かっぱのあしあと

海風の洋館を後に 

この「旧マッケンジー住宅」には愛称があります。
「HOMAM」という異名で、ダンカン氏がペガスス座ζ(ゼータ)星の
アラビア語名から名付けたとされています。
「HOMAM」とは勇者の幸運を意味し、ペガススの首に当たる星です。

ダンカン氏は天体観測が好きで、望楼からいつも星空を眺めていました。
今日でこそ、自宅の屋上などに天文ドームを持つ家もありますが、
この時代に観測用の部屋を持てるなんて羨ましい限りです。

2013052701.jpg
【画像クリックで拡大】2013/5/21 9:58 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 14-150mm F/4-5.6
34mm相当 絞り優先AE(f/4.1 1/60秒 +1.3EV) WB:4200K ISO:200 i-Finish

光が差し込んだり隠れたり、ちょっと移動するだけで変化する絶妙な光線。
窓の上にあるのは太いカーテンレールですが、長い棒でも使って
カーテンの開け閉めを行っていたのでしょうか。

2013052702.jpg
【画像クリックで拡大】2013/5/21 10:39 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 14-150mm F/4-5.6
28mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/80秒 -0.7EV) WB:4500K ISO:1250 i-Finish

一瞬油絵の世界に迷い込んだような独特な陰影を感じさせます。
壁の荒い質感や色合いを変えた色彩の組み合わせがとても興味深いです。

2013052703.jpg
【画像クリックで拡大】2013/5/21 10:21 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 9-18mm F/4-5.6
18mm相当 絞り優先AE(f/6.3 1/80秒 +0.7EV) WB:5300K ISO:200 i-Finish

今風に言えば「天体観測所」でもある望楼は、アーチ型の窓が
3つずつ並び四方の空を眺めることができます。
天文ファンにとっては、自前の観測施設を持つのは夢のまた夢。
今日では街明かりを避けての遠征が必要なので尚更です。

2013052704.jpg
【画像クリックで拡大】2013/5/21 10:31 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 9-18mm F/4-5.6
24mm相当 絞り優先AE(f/8.0 1/60秒 +1.7EV) WB:4500K ISO:1600 FantasicFocus

オーブンレンジの操作パネルを見ても、馴染みのない日本人には
さっぱり使い方が分かりません。
かろうじて「BAKE」とか「BROIL」などの表記が読めますが
実際の調理の仕方などはやはり日本とは大きく違うのでしょうね。

2013052705.jpg
【画像クリックで拡大】2013/5/21 10:44 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 14-150mm F/4-5.6
98mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/60秒 -1.0EV) WB:4500K ISO:1600 ToyPhoto

キッチンの入り口の壁で見かけた時計&温湿度計。
「MINNEAPOLIS-HONEYWELL CHRONOTHERM」と表記があります。
下部のレバーで温度を設定すると室温を保つサーモスタットのようです。
もちろん時計は止まっています。

2013052706.jpg
【画像クリックで拡大】2013/5/21 10:04 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 14-150mm F/4-5.6
28mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/400秒 +3.0EV) WB:4000K ISO:200 FantasicFocus

バスルームの窓からは駿河湾が眺められたようです(今は道路がある)。
素敵なブルーの窓枠が印象的でした。

静岡市にはこの旧マッケンジー邸と日本平にある「旧エンバーソン住宅」
ぐらいしか昭和初期から残る洋風の建物がありません。
静岡市は大戦末期に大空襲を受け、大勢の犠牲者とともに大切な史跡も失いました。
この旧マッケンジー住宅はわずかに残された貴重な財産です。

マッケンジー夫妻も終戦後再びこの地に戻ったほど静岡を愛されていました。
豊かな自然、長い歴史を育んでくれたこの故郷に感謝しながら後にしました。


関連記事
スポンサーサイト

[edit]

おはようございます。1枚目、素敵な切り取り方ですね。やはり、花撮影で見せて頂いている技の豊富さが、建物でも生かされていますね。望楼は、実際の使い方が良く分かりませんけれど、とても素敵なデザインです。夜に電気を消すと、星空が見えて素敵そうだなと思いました。時計をトイフォトで仕上げられたので、周辺光量を落として、懐かしさがたまりません。バスルームの窓も印象的でした。近未来の物の様でありながら、デザインは懐かしく、とても不思議な雰囲気が醸し出されています。

nanaga2 #mYbggkm6 | URL | 2013/05/28 06:36 * edit *

また行くつもりです

恐らく日本家屋ではここまでバリエーションを揃えられないと思います。
物珍しいからだけではない、見れば見るほど素晴らしいデザインに関心しきりでした。
望楼というのは、そもそも景色を眺めるものですが、ここでは星空目的です。
私も星好きなので、自宅の窓から楽しめるなんて羨ましいです。
DNレンズが来る前にあんまり撮ってしまうとネタがなくなりそうです(^^ゞ

はんべ #- | URL | 2013/05/28 20:20 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/661-2b7e772a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)