かっぱのあしあと

オリンパス OM-D E-M1 星景試写篇 

皆さんの多くは三連休かと思いますが、私は日曜のみ。
その限られた休みが幸いにして晴天になりそうなので、
終業後帰宅してから一睡もせず富士山麓の精進湖へ向かいました。
自宅での出発時の気温は22度、ところが目的地に近づくにつれて
車載気温計の数字は見る見るうちに下がり、現地精進湖ではなんと9度!

クルマから降りると肌を刺すような冷たい空気。
予想はしていたので、持参した防寒着を重ねて凌ぎます。
天気は良く澄んだ晴天で、富士山の東側にオリオン座が昇っています。
早速赤道儀をセッティング、カメラはまだ暗闇での操作に
慣れていないため、頻繁にライトを点けての作業です。

2013101301.jpg
2013/10/13 2:35 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 12mm F2.0
24mm相当 マニュアル露出(f/2.0 40秒) WB:3500 ISO:2500 Natural

機能を割り当てられるボタンが増え、拡大表示などの切り替えがしやすく
次第にヒストグラムやピントの確認も慣れてきました。
最大拡大率は相変わらず14倍までで、もう一段程度は拡大したいですね。

撮影に使用したM.ZUIKO 12mm F2.0は開放での周辺減光はあるものの
大変シャープで発色も良く評判に違わない素晴らしい性能です。
フィルター径が46mmですがケンコーの「プロソフトンA」が49mmからしか無く
46→49mmのステップアップリングで対応しました。
しかも純正フードを取り付けた後からねじ込めるのがラッキィです。
(これは17mm F1.8でも同様でした)

2013101302.jpg
2013/10/13 共通設定:OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 12mm F2.0
24mm相当 マニュアル露出(f/2.0) WB:3500 ISO:2500 Natural ノイズ低減は標準

ISO感度の設定を変え、露出時間を調整しながら撮影してみました。
この大きさでは分かりにくいかと思いますが、
結論から言えばISO3200までは全く問題ありません。
ISO6400からディテールに甘さが出て、ISO12800では
明らかに解像感も消失しベタッとした描写になります。

2013101303.jpg

今度は一枚目の画像をソフト上でノイズ低減処理を変えて現像してみました。
処理なしから「強」まで比べましたが、はっきり言って変化無し。
このレベルではほとんど差らしい差は感じられませんでした。
ただやはりノイズ低減処理は必要で、撮影時に時間がかかるものの
露出時間分の低減作業は我慢して待ちましょう。

2013101304.jpg
2013/10/13 2:44 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 12mm F2.0
24mm相当 マニュアル露出(f/2.0 40秒) WB:3500 ISO:2500 Natural

冬空らしく頭上には明るい一等星が勢ぞろいしてきました。
その上ふたご座にある木星の輝きも寒さを忘れさせ...るほどでもないか。
双眼鏡でもガリレオ衛星が見えてなかなか楽しめますね。
この頃から雲が流れてきたため、日の出に備えて撤収し山中湖平野へ移動。

2013101305.jpg
平野では使っていません、再現映像です

さてE-M5と比べてE-M1での星景撮影時の印象の違いは?
はっきり申し上げてほとんど画質や操作性に大差が無いように思います。
E-M5自体の完成度が高く、画像エンジンが更新されたといっても
こういったある意味で特殊な撮影状況への対応は想定されていないのかも。

余談ですがポラリエ、そして強化パーツの使い勝手は抜群でした。
クルマを停めてから撮影を開始するまで15分とかかりません。
OM-Dを使えば、レンズを含めて全体のシステムを大幅に軽減できます。
広角レンズ中心ならこれほど快適な星景機材は無いでしょう。

平野へ移動すると、赤富士目当ての宿泊客などが湖畔へ集まっていました。
しかしこちらは気温6度! 日の出直前の最も寒い時間帯。
さすがに我慢できず車中で寝袋に入っていました。
その後は河口湖大石公園へ、こちらも多くの観光客でいっぱい。
朝霧高原では大規模なイベントがあって、右回りの道路は大渋滞でした。
午後から用事があったのと、ちょいと無理して疲れたので早めに富士を後に。

星景以外の作例と印象などは次回以降にご紹介します。


関連記事
スポンサーサイト

[edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/10/14 06:33 * edit *

リンクありがとうございます

リンクの件ありがとうございます。
こちらも張らせていただきます。
今後ともよろしくお願いします(^^)

はんべ #- | URL | 2013/10/14 20:47 * edit *

はんべさん、こんにちは。

私も星景写真撮影に行っていました。
はんべさんが精進湖にいた頃は、私は田貫湖か本栖湖にいました。
本栖湖だったらニアミスでしたネ(笑)

14日の未明から朝にかけては、平野にいました。
まさに、はんべさんが写真を撮っていた場所です。
こちらは、1日遅れでした。

寒さが本格的になってきましたね。

飯島先生のゼミに参加されるとの事。
ブログのアップ、楽しみにしています。

TaratarSteak #- | URL | 2013/10/17 08:29 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/10/17 18:21 * edit *

星の綺麗な季節ですね

> 私も星景写真撮影に行っていました。
田貫湖は東の空が明るいのと、本栖湖は視界が狭いので精進湖に行くことが多いです。
(精進湖も広くはないですけどね)
実は西湖を目論んでいたのですが、風があって湖面の映り込みが望めなさそうだったので精進湖へ。
いずれにしろ寒い星のキレイな季節になりました。

> 飯島先生のゼミに参加されるとの事。
来週また台風か?とも見られていますが、お会いするだけでも楽しみです。
オリンパスの小笠原さんも来られるので色々聞きたいです。

はんべ #- | URL | 2013/10/17 20:40 * edit *

Re: 1つ教えてください

E-M1の場合でよろしいでしょうか。
私はノイズの存在にそれほど敏感ではなく、むしろ解像度を失って
微光星などが消えるほうが避けたいと思っています。
元々高感度フィルムを使っていた昔は今とは比較にならないノイズでしたからね。

そのため、カメラの設定で長秒時ノイズをオンにする以外で特別な「細工」はしていません。
ただ、あんまり気になる場合にはRAW現像時にノイズ除去の強さを変えることはあります。
またニコン機ではCaptureNX2での現像時にやはりノイズ除去を調整することも。
でもそれらは稀で、ほとんどは後処理しません。

時間とスキルがあればコンポジットや加算平均合成が有効なんですけどね。

はんべ #- | URL | 2013/10/17 20:57 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/738-70c4eaa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)