かっぱのあしあと

山梨ジュエリーコレクション その3 

さて宝石を求める山梨の旅は山中湖で締めくくります。
山中湖北岸の「長池親水公園」でダイヤモンドを見つけます。
そう、富士山の山頂に太陽が沈む「ダイヤモンド富士」です。
午後3時40分の日没に間に合うように昇仙峡を早めに出発しました。

御坂経由で河口湖から山中湖へ入り、長池の駐車場へ向かいます。
着いたのは午後2時前頃、既に駐車場はほぼ満杯ながら
間一髪で最後の一台分のスペースに駐車できました。
その後は続々とクルマが入ってくるし、撮影ツアーの
団体さんが乗った観光バスも狭い駐車場にねじ込んできます。

ダイヤモンドまで30分ほどになると、湖岸の遊歩道には
百を超える三脚が林立し、一般の観光客も含めて
数百人が「その時」に立ち会うために集まってきました。

2013110801.jpg

富士山には少しばかりの雲がかかるものの、ダイヤモンドを
妨げるほどの山頂への雲は出そうにありません。
ただし空全体に薄い靄がかかり、ゆっくりと流れているのが分かります。

私は二台のカメラを用意しました。
右側は主にブラケティング撮影を行うニコンD600、
左側はインターバル撮影で経過を追うオリンパスE-M1です。
この段階頃からE-M1は自動連続撮影を開始させました。

2013110802.jpg

この写真のずっと向こうの方までカメラマンらが並んでいます。
富士山頂の真ん中に太陽が落ちるように見えるのには
ここから向こう側へ100mほどのポイントがいいのですが、
既に三脚を立てる隙間がないほどの混雑なので
ちょっと右寄りに太陽が沈むけどこの場所での撮影を決めました。

そして午後3時40分、太陽が富士山頂にかかり始めます。
一斉に周りのカメラのシャッター音が響き、観光客の歓声が湧きます。
私も太陽の沈み具合を見ながら何度かD600のシャッターを切りました。
大勢の観客を乗せた大きな観光スワン客船も横切っていきます。

2013110803.jpg
2013/11/5 15:43 Nikon D600 + AF-S 24-85mm F/3.5-4.5 VR
34mm 絞り優先AE(f/16 1/320~1/1250秒 -1.3~-2.3EV) WB:5200 ISO:100
3枚の画像をPhotomatix ProでHDR合成

風があったので湖面に波が立ち、ダブルダイヤとはなりませんでした。
たとえ一個のダイヤモンドでも、感動的な美しい光景に酔いしれます。
太陽が沈み始めると、わずか数十秒で富士山の向こうへ消えてしまいます。
あっけないほどの短いドラマに大勢の観光客も呆気に取られたようです。

太陽が沈んだ瞬間には冷たい風が吹き渡り、一気に肌寒さが襲ってきます。
続々と三脚とカメラを撤収する人、シルエットになった富士山を
バックにスマホで記念写真を撮る人、観光バスに駆け込む人。
でもみんなこの瞬間に立ち会えたことには満足な様子でした。

上空にウロコ雲などが流れると、日没後も赤く焼けて美しいのですが、
この日は上空の雲はなく、むしろ次第に富士山が雲に覆われていきます。
私も駐車場が空き始めるのを待って、ゆっくりと片付け帰途に着きました。

最後に日没ダイヤモンドをじっくりとご覧ください。
E-M1でのインターバル撮影と同時に作成した動画です。
可能であれば、高解像度にて大画面のフルスクリーンでご覧いただきたいです。
沈んだ後には上空の靄に「影富士」が映って次第に伸びてゆきます。



2013/11/5 15:27~16:00 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 17mm F/1.8
34mm相当 f/20 -1.0EV WB:5300K ISO:200 2秒に1コマ連続撮影

深夜の「冬の大六角形ダイヤ」から始まり、虹色の紅葉と滝を楽しんだ後
最後に再び雄大なダイヤモンドを手に入れてコレクションは完成です。
ちょっと体力的に大変な一日でしたが、好天に恵まれて良かったです。
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

おはようございます。
わ・・・カメラマンがいっぱい・・・
同じロケーションでも、様々な写真が生まれているのですね・・・?
拝見できる幸せ ありがとうございます。

niyu #- | URL | 2013/11/09 08:37 * edit *

Re: タイトルなし

> 同じロケーションでも、様々な写真が生まれているのですね・・・?
同じ場所で同じ対象にカメラを向けている大勢の人たち。
でもその撮れた写真は人それぞれ微妙に違うものですね。
カメラは機械のようでいて、実は人の目と同じものだったんでしょうか。

はんべ #- | URL | 2013/11/09 23:00 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/753-e5751794
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)