB:4500 ISO:200 Natural

晴れ間と陽射しを遮る雲が交互に行き交い、紅葉にも陽が当たったり
陰ったりを繰り返す度に、紅葉の色合いや色彩が変化します。
このショットは陽が陰ったところ。
しっとりとして深みを感じる色合いがいい感じです。

2013111302.jpg
2013/11/12 10:03 Nikon D600 + Af-S 70-200mm F/4 VR
160mm 絞り優先AE(f/4.5 1/120秒 -1.7EV) WB:4500 ISO:800

ニュースでも触れていましたが、一ヶ月前には都内で真夏日を記録し、
今日は山間部ではミゾレが降ったりする極寒に急降下。
この激しい変化に戸惑うかのように緑や黄色や赤い葉が共存。
このまま身近な紅葉も一気に進んでしまいそうです。

2013111303.jpg
2013/11/12 10:42 Nikon D600 + Af-S 70-200mm F/4 VR
165mm 絞り優先AE(f/4 1/125秒 -1.7EV) WB:5000 ISO:400

ここ「もみじトンネル」は紅葉と富士山を一緒に撮れる人気スポットですが、
このように地上のモノと富士山を絡める撮り方は同じ構図、同じアングルに
なりがちで、なかなか個性を出すのが難しい対象でもあります。
多くの人はいきなり三脚を据えてカメラを固定してしまうので
尚更「誰が撮っても同じ写真」になってしまうものです。

2013111304.jpg
2013/11/12 10:36 Nikon D600 + Af-S 70-200mm F/4 VR
165mm 絞り優先AE(f/4 1/640秒 -1.7EV) WB:4500 ISO:400

一通り撮影を終えて駐車場に帰っても、まだ三脚を据えて
富士山が顔を出すまで待つ人達が数人残っていました。
結局のこの日、河口湖では富士山が見えることはありませんでした。
こうして待つだけなら、他のものを撮った方が時間が有効に使えそうなのにね。

この後山中湖へ、やはり富士山は出ないので自前のチャリで一周。
約13キロあるので走り続ければ1時間ほどで回れますが、
あちこちで立ち寄っては撮影しながらなので2時間以上かかりました。
山中湖の紅葉は既にピークを過ぎ、落ち葉が沢山積もっています。
後半には雨がポツポツと落ちてきたためクルマまでダッシュ。

2013111305.jpg
2013/11/12 16:27 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
200mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/250秒 -1.0EV) WB:5300 ISO:200 Natural

帰りには樹海も考えましたが、その頃には逆に日照が射してしまいます。
陽射しがあると樹海での撮影は無理なので、道の駅で一服後帰途に。
途中朝霧高原辺りでようやく顔を出しかけた「人気者」
夕陽に染まりながらちょっとだけその姿を見せました。

やはり「人気者」はなかなかこちらの思い通りになりません。
そのもどかしさも、奥ゆかしさも「人気者」たる所以でしょうか。
恐らく今週一杯でこの辺りの紅葉も終わりそうです。
冬将軍が紅葉前線を強引に押し下げてしまっているようです。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/756-da1cc191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)