かっぱのあしあと

シグマ DNレンズ 試写~その九 

DNレンズシリーズ第三弾は60mm F2.8です。
MFTでは120mm相当の望遠レンズになります。
Eマウントでは90mm相当、望遠というほどではないかな。

実際に使ってみると、300mmクラスのようなピンポイントで
切り取る感覚でもなく、かといって距離しだいでは
望遠レンズらしい圧縮効果や大きなボケ味も楽しめます。
どうしても距離が足りない場合にはE-M5の「デジタルテレコン」を
併用すれば240mm相当の画角を得られますし。

300mmクラスとの感覚の違いは、単焦点らしく
「一歩踏み込む」ことでも近付けることができます。
120mm相当でも望遠レンズらしい楽しみ方が分かってきた気がします。

2013061801.jpg
【画像クリックで拡大】2013/6/11 13:16 OLYMPUS E-M5 + SIGMA 60mm F2.8 DN
120mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/2500秒 -0.7EV) WB:5200K ISO:200 i-Finish

本来この場所では広角レンズでワイドマクロ的な撮り方をしたかったのですが、
手前の花までの距離が1mほど離れていたので望遠で背景を暈しました。
ピントの合ったところはシャープに、背景の花も柔らかく溶けてくれました。
EVFの視野でもE-M5の「プレビュー」機能を使うと
背景のボケ具合などがよく分かります。

2013061802.jpg
【画像クリックで拡大】2013/6/11 14:11 OLYMPUS E-M5 + SIGMA 60mm F2.8 DN
120mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 -0.7EV) WB:5300K ISO:200 i-Finish

そばかす模様の黄色いユリに恋する赤い百合。
黄色い花びらに紅が差してココアパウダーのような雄しべが揺れる。
コントラストが強めですっきりとした発色ながら、
真っ赤な花も色飽和しきらず踏みとどまってくれました。

2013061803.jpg
【画像クリックで拡大】2013/6/11 14:11 OLYMPUS E-M5 + SIGMA 60mm F2.8 DN
120mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/640秒 -0.7EV) WB:5200K ISO:200 i-Finish

様々な色が混じる一角を切り取るには120mm相当が最適です。
手前の花にピントを持ってくれば奥の花がしっかり暈けてくれます。
少し雨が降っていましたが、しっとりとした雰囲気も残します。
望遠レンズといっても非常にコンパクトで使用時に
全長が伸びたりしないのも軽快なハンドリングです。

2013061804.jpg
【画像クリックで拡大】2013/6/2 13:16 OLYMPUS E-M5 + SIGMA 60mm F2.8 DN
120mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/1000秒 -0.3EV) WB:5500K ISO:200 i-Finish

カメラの性能にもよりますが、手前の松葉や建物上部の構造など
非常に精緻な部分も見事なまでに解像しきってしまいます。
1600万画素のE-M5では完全にレンズが勝っているといえるでしょう。
特殊低分散レンズや非球面レンズの効果で望遠レンズにありがちな
滲みや色収差もほとんど感じられません。

2013061805.jpg
【画像クリックで拡大】2013/6/11 12:05 OLYMPUS E-M5 + SIGMA 60mm F2.8 DN
120mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/2000秒 -0.3EV) WB:5100K ISO:200 i-Finish

茶畑の重なる畝の向こうでひっそりと咲く紫陽花。
これは開放での撮影ですが、F9での撮影より手前を大きく
暈すことで見る人の視線を奥へ誘導しやすくなります。

2013061806.jpg
【画像クリックで拡大】2013/6/11 12:13 OLYMPUS E-M5 + SIGMA 60mm F2.8 DN
120mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/160秒 -2.0EV) WB:5000K ISO:200 i-Finish

江戸時代の庄屋屋敷の部屋を通して見える庭の灯篭。
暗い部屋の畳の重なり具合や光の差し込み方など微妙な明暗の
描写でも単焦点レンズならではのアドバンテージを感じました。

夜景や星景など暗い場所での本格的な撮影もしてみたいと思うのですが。
幸い手振れ補正機能を持たないこのレンズに対し、
オリンパスだけはボディ内手振れ補正を持つので有利です。
どのくらいまでブレずにきちんと撮れるのかも試したいと思います。


DNレンズの記事やレビューを書いているうちに、
同時に撮影したD600の画像が未着手。1300枚以上の画像をどうしようか。
そのままお蔵入りするのは勿体無いし、でも時期はずれの写真も見たくないですよね。


関連記事
スポンサーサイト

[edit]

はんべさん今晩は(^_^)

報道写真は生ものですが、風景写真に賞味期限は
ない様な気がします。
余裕が出来てネタがない時に是非見せて下さい。(^_^)

totoro #mQop/nM. | URL | 2013/06/19 00:06 * edit *

はんべさん、こんにちは。

シグマ試写シリーズ、興味深く拝見しています。

細部までしっかり解像しているのや暈けが綺麗に出ている
のなどなど・・・
フルは勿論、APS-Cよりも小型のセンサーでここまでの描写がでてくるのは正直驚きました!
センサー云々のつもりじゃないのですが・・・

はんべさんのテクニックなんでしょうね♪
其の五に掲載の亀と花の前暈け写真、ゆるゆるで好きです(*^_^*)

もう遅いかもしれませんが動体追従の写真が見てみたいです。
お時間空いていれば宜しくお願いしますm(__)m

あ、電車や飛行機でなくてもいいので(笑)

タケ #WO.8kER. | URL | 2013/06/19 11:06 * edit *

totoroさん ありがとうございます

> 余裕が出来てネタがない時に是非見せて下さい。(^_^)
そう言っていただけると大変嬉しいです。
できるだけ頑張ってアップさせていただきますね。

はんべ #- | URL | 2013/06/19 22:50 * edit *

タケさん ありがとうございます(^^)

> フルは勿論、APS-Cよりも小型のセンサーでここまでの描写がでてくるのは正直驚きました!
これまで単焦点レンズに距離を置いてきましたが、今回のレビューを通じて
その描写力や意外と使いやすいことが分かってきました。
ひょっとすると単焦点レンズ沼ってのもありかも(^^ゞ

> 其の五に掲載の亀と花の前暈け写真、ゆるゆるで好きです(*^_^*)
面白いものを見つけるととにかく撮っておきたくなります。
その場では大したことないかなと思っても、後から画像を見ると案外よかったりします。

> もう遅いかもしれませんが動体追従の写真が見てみたいです。
元々ミラーレスカメラ自体が動体向きではないのですが、
何とか動けるものを撮れないか考えてみますね。

はんべ #- | URL | 2013/06/19 22:59 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/674-d72e6c30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)