かっぱのあしあと

春が弾けるまで 

身延山久遠寺界隈での作品が続きます。
春を「Sprig」と呼ぶようになった由来には色々あるそうですが、
花々が弾けるように咲き出すからだという人もいます。
久遠寺で見た枝垂れ桜の蕾は、今にも弾けそうに
花びらの色が見えかけているものが多かったです。

2013031801.jpg
【画像クリックで拡大】 2013/3/17 9:23 Nikon D600 + AF-S VR 70-200mm F/2.8 Ⅱ
145mm 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 -1.0EV) WB:4200K ISO:100

本堂下の大きな駐車場の脇にあるコブシも開花が楽しみです。
まだ全体が蕾ですが、産毛をまとう蕾も光を浴びて美しく輝きます。
エレベーターで昇る途中には周辺の宿坊などの回りにある
枝垂れ桜が次第に赤みを帯びているのが分かります。
恐らく10日ほど後には周囲が春色に染まることでしょう。

2013031802.jpg
【画像クリックで拡大】 2013/3/17 8:47 Nikon D600 + AF-S VR 70-200mm F/2.8 Ⅱ
200mm 絞り優先AE(f/2.8 1/400秒 -0.3EV) WB:4500K ISO:200

境内で咲いたいた寒桜は一部の花びらが落ち始めています。
それでもまだ枝垂れ桜が咲いていない境内ではとても目立ちます。
白梅とともに一足お先の色合が目を楽しませてくれました。

2013031803.jpg
【画像クリックで拡大】 2013/3/17 9:31 Nikon D600 + AF-S VR 70-200mm F/2.8 Ⅱ
200mm 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 -1.0EV) WB:4200K ISO:100

宿坊のある辺りは比較的日当たりがいいので、一部の桜の蕾が緩んでいます。
蕾の先を割って赤い花びらが飛び出そうとしています。
昨年来たときにたくさんあった梅木の多くがせん定されていました。

2013031804.jpg
【画像クリックで拡大】 2013/3/17 9:36 Nikon D600 + AF-S VR 70-200mm F/2.8 Ⅱ
102mm 絞り優先AE(f/2.8 1/400秒 -1.0EV) WB:4200K ISO:100

久遠寺周辺にも枝垂れ桜の古木が非常に多く、これらが一気に咲くと壮観です。
ソメイヨシノと違って枝垂れ桜は独特の色彩と形態が美しいです。
昼間でも綺麗ですが、小雨が煙るような天気や月明かりの下でも
見てみたい気がします。

2013031805.jpg
【画像クリックで拡大】 2013/3/17 8:34 Nikon D600 + AF-S 24-70mm F/2.8
24mm 絞り優先AE(f/2.8 1/2000秒 -1.0EV) WB:4500K ISO:200

境内には数本の白梅の大木があり、朝日を浴びて輝く姿は目を引きます。
本堂に近い方の木は終わりかけていましたが、反対側のは
蕾がないもののまだ痛んだ花が少なくて見応えがあります。

2013031806.jpg
【画像クリックで拡大】 2013/3/17 10:08 Nikon D600 + AF-S VR 70-200mm F/2.8 Ⅱ
200mm 絞り優先AE(f/2.8 1/125秒 -0.7EV) WB:4200K ISO:100

今日は春の嵐で防風雨の夜です。
明日は一転して夏のような陽気になる予報。
桜の開花もかなり進みそうです。
久遠寺の枝垂れ桜はこの分では今週末に5~8分咲きになるかも。
来週火曜日の26日に本番撮影を考えています。
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

はんべさん今晩は

はんべさんが写真に付けてくださるデータは本当に有難く参考にさせていただいてます。
そして凄いと思うのはホワイトバランスはケルビン設定なのですね。
私はオートは流石に使いませんが、晴天、晴天日陰、曇りの3種類しか使った事は
ありません。

SRGBで14ビットRAW撮りで、CPーNX2で処理してJEPGに現像しています
のでホワイトバランスはケルビンで設定可能なのでこんどやってみます。

後、はんべさん紹介のHDRソフトは購入して楽しく遊んでます。(^_^)

totoro #mQop/nM. | URL | 2013/03/19 02:03 * edit *

totoroさん こんばんわ

この久遠寺の時はカメラ側で4500Kに設定しながら撮影しました。
晴れていたのですが、撮影する対象の光の当たり具合が
日陰だったり日向だったりと変わるので固定しました。

さらにRAW現像時にCaptureNX2で微調整しています。
また明るさやコントラストなどもレタッチしているので、
撮影情報のままではこの画像になりません。

また私も面倒なときはWBをAUTOで撮影し、
RAW現像時に変えることもよくあります。
E-M5ではアートフィルターも現像時にかけて撮影時は使いません。
大きなPCの画面で見ながら処方した方が結果も良かったりします。

柔らかい光での撮影画像に4500K程度に青味を加えると
透明感が増して梅や桜がスッキリした感じになります。

はんべ #jsBW8FAg | URL | 2013/03/19 19:53 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/606-e82475be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)