かっぱのあしあと

春咲小紅:マクロ編 

ひとしきり朝日を浴びた河津桜を撮り終えて、
一服した後はマクロレンズオンリーで再び並木を歩きました。
木によっては顔の位置近くに花があるものも多く、
比較的マクロ撮影もしやすいと言えます。

2013030801.jpg
【画像クリックで拡大】 2013/3/5 8:44 Nikon D4 + AF-S VR 105mm F/2.8 Micro
105mm 絞り優先AE(f/3.2 1/2500秒 +0.0EV) WB:4500K ISO:200

桜は咲き始めが最も色も濃く美しいとされています。
咲いた後は、日に日に色が褪せていきやがて散り始めます。
ちょっと蕾が混じっているくらいの7分咲き辺りがベストです。
ただでさえ鮮やかな河津桜が、この日は素晴らしい色合でした。

2013030802.jpg
【画像クリックで拡大】 2013/3/5 8:27 Nikon D4 + AF-S VR 105mm F/2.8 Micro
105mm 絞り優先AE(f/4.8 1/1000秒 -0.3EV) WB:4500K ISO:200

開ききった花ではなく、蕾から花が膨らみ始めた花を探して歩きました。
丸い器のような花びらの奥に、黄色い雄しべが並ぶ姿が可愛らしい。
この頃はまだうつむき加減なのも可憐な印象を受けます。

2013030803.jpg
【画像クリックで拡大】 2013/3/5 8:33 Nikon D4 + AF-S VR 105mm F/2.8 Micro
105mm 絞り優先AE(f/4.8 1/500秒 +0.0EV) WB:4500K ISO:200

大きく開いた花が柔らかな光を受ける姿も美しいです。
直射日光が当たる場所は見た目にも鮮やかなのですが、
陰影が強く出すぎてしまうので、木陰にある花や
時々薄い雲が日差しを遮るときに狙うのがマクロの王道です。

2013030804.jpg
【画像クリックで拡大】 2013/3/5 8:50 Nikon D4 + AF-S VR 105mm F/2.8 Micro
105mm 絞り優先AE(f/4.0 1/400秒 +0.0EV) WB:4500K ISO:200

このニコンの105mmマクロは、60mmに比べ彩度・コントラストが高めで
ややくっきりとした鮮やかな描写が特徴です。
いわゆる中望遠なのでワーキングディスタンスを稼ぎやすい、
その代わり60mmほど被写体に近づきにくいので撮り方が異なります。
手振れ補正内蔵ですが、至近距離では効果が薄れるので
しっかりとしたホールディングが必要なのは60mmと変わりません。

2013030805.jpg
【画像クリックで拡大】 2013/3/5 9:12 Nikon D4 + AF-S VR 105mm F/2.8 Micro
105mm 絞り優先AE(f/3.5 1/1600秒 +0.0EV) WB:4500K ISO:200

「しっかりとしたホールディング」にはある程度の重さも効果的です。
ここであえて重いD4を使ったのも、軽いD600より安定させやすいためです。
それにしてもやはりD4は使うほどに「気持ちのいいカメラ」です。
シャッターの感触一つをとってもD600やD700とは別物です。
ついショット数が増えてしまうのもこんなところがあります。

さて太陽が高くなってくると、本格的に暖かくなりました。
ちょっと汗ばむほどの陽気で誘われた小鳥の賑やかな声が聞こえます。
今度は望遠で野鳥や桜の撮影に切り替えました。
明日も続きます。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

コントラスト

はんべさん、こんばんわ。

マクロレンズでの写真。
105mmは、60mmよりコントラストが高めなのですね。
自分は、コントラストの高い写真が個人的に好きなので、
RAW画像からの現像の時も、
自分でViewNX2でいじったりしています。

う~ん、60mmマクロも良い仕事してくれるので、
助かっているのですが、むむむ!でした。

kenek #auNsPbtE | URL | 2013/03/09 22:43 * edit *

マクロもいろいろですね

マクロレンズは一般にふんわりとした柔らかな描写が好まれます。
タムロンの90mmはその代表格で、標準に据えられるレンズです。
ニコンでは60mmがその傾向にあり、105mmはどちらかというと
高めの彩度やコントラストでくっきり見せるタイプです。
コントラストが高いと背景のボケが硬い印象になったり、
原色系の花などではややくどい発色になりがちです。
今回の河津桜の場合被写体までの距離が近づけないケースも
あるため中望遠の105mmを使いました。
60mmの場合はコンデジのように近づける楽しみがありますね。
いずれにしろマニュアルフォーカス&フード無しが鉄則。
万華鏡のような世界が楽しいレンズです。

はんべ #jsBW8FAg | URL | 2013/03/10 00:11 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/599-8e9dbfb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)