かっぱのあしあと

ヲトメとミツバ 

前回も触れましたが、「道の駅なるさわ」と国道との間には
溶岩樹形とそこに生息する自然を楽しめる散策路があります。
富士山麓で寒さや養分の少ない土壌で力強く活きる
「フジザクラ」ことマメザクラはその一種です。
また同じようにやせた土地でも育つ「ミツバツツジ」も見られます。

2013041101.jpg
【画像クリックで拡大】 2013/4/9 13:15 Nikon D600 + Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD
155mm 絞り優先AE(f/4.8 1/100秒 -2.0EV) WB:4500 ISO:200

この一帯は富士山の噴火による溶岩流で一旦樹木が焼かれてしまいました。
その後冷えて固まった溶岩の上にはほとんど土がなく植物が育ちません。
最初にコケ類が定着し、次第に針葉樹に覆われてゆきます。
この散策路も赤松などが日差しを遮り、その下でミツバツツジが自生します。

2013041102.jpg
【画像クリックで拡大】 2013/4/9 13:23 Nikon D600 + Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD
260mm 絞り優先AE(f/5.6 1/250秒 -2.0EV) WB:4500 ISO:200

桜の開花が早いので既にツツジも咲いているかと思いましたが、
園内で開いている花は数輪しかありませんでした。
もう一週間ほど経つと賑やかな眺めになるでしょう。
独特な枝振りが好きで、上手く捉えるととても美しい曲線です。

2013041103.jpg
【画像クリックで拡大】 2013/4/9 13:06 Nikon D600 + Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD
300mm 絞り優先AE(f/5.6 1/200秒 -1.7EV) WB:4500 ISO:200

フジザクラも開花数はかなり少なめでした。
まだこれから咲くのか、それとも終わりかけなのかは分かりませんが、
かえって少ない花数は控えめなフジザクラらしくて美しいです。
下をうつむいて咲くので「乙女桜」とも呼ばれます。

2013041104.jpg
【画像クリックで拡大】 2013/4/9 13:37 Nikon D600 + Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD
300mm 絞り優先AE(f/5.6 1/400秒 -1.0EV) WB:4500 ISO:200

花の直径はわずか15mmほどしかなく、薄い花びらを透過する光が綺麗でした。
賑やかに沢山咲く染井吉野や色の濃い河津桜のような華やかさは無い代わりに
この可憐な姿は日本の桜らしい趣を感じさせました。
もっと寄ってマクロで撮りたかったけど、風が強くて断念です。

2013041105.jpg
【画像クリックで拡大】 2013/4/9 12:38 Nikon D600 + Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD
300mm 絞り優先AE(f/5.6 1/100秒 -1.3EV) WB:4500 ISO:200

こちらは河口湖畔に咲くフジザクラですが、誰も見向きもしてくれません。
富士山と一緒でないと関心も寄せてもらえないのかな、
なんて思っていたら、どこかのカメラ女子がマクロでカメラを向けてくれました。

次に出かけられるのは来週火曜日。
忍野辺りがまだ蕾らしいけど今度こそ最後になるのかな。
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

今晩は

奈良の桜アップしました。
はんべさんと比べると観光写真撮ってきたなと
思いました。(^^;

明日は、ミツマタの群生地で花と運がよければ
カタクリの花を撮って来ます。

機材を揃えても腕は付いてきませんね。(^^;

totoro #mQop/nM. | URL | 2013/04/12 22:49 * edit *

totoroさん こんにちわ

立て続けに素敵な撮影行羨ましいですね。
寒暖激しいので体調には気を付けて頑張ってきてください。

はんべ #- | URL | 2013/04/13 08:09 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/625-032ddd97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)