かっぱのあしあと

GANREF 飯島裕先生の星景ゼミ その壱 

10月25日(土)から26日(日)にかけて、
GANREFワークショップ「飯島裕先生の星景ゼミ」に参加してきました。
私にとっては昨年夏の開田高原、今年冬の清里高原に続く三回目。
アイソン彗星の観測好機を控えて期待が高まります。

ところが開催直前になって台風27号の接近予報。
「雨でもやる」主義の先生ですが、台風で交通に支障があっては大変
ということで、ギリギリまで山荘にはキャンセル代の交渉などを行い、
台風の移動を見守りながら前日まで待ちました。
結局は開催日の朝までに通過し、天候の回復も期待できそうだ
という見通しとなったので、急遽開催が決まりました。

今回の開催場所は長野県入傘山の「マナスル山荘新館」さんです。
巨大な天体望遠鏡を収める大きなドームを構える星のお宿です。
星好きな管理人さんの元には天文部の学生の合宿をはじめ
多くの天文ファンは勿論、一般の登山客が集まって賑わいます。

2013102801.jpg
星を見るのに邪魔な木の上部を切ってあります

ここへ来るまでの途上、長野県に入った辺りから中央道走行中でも
周りの景色が一気に紅葉色に変化していくのがわかります。
特に山荘へ登る山道沿いはクルマを停めて眺めたくなるほどの
見事な紅葉が入傘山を染めていて、こちらも期待が膨らみます。

午後3時過ぎに飯島裕先生と参加者、そして今回も
オリンパスイメージングから小笠原裕司氏が参加されました。
しかしこの頃から空は一面の雲、というより濃霧が辺りを覆い、
入傘山が辛うじて見える程度の視界しかありません。
仕方ないので、まずは山荘でレクチャーなどを行います。

2013102802.jpg

今回は星の写真撮影に関して全くの未経験者はいませんでした。
そのため基本的な撮影方は飛ばして、主に画像処理関係のお話から始まりました。
ここ最近先生が発表されている星景作品の画像データをTV画面に出しながら、
比較明合成のやり方や明暗差の強い画像の合成といったテクニックを
実際にパソコンで操作しながら説明してくださいました。

この山荘の屋上には、全天ライブカメラが設置されていて、
常に屋内でも空の様子を伺いながら、星が見えてくれば
いつでも外へ飛び出すことが出来るようになっています。
(山荘のHPでも見られます)
そのため、頻繁にPCの画面をチラ見しては
なかなか見えない空に溜息が続いていました。

それでも暗くなって見えなくなる前に、撮影ポイントを巡回して下見をします。
そんな間も濃霧は晴れず、今回も「宿題」になってしまうのかと嫌な予感にさいなまれます。
ロケハン後夕食を摂りながら過去の流星群の映像やTV番組の録画を鑑賞します。

2013102803.jpg
右側に見えるのがライブカメラ映像

それも飽きると今度は折角持参したのだからと機材を出し始めます。
各々が用意した赤道儀などの機材を並べての機材談義です。
それにしても皆さん相当機材には力を入れていますね。

2013102804.jpg
私のは真ん中のポラリエ

今回のゼミにはビクセンもトーストテクノロジーからも
いつものメンバーさんの都合が付かず参加されませんでしたが、
これだけ皆さんポータブル赤道儀などを持っているのですから
メーカーさんの出る幕もなかったかもしれませんね(^^ゞ

コンパクトな赤道儀とデジタルカメラのおかげで
数十年前までのフィルム時代とは隔世の感と言える環境です。
そういった意味でも、もっと星景写真は広まる余地があります。

さて私は気になって、山荘のそばにある草原に出て空を見ました。
しかし何時間経ってもこの状態です↓

2013102805.jpg
カラマツの木立と山荘を覆う濃霧

開田高原でも清里高原でも、ほとんど星をまともに撮影できませんでした。
今回も結局は何も撮れず講評会には「宿題」の提出となるのか、
最初の期待と裏腹に次第に下がっていくテンション。
いったいこの後どうなるのか!
続きは次回にて...

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

今晩は(^_^)

続きが早く見たいですね。

私の予想では、山の天気は変わり易いので
突然霧が晴れて撮影に成功しましただと
思います。(^_^)

totoro #mQop/nM. | URL | 2013/10/28 23:10 * edit *

Re: タイトルなし

> 突然霧が晴れて撮影に成功しましただと
> 思います。(^_^)
大当たりです!「その弐」でご覧いただいたとおりの素晴らしい星空でした。
参加するまでは、台風が来るじゃんとか無理して取った休みで
溜まった仕事をどうしようかなんてネガティブでしたが、
そんなものは宇宙のかなたへ消し飛んでしまいました!
続きもお楽しみに(^^)v

はんべ #- | URL | 2013/10/29 09:44 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/745-8dfb9c3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)