かっぱのあしあと

夕立のあと 

このところやや涼しかった静岡ですが、今日は猛暑日並み。
湿度も相当に高く日差しが弱い割には猛烈な発汗でした。
しかし昼を過ぎた辺りから西の空に雷鳴が轟きます。
こりゃヤバいかもと散歩を中止してクルマで静岡から藤枝へ
帰る途中、前も見えないほどの豪雨に遭いました。

東京や東北南部でも大雨になったようで、「戻り梅雨」だそうです。
そんなもの戻さなくていいからスカッとして欲しいですね。
藤枝に着いたころには強い雨と強い日差しが射す「狐の嫁入り」
雨上がりの晴天は一層湿気が強くダウン寸前でした。

2013072301.jpg
2013/7/23 14:29 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
300mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/400秒 -1.0EV) WB:5000K ISO:200 ToyPhoto

蓮の葉には水面から持ち上がるものと、水面の上に浮いているものがあります。
水面に浮いているものは文字通り水平なので降った雨が大きな水玉になります。
風や朝露ではできない雨上がりならではの光景。

2013072302.jpg
2013/7/23 14:34 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
300mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/400秒 -1.0EV) WB:4500K ISO:200 i-Finish

雨滴を湛える鹿の子百合。
艶やかな赤い反り返った花弁に雨上がりの陽射しが眩しい。
幸い下を向いて咲いていたので「しべ」が雨に打たれずに済みました。

2013072303.jpg
2013/7/23 14:41 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
300mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/1250秒 -0.7EV) WB:5000K ISO:200 ToyPhoto

蓮の花はもうほとんど残っていません。
残された花も強い雨に打たれて痛々しい姿です。
あともう一回開いたら散ってしまいそうな弱弱しさに心打たれます。

2013072304.jpg
2013/7/23 14:50 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
300mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/320秒 -1.0EV) WB:5000K ISO:200 i-Finish

水面から高く伸びた茎に付いた大きな葉はすり鉢状になって
雨滴を中央に集め、大きな水玉を作ります。
時々風に揺れては不規則に形を変え、葉の先端から落とすものも。
強い日差しがあると葉の中央から気泡が出るのですが、
今日は曇りがちでそこまでの現象は見られず。

2013072305.jpg
2013/7/23 14:57 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
300mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/250秒 -1.0EV) WB:4500K ISO:800 ToyPhoto

かなり強い雨だったので、多くの蜘蛛の巣が傷んでいました。
キラキラと虹色に輝く水滴が乾いたら、早速リフォーム。
逞しい生命力に感服します。

2013072306.jpg
2013/7/23 15:14 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
40mm相当 絞り優先AE(f/6.3 1/200秒 -0.7EV) WB:5000K ISO:200 ToyPhoto

本来こんなところにいるはずのないスワンボート。
強い風で流されたのか、それとも蓮を見に泳いできたのか...

雨上がりは美しい水滴と陽射しが織り成す光景に魅了されます。
滅多に出逢えないチャンスだけど、なんだか最近の雨は乱暴です。
地球温暖化だとか、ヒートアイランドだとか、ゲリラ豪雨だとか。
地球がおかしいわけじゃない。
みんな人間のせいなんだよね。


関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/693-e0c0aed0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)