かっぱのあしあと

シグマ DNレンズ 試写~其の七 

今日からようやくGANREFに今回のレビュー特集のバナーがアップされました。
それに伴い、特集ページで5人のレビューワーの紹介、
各々の記事や作品を一覧できるようになりました。
まだ期間の半ば、あと2週間ほどあるとはいえ、
もう半分終わってしまったのかとやや焦り気味(^^ゞ

今日はお借りしている「SIGMA 19mm F2.8 DN」での作品を取り上げます。
このレンズはレビューを始める少し前から自分のものを使っていたので
使い勝手などは概ね把握していたものの、まだ実際の画角には
慣れる前に試用を開始した次第です。

2013061401.jpg
【画像クリックで拡大】2013/6/11 11:58 OLYMPUS E-M5 + SIGMA 19mm F2.8 DN
38mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/4000秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:200 i-Finish

広角気味のレンズはとにかく寄ることが必須です。
でないと、ただ漠然と広い景色を撮っただけになってしまいます。
MFTでF2.8というやや不利な条件でも、背景との距離を離せば
これぐらい大きく暈せるし、状況を残す雰囲気も上々です。

2013061402.jpg
【画像クリックで拡大】2013/6/11 10:18 OLYMPUS E-M5 + SIGMA 19mm F2.8 DN
38mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1600秒 -0.3EV) WB:5500K ISO:200 Natural

江戸時代から年輪を重ねた独特な風合いをかもす庄屋の蔵。
錆に覆われた重い鉄の扉、瓦と漆喰の芸術品でもある「なまこ壁」
全く異なる材質を見事に描ききる描写力に驚きます。
その描写力が画面の中心から周辺まで変わらないのもいいですね。

2013061403.jpg
【画像クリックで拡大】2013/6/11 10:12 OLYMPUS E-M5 + SIGMA 19mm F2.8 DN
38mm相当 絞り優先AE(f/5 1/800秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:200 Natural

ぱっと目の前の景色を見たときの印象をそのまま捉える38mm相当の画角。
遠近感も強調されすぎることもなく、とにかく自然な見え具合です。
APS-C用センサーをカバーするイメージサークルの周辺をいわば
「切り捨てる」形となるため、周辺減光もほとんど感じません。

2013061404.jpg
【画像クリックで拡大】2013/6/2 12:04 OLYMPUS E-M5 + SIGMA 19mm F2.8 DN
38mm相当 絞り優先AE(f/6.3 1/100秒 -1.0EV) WB:5000K ISO:200 i-Finish

巨大な浅間神社の三門の起伏に富んだ造りも立体感を損ないません。
細かい部分のお解像感は勿論、フラットな部分の質感も見事です。
発色は単焦点レンズらしいコントラストのはっきりとした
今風なくっきりとしたものですが、決してコッテリというほどではありません。

2013061405.jpg
【画像クリックで拡大】2013/6/11 14:06 OLYMPUS E-M5 + SIGMA 19mm F2.8 DN
38mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/500秒 -1.3EV) WB:5000K ISO:200 Vivid

小雨が降り始めた百合園の情景です。
しっとりと落ち着いた緑の中で、色鮮やかな百合の花が波を打つように
咲き揃ってずっと向こうまで続く奥行き感に感嘆します。
開放でもピントの位置を2mほど向こうに置けば、それほどボケボケには
ならずにゆったりとした見たままの雰囲気を残せます。


繰り返しますが、このレンズでも38mm相当です。
できればこれより更に広い画角の12~14mm程度のラインナップが欲しいところ。
ぜひシグマさんにはこのシリーズに加えていただきたいと思います。

次回は30mm F2.8での作品群になります。
GANREFでのレビューとブログの更新が交互に続いていますが、
だんだん記事や作品がごちゃごちゃになりかけています(^^ゞ
懲りずに気楽にお付き合い願います。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

おはようございます。ペンミニでズームを使用していた頃、慣れていなかった事もあり、しょっちゅう、35mm換算で今、何mmを使っているのかわからなくなりました。はんべさんの様なベテランはサブ機としての意味合いが強い機種ですから問題無いでしょうが、超初心者は、今回の様の単焦点で始めるのが良さそうな気がしています。話は変わりますが、一眼レフの単焦点レンズのラインナップからすると、f/1.4や1.8〜のイメージが強いのですが、何故2.8からなんでしょうね。個人的には2.8でも十分明るいと思えますし、ボディ内手振れ補正があるから?などと色々、考えながら拝見しました。

nanaga2 #mYbggkm6 | URL | 2013/06/15 06:44 * edit *

単焦点にハマりそう

昔はそれこそ50mm一本だけしか持っていないなんていう人も少なくなかったですね。
でも今はまずズームからです。
コンパクトなカメラに何本ものレンズを持つ歩くのは非効率かもしれませんが、GRのようなデジカメもメインストリームになりつつあるわけですから単焦点レンズは面白い選択肢ですね。
D600のレンズキットに24-85mmと50mmのランナップを設けたのも興味深いです。

F2.8にしたのはコストとコンパクトさを優先させたかったのでしょう。
もしF2以下で作ればここまで安くはならないし、そうなると純正に対抗できませんね。
しかしとにかく佳く写るレンズです。

はんべ #- | URL | 2013/06/15 21:57 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/672-d1446b54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)