かっぱのあしあと

山梨ジュエリーコレクション その2 

まだ朝日の昇らない精進湖を後にし、甲府市方面へ向かいます。
さらに市街地からクルマで20分ほど北上したところにあるのが
「昇仙峡(しょうせんきょう)」こと御嶽(みたけ)昇仙峡です。
こんなに街から近い場所に、まるで中国の奥地のような
絶景があること自体驚きですが、今回初めて訪れてみました。

渓谷の入り口には「長潭橋(ながとろばし)」と呼ばれる美しい石橋があり、
そこから5キロほどの渓谷は奇石や紅葉が美しい名所です。
この時期は平日上り片側通行、週末は車両通行禁止になり観光馬車が通るのみ。
さすがに歩くのは大変ですが、上流の途中に無料駐車場があります。
そこからなら有名な覚円峰や仙娥滝(せんがたき)まで歩いても楽です。

2013110701.jpg
2013/11/5 10:02 Nikon D600 + AF-S 24-85mm F/3.5-4.5 VR
24mm 絞り優先AE(f/18 1/100秒 +0.0EV) WB:5200 ISO:200

駐車場から遊歩道を歩くのですが、「行き」は登りが続きお年寄りには大変かも。
滝近くの駐車場からなら歩いて下れるのでこちらがお勧めです。
途中の遊歩道は狭く、三脚を広げるのが難しいのでほとんど手持ち撮影。
まだピークには数日かかりそうな紅葉でしたが、このくらいの方が
様々な色が混じってとても美しいです!

2013110702.jpg
2013/11/5 10:07 Nikon D600 + AF-S 70-200mm F/4 VR
200mm 絞り優先AE(f/4 1/640秒 -1.3EV) WB:4500 ISO:200

特に午前は遊歩道から見える紅葉に逆光の光が当たり、
美しい色合いが透けて見えて大変感動的な眺めが続きます。
眼下の渓流と絡めるのはちょっと難しいので紅葉オンリーがいいかな。
逆光ではアンダー気味の露出でシルエットを活かすのがポイント。

2013110703.jpg
2013/11/5 11:42 Nikon D600 + AF-S 24-85mm F3.5-4.5 VR
46mm 絞り優先AE(f/6.3 1/100秒 -1.0EV) WB:4500 ISO:100

これが昇仙峡のシンボルともいえる「覚円峰(かくえんぼう)」。
あの高い峰の頂上で「覚円」が修行したと言う由来だそうです。
とにかく見上げる高さはハンパなく、花崗岩の岩肌の美しさも格別です。
青空と紅葉のコントラストが大変素晴らしい眺めでした。

2013110704.jpg
2013/11/5 10:23 Nikon D600 + AF-S 24-85mm F3.5-4.5 VR
24mm 絞り優先AE(f/11 1/50秒 -2.0EV) WB:5200 ISO:400

途中の東屋越しの紅葉は、まるで京都の寺社のような光景です。
この後の予定もあったので時間を気にしながらの撮影でしたが、
そうでなければもっとゆっくり沢山写真を撮りたいと思えるほど
素晴らしい眺めがあちこちで堪能できます。

2013110705.jpg
2013/11/5 10:53 Nikon D600 + AF-S 24-85mm F3.5-4.5 VR
55mm 絞り優先AE(f/22 1秒 -1.0EV) WB:5000 ISO:100

そしてこれが最大のお目当てでもある「仙娥滝(せんがたき)」
地殻の変動と川の浸食が作り出した絶景の滝です。
高さ30mほどあり、豊富な水量が迫力ある流れをもたらします。
ちょうど午前11時前後には虹がかかった光景を楽しめます。
七色の宝石のような美しい虹と紅葉のコントラストは感動的です。


この日は平日にもかかわらず、多くの観光客が訪れていました。
私が県営駐車場に着いたのは午前9時ごろで、その時はまだ
駐車場も疎らだったのに、再び駐車場に戻ったお昼頃には満杯。
路上駐車もあって大変な混雑になっていました。
今週末辺りが紅葉の最高潮になると思われ、渋滞も激しくなるでしょう。
なるべく早めに現地入りすることをお勧めします。


そしてこの日最後の宝石を求めて山中湖へ向かいました。
続きは次回です。
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/752-df0594f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/11/08 09:22)

甲府市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

ケノーベル エージェント | 2013/11/08 09:23