かっぱのあしあと

オリンパス OM-D E-M1 ネイチャー試写篇 

精進湖での星景撮影の後、朝焼けに染まる赤富士を
見ようと山中湖東岸の平野へ向かいました。
気温は6度、水温はボート屋さんによると16度なので
湖面に薄っすらと湯気が立っていました。

2013101501.jpg
2013/10/13 6:09 OLYMPUS + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
40mm相当 絞り優先AE(f/8.0 1/80秒 -1.0EV) WB:6000 ISO:200 Natural

上下にチルト可能な液晶モニターを起こして、
水面すれすれまでカメラを下ろして撮影しました。
赤富士と澄み切った空の描写が素晴らしいですね。

ところでE-M5では「i-Finish」の効果が自然で多用しましたが、
E-M1のそれはちょっとコントラストや彩度が高すぎて
いまひとつ使いにくいです(効果の強弱は選択できます)。
今回は「Natural」で通しましたが、EVFの見易さと伴って
こちらの方が常用するには向いているというのが印象です。

2013101502.jpg
2013/10/13 7:18 OLYMPUS + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
40mm相当 絞り優先AE(f/8.0 1/200秒 -1.0EV) WB:6000 ISO:200 Natural

河口湖北岸の大石公園へ移動しました。
こちらも朝日に照らされた花々が綺麗に咲いています。
コスモスとススキなどの秋の花は湖畔の風景によく似合います。
早朝にもかかわらず多くの観光客らで広い駐車場は満杯でした。

階段の中ほどで、かなり苦しい体勢になりながらの撮影でした。
軽いE-M1だからこそ撮りやすかったのだと思います。
今どきのカメラなら常識となった水準器も役に立ちます。

2013101503.jpg
2013/10/13 8:23 OLYMPUS + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
50mm相当 絞り優先AE(f/9.0 1/125秒 -1.0EV) WB:5300 ISO:200 Natural

遊歩道を少し歩くと「コキア(ホウキグサ)」がお出迎え。
紅葉が始まっていて、鮮やかな赤い色彩を楽しめます。
こういった撮影なら、新登場となるM.ZUIKO 12-40mm F2.8のような
高価なレンズでなくても十分に綺麗に写ってくれます。
また絞り込んでも解像感を損なわない新しい画像処理エンジンのおかげで
パンフォーカスのために絞っても回折ボケを気にせず安心して使えます。

2013101504.jpg
2013/10/13 7:31 OLYMPUS + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
200mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/400秒 -1.0EV) WB:5000 ISO:200 ToyPhoto

まだこちらは色付いていないモミジですが、元画像を拡大すると
細かい葉脈まで実に鮮明に描写されているのが分かります。
背景の玉ボケはフルサイズに敵いませんが、撮影対象次第では
フルサイズのD600と見比べても見分けが付かない可能性も感じます。

2013101505.jpg
2013/10/13 7:41 OLYMPUS + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
300mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/500秒 -1.0EV) WB:5000 ISO:200 Natural

EVFやシャッターのタイムラグは確かに短くなったように思いました。
またAFの速度も同様で、何よりこういった対象の場合でもピントが
後抜けしにくく、抜けても半押しし直せばすぐに手前に合わせてくれます。

シャッターボタンですが、半押しのクリック感が弱く、
何度かつい全押ししてしまうことがありました。
ニコンは半押しでのクリック感がしっかりとしており、
全押しまでのストロークも短いのに比べると違和感が残ります。
調整できるものならお願いしたいものです。

2013101506.jpg
2013/10/13 7:50 OLYMPUS + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
300mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/8000秒 -0.7EV) WB:6000 ISO:100 Natural

E-M5ではできなかった撮影です。
逆光&アンダーにするとシャッター速度がかなり速まります。
最高1/4000秒まで、ISO感度も200からだったE-M5では
シャッター速度の上限を突いてしまい、絞らざるを得ません。

E-M1ならこのように1/8000秒&ISO100でアンダーのまま撮影可能です。
明るい単焦点レンズでの開放絞り撮影も楽しみです。

とにかくこの広くて見やすいEVFだけでも買ってみる価値はあります。
使いやすい、高画質となると、このカメラを活かせる望遠ズームが欲しくなります。
来年登場予定のM.ZUIKO 40-150 F2.8も期待できますが、
星景にも使うことを考えるとM.ZUIKO 75mm F1.8も気になります。


またまた台風ですか。
月明かり&コスモスを考えていましたが週末までお預けですね。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

はじめまして

ブログ訪問ありがとうございます。

E-M1購入されたんですねえ。
迷いに迷って「待ち」といたしました。

14-150もよく写りますね。

また、訪問させていただきます。
ありがとうございました。

じん #GCA3nAmE | URL | 2013/10/15 18:08 * edit *

Re: はじめまして

> 迷いに迷って「待ち」といたしました。
それもアリだと思いますよ。
安くなったE-M5もお買い得だし、選択肢が増えるのは歓迎ですね。
しょせん高倍率ズームな14-150mmですが、逆光に強いし
AFも速いしでなかなか手放せない存在です。

はんべ #- | URL | 2013/10/15 19:44 * edit *

こんにちは
E-M1良さそうですね
ますます欲しくなりました。
年末には予約なしで買えるかな?

pukupukubird2 #- | URL | 2013/10/16 14:58 * edit *

Re: タイトルなし

> 年末には予約なしで買えるかな?
ボディは十分供給量があるようなのですが、
新しい12-40mmレンズが不足していて納期が遅れるらしいです。
年末頃なら落ち着いてくるのではないでしょうか。
レンズにもよりますが、APS-C機は必要を感じない出来の佳さでした。

はんべ #- | URL | 2013/10/16 22:22 * edit *

はんべさん、こんにちは。

ネット情報では、さほど変わらないみたいな話でしたが
実際の撮影を元にのお話、興味深く拝見しました。

特にシャッター1/8000ならではの撮影、これはD600でも
同じように不足感が否めません。

ニコンから何やら高級単の噂も・・・
台風が去った後に物欲の嵐がやってきそうです(笑) 

タケ #WO.8kER. | URL | 2013/10/17 12:52 * edit *

E-M1さすがです

> 特にシャッター1/8000ならではの撮影
E-M5は大変いいカメラですが、せっかく高画質な単焦点レンズを使いたくても
シャッター速度やISO感度の壁があって絞りを開けられません。
その点ではE-M1はさすがフラッグシップを名乗るだけのことはあると...(^^ゞ

またEVFの進化も著しく、ややもどかしかった見え味のE-M5とは比較になりません。
このEVFの問題があって、E-M5ではマクロをやりませんでしたが、
E-M1なら十分ピントの山をつかめそうです。

ニコンといえばD610やD5300とちょっと足踏みかな。
昨年が大躍進だったので今年は一休みかも。
リオ五輪を控える来年に期待しましょうか。

はんべ #- | URL | 2013/10/17 20:48 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/739-d4f7885e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)