かっぱのあしあと

海風の洋館《後》 

私も普段は建造物の撮影はしません。
ただ、こういった洋館は日本家屋と様々な違いがあって好きです。
日本家屋は土間があり座敷へ上がると、頭のすぐ上に天井が迫ります。
太い柱や鴨居と土の壁がひんやりとした暗がりを作ります。
それはそれでいいのですが、洋館の明るさや暖かさとは違います。

この「旧マッケンジー住宅」も、玄関の扉から一つ一つの窓まで
シンプルながらよく練られたデザインでとても心地よいです。
天井が高く、部屋の空間の縦方向が長いので奥行き感もいいですね。

海のそばなので土台が腐らないようにとコンクリートで固め、
湿気で木材の狂いが出ないようにニカワで数種類の木を貼り合わせた
「集成材」を使いた、当時としては珍しい工法がふんだんです。
金属の部品も錆びにくい真鍮を多用し、それが年数を重ねて
いい感じに緑青を吹いていました。

ドアごとに異なる形状のノブ、それほど広い敷地でないにもかかわらず
空間の使い方、仕切り方が見事で実に快適なお住まいでした。

2013051501.jpg
【画像クリックで拡大】2013/5/14 11:17 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 14-150mm F/4-5.6
44mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/30秒 -1.3EV) WB:5300 ISO:1600 LightTone

今は奏でることができないピアノ。
「脚が弱っているので弾かないで」と書かれていたので下を見て
同じ黒でもこの艶の違いや見事な工芸に感心したショットです。

2013051502.jpg
【画像クリックで拡大】2013/5/14 11:50 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 14-150mm F/4-5.6
140mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/160秒 -0.7EV) WB:5300 ISO:1000 Natural

二階から階段を降りて来ると、目の高さにシャンデリアが。
薄いカーテンを透かす淡い光に浮かび上がると
かつてこの下で交わされた談笑が聞こえてきそうです。

2013051503.jpg
【画像クリックで拡大】2013/5/14 11:45 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 14-150mm F/4-5.6
134mm相当 絞り優先AE(f/5.4 1/800秒 +0.7EV) WB:5800 ISO:200 Natural

不思議な形をした4つの細長い窓。
下には小さな金属板の出っ張りが付いていて、どうやら通気口のようです。
この住宅のスチーム暖房ですが、温水タンクを天井裏に配して空間を確保しています。

2013051504.jpg
【画像クリックで拡大】2013/5/14 11:35 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 14-150mm F/4-5.6
28mm相当 絞り優先AE(f/5 1/80秒 +0.7EV) WB:5300 ISO:1250 FantasicFocus

ここは二つある来客用寝室のひとつ。
柔らかな陽光が注ぐ心地よい空間が素敵でした。
壁もベッドもみんな純白で、また余計な家具がないので
尚更すっきりとした空気を感じるのですね。

2013051505.jpg
【画像クリックで拡大】2013/5/14 11:38 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 14-150mm F/4-5.6
134mm相当 絞り優先AE(f/5.4 1/125秒 -1.3EV) WB:5800 ISO:800 ToyPhoto

洗面所はブルー一色に統一されています。
壁のタイルから洗面台、当時としては珍しい水洗洋式便器まで。
使われている蛇口なども独特な形状で、動物のようにも見えました。

2013051506.jpg
【画像クリックで拡大】2013/5/14 11:46 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 9-18mm F/4-5.6
18mm相当 絞り優先AE(f/5 1/200秒 +0.7EV) WB:5800 ISO:200 ToyPhoto

階段で2階から上がった最も高い場所にある望楼。
ダンカン・マッケンジー氏は天体観測が趣味で、ここから星を眺めたそうです。
駿河湾の上にかかる真夏の天の川に思いを馳せていたのかも知れません。

このような建物の、特に内部を撮影していると光の捉え方、
陰影・階調の美しさを学ぶのに格好の素材です。
こういった洋館は、その意味でも日本家屋にない魅力を感じます。
この時はあまり時間をかけられなかったので、
できればまた近いうちにゆっくりと訪れてみたいと思っています。


関連記事
スポンサーサイト

[edit]

おはようございます。良く調べられていますね〜。大変に見応えが有りました。今回は、細部を集められたお写真群でしたが、それぞれ何処に着目したのか、明確で、とても親切です。ピアノのエピソードは、ちょっと驚きました。
家を建てるなら、こういう歴史的建造物を真似てなんて、昔は夢を抱いていましたが、段々と大人になるにつれ、現実と向き合う事になります(笑)

nanaga2 #mYbggkm6 | URL | 2013/05/16 05:40 * edit *

昭和は遠くなりにけり

私自身、木造校舎で過ごした最後の世代なので、こういった木造の建物はとても好きです。
でも空襲、バブル、耐震化と保存にかかるコストの削減で次々と昭和のいいものが失われていきます。
新しい道路や橋を造るのもいいけど、このような貴重な遺産は残して欲しいですね。

はんべ #- | URL | 2013/05/16 21:23 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/653-3f098595
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)