かっぱのあしあと

Pen Lite(E-PL1)レビュー その1 

これまではニコンD300(D700に代替)をメインに、
歩いたりして荷物を減らしたい時にはニコンD90、
普段の持ち歩きなどにリコーのCX2を愛用してきました。

しかし徒歩や自転車などで移動しながら手軽に撮影したい場合、
CX2ではいささか画質に難があります。
センサーサイズの小さなコンパクトデジカメなので致し方ないとはいえ、
せっかく出かけたのですから高画質で撮りたいもの。
そのためD90より軽量コンパクトで、CX2よりも高画質なカメラを物色していました。

そんな最中にマイクロフォーサーズが発売され、最有力候補になったのです。
早速LUMIX G1を店頭に見に行きましたが、イマイチ印象がよくない。
見やすいEFV(電子ファインダー)やバリアングルモニター(可動液晶モニター)に
思いのほか実用的なオートフォーカスと理想に近い内容でした。
でもやや中途半端な丸っこいデザインと、奇抜なカラバリに萎えてしまいます。

しばらく経って、かねてから話題になっていたオリンパス・ペンのデジタル版が登場します。
ボディのデザインも質感も高いのですが、今度はEVFがなくモニターを見ながらの操作は
「でかいだけのコンデジ」というネガティブな印象しかありませんでした。
そして待望のEVFが使えるE-P2が発売されたものの、その価格の高さに腰が引けます。

リコーからはレンズとセンサーをセットにして交換できるGXRが出ました。
外付けのEVFが使え本体も比較的コンパクトでなかなか魅力的です。
しかし近日発売される予定の高倍率ズームユニットはCX3の光学系と変わりません。
これならわざわざCX2から買い換える必要もないのです。

そして3月に入りオリンパスからペンシリーズの弟分ともいえるE-PL1が発売されました。
当初は店頭での安っぽい印象から見送るつもりでしたが、
桜が咲き出す時期を間近に控え他の機種(噂されるニコンのミラーレス機など)を待ちきれません。
散々迷った挙句E-PL1のダブルズームキットを購入しました。

持ち歩く際には自転車での移動も考え、普段使っているメッセンジャーバッグ
(クランプラー・バーニー・ラッセル・ブランケット)にハクバのクッションボックスを入れ、
それにカメラなどを収めます。
もちろん外付けのEVF(VF-2)も購入。
これが欲しくてE-PL1にしたようなものですからね。
そのほか、液晶保護フィルムやPLフィルター(マルミ光機)などを一緒に購入。

当初懸念していたボックスとのマッチングは問題なし。
標準ズームにEVFを付けたままでそのまま丁度入ります。
望遠ズームレンズとフィルターなどを収めてバッグにすっきり入りました。
これに加えてちょっとした食べ物やボトルなども入って使い勝手はよさそうです。
Pen Lite持ち歩きセット

市内の「蓮華寺池公園」へテスト撮影に出かけたのが3月28日。
寒い日が続いたのでまだ桜は5分咲き程度。
天候もよくなかったのであくまでテストで持ち帰った画像を見てびっくり!


                      つづく...



関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/6-9ecd023e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)