かっぱのあしあと

レンズの「露払い」に 

先日の開田高原での星景撮影ですが、これまで以上に
猛烈な勢いの「結露」に悩まされました。
元々結露は湿度の高い夏場、回りに草や芝の多い場所で起きやすいです。
「木曽馬の里」はまさにその条件にハマるため、結露対策が必須です。

ちなみに湿度の低い冬場や風のある時には結露しにくく、
これまで山中湖などでの撮影で結露に見舞われたことはありません。
開田高原では、レンズキャップを外して数分経つと、
もうフィルターが薄っすらと曇ってきてしまいます。
ブロワで吹いたりすると益々濃くなってしまい、
結局フィルターを何度も拭くなどしながらの撮影になることも。

まずは結露の影響から。

2013082101.jpg

こちらは結露の影響の無い画像です。
空のコントラストも高く、微光星までくっきりと写ります。

2013082102.jpg

こちらが思いっきりフィルターが結露した状態での画像。
レンズを覗き込まない限り、カメラのモニターでは分かりません。
どうも露出不足だなぁと感じたため、まさかと思って
レンズを見たらフィルター全面が真っ白けでした。

コントラストは非常に低く、露光量も半分以下に落ちます。
もちろん微光星はほとんど写らず、流星が横切ってもシカトです。
この時使った対策は、カイロをレンズに巻き付けるものでした。

2013082103.jpg

右側がいつも使っている「Zippo ハンディウォーマー」です。
桐灰を使うものもありますが立ち消えしやすいのと、オイルタイプの方が
コンパクトで軽く、E-M5のようなミラーレスにも使いやすいです。
これをベルクロ付きのベルトでレンズの下に巻きつけます。
ただ、使う直前に注油し点火しなければならないこと、
結局そのためにオイルなど一式を持ち歩く必要があります。

で、左側はというと電気ヒーターを使ったものです。
こちらのサイトに詳しい内容が記されています。
自作してもいいのですが、手間と仕上がりを重視して購入しました。
内側がヒーター部分で、外側のベルトでレンズに固定します。
電源はモバイルバッテリーを使えて大変ハンドリングが優れています。

2013082104.jpg

このようにレンズの先端部に巻きつけるだけなので簡単です。
カイロが鏡胴の一部に接触するのに対し、全周から暖めるため
より効果が得やすいと期待できます。
勿論カメラレンズだけでなく、二つ使えば双眼鏡でもOKです。

2013082105.jpg

電源にはパナソニックのモバイル電源「QE-PL302」を用意しました。
ヒーターだけなら約12時間程度使えますし、二つあるOUTPUTから
ポラリエにも電源を供給可能にもなります。
持続時間は半減しますが、それぞれ単3電池とカイロを使うより簡単です。
モバイルバッテリーなら移動中などにも充電できるし、他の用途にも使えるので便利です。


今回のような流星撮影や、長時間撮影が必要なタイムラプス撮影などでは
途中でのメンテナンスができないので結露対策がより重要です。
これは星景ばかりではなく、夜景や朝日を待つ日の出撮影にも同様です。
頻繁に使うものではなくても、一夜の作品を台無しにするのを
防ぐ意味でもお勧めできるアイテムです。


関連記事
スポンサーサイト

[edit]

こんばんは。星の撮影は、もう少し簡単に考えていましたが、今回のお話をお伺いして考えを改めなければなりません。とても大変な下準備が必要なのですね。それにしても素敵なお写真です。レンズレビューの時にリクエストした、天体写真を拝見出来て、とても嬉しいです(>_<)

nanaga2 #mYbggkm6 | URL | 2013/08/22 21:08 * edit *

私は同じ夜露防止ヒーターのエネループタイプを使っています。
三脚やカメラに水滴が付くような時でも効果抜群です。

充電時間が短くて済むのでエネループタイプを購入しましたが、
ポラリエの購入を検討している現在、
モバイル電源タイプにすれば良かったかな?と思っています。

それにしても、テレスコさんの雲台ベースはカッコいいですネ。
はんべさんがお持ちの極軸調整台と組み合わせると、
さらにカッコよさ10倍と言った感じです。

まぁ、カッコで写真を撮る訳ではなく、あくまで機能なのだろうけど、
それがモチベーションになれば、それはそれで良いのでは?
と思っています。

私にはお金が無くて、テレスコさんのパーツは買えないけど(笑)

TaratarSteak #- | URL | 2013/08/22 23:36 * edit *

Re: タイトルなし

>星の撮影は、もう少し簡単に考えていましたが、
相反則不軌と戦っていたフィルム時代に比べれば、デジタルでの星景写真は「隔世の感」があります。
確かに星ならではのコツが必要なのですが、星景をやっている人にとってはこれも想定内ですね。
私にとっては、スタジオで照明を沢山並べての撮影の方が難しそうに見えてしまいます。

それと星に限ったことではありませんが、やはり被写体を好きになることは必要だと思います。
花の名前を覚えたり、街並みの歴史を予習してみたり、星座の形や星の名前もしかりです。
いい写真を撮るよりも、好きなものを好きなように撮るほうがずっと楽しいですからね。

はんべ #- | URL | 2013/08/23 21:43 * edit *

Re: タイトルなし

> モバイル電源タイプにすれば良かったかな?と思っています。
D700の縦グリ用などにエネループを沢山持っていましたが、本数が増えると意外に管理が大変です。
ポラリエも単3では2時間程度しかもたないので、モバイル電源は何かと便利だと思いますよ。

> それにしても、テレスコさんの雲台ベースはカッコいいですネ。
格好もいいけど、バランスや使いやすさも格別ですね。
やや荷物が増えてしまいますが、安心してガイド撮影を任せられます。
(以前撮影中にポラリエ本体が動いてしまったことがあるので)

少数ロットをほぼ手作りしているのですが、その割にはリーズナブルだと思います。
元々天文用品のロット数は、ビクセンなどでもかなり少なくて、
口径10cmぐらいの望遠鏡で15台とか、大きめのPC制御型になると3台なんて
いう程度だとワークショップでご一緒したビクセンの方に伺いました。

はんべ #- | URL | 2013/08/23 21:55 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/711-aee0644b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)