かっぱのあしあと

いつもと違う夏 

8月になりました。
ようやく身近でも蝉の賑やかな大合唱。
でもすっきりとした夏空ではない。
西日本は猛暑とゲリラ豪雨、東北は冷夏で長雨、関東は雨不足。
このまま8月が過ぎ、秋になってしまうのでしょうか。
喜ぶ人はほとんどなく、困る人ばかり。
いつもと違う夏、これが「平年」になってゆくのかな。

2013080101.jpg
2013/7/30 10:39 Nikon D600 + Tamron 70-300mm F4-5.6 VC
300mm 絞り優先AE(f/5.6 1/400秒 -0.7EV) WB:4500 ISO:400


2013080102.jpg
2013/7/30 10:47 Nikon D600 + Tamron 70-300mm F4-5.6 VC
300mm 絞り優先AE(f/16 1/125秒 -0.7EV) WB:4500 ISO:400

もうあまり姿を見なくなってきたトンボですが、たまに見つけるとホッとします。
向こうの睡蓮の形を出そうと絞るとついスローシャッターでぶれてしまいます。
日差しが強いと尻尾を空に向けて少しでも日光の当たる面積を減らそうとします。

2013080103.jpg
2013/7/30 10:51 Nikon D600 + Tamron 70-300mm F4-5.6 VC
300mm 絞り優先AE(f/10 1/125秒 -0.7EV) WB:4500 ISO:400

こちらも向こうの鹿の子百合のシルエットを出すのにやや絞りました。
何気ないような小さな蝶でも、ちょっとした出会いが嬉しい。
まだまだ夏はこれからなのにね。

2013080104.jpg
2013/7/30 11:25 Nikon D600 + AF-S 60mm F/2.8 Micro
60mm 絞り優先AE(f/5.6 1/2500秒 -1.0EV) WB:4500 ISO:200

マクロは非日常の世界を手軽に楽しめるのですが、真夏の暑さには
汗が滴るししばらくじっとしていると息が詰まるしで大変です(^^ゞ
それでもファインダーの中で雌しべの先の産毛が見えると楽しいですね。

2013080105.jpg
2013/7/30 12:47 Nikon D600 + Tamron 70-300mm F4-5.6 VC
270mm 絞り優先AE(f/5.6 1/250秒 -0.7EV) WB:4500 ISO:100

ヒマワリ畑の近くにある「緑のモグラ」?
ヒマワリって人の顔のようにも見えるので、微妙な傾きとか
咲いている向きなどで人間の仕草のようにも見えて面白いです。
近々ヒマワリ特集といこうかと思ったのですが、
オモチャが届き始めたので後回しになるかも。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/697-3efeac97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)