かっぱのあしあと

零下の自習 

昨晩から今朝にかけては晴天予報だったので、帰宅後すぐに支度をして
GANREFワークショップの宿題のために出かけました。
まだ着いたばかりの「ポラリエ」は未使用だけど、
ワークショップでの説明などで何とかなるかな。
でも暗闇でのセッティングや稼動は不安があります。

冬の星座が西空へ沈まないうちにと東名高速を急いで山中湖東岸へ走りました。
この日はこの場所でダイヤモンド富士まつりが行われ、
花火の打ち上げなどもあって大変賑わったと思います。
しかし現地に着いた午後11時ごろは人影もほとんどなく、
それでも雪原に残された無数の足跡だけが「まつり」の名残を感じさせました。

予報では氷点下16度ということでしたが、この時間の気温は車載気温計でマイナス8度。
幸い風もあまり無く、先日のワークショップ並みの防寒装備でしのげました。
既に富士山の上でオリオン座などの冬の星座たちが西空に傾いています。
急いでポラリエをセッティングしようとするのですが、
やはり慣れない機器を真っ暗な夜に使うのは至難の技です。

覗き穴があって、その視界に北極星を入れれば極軸のセッティングはOK。
のはずなのに、穴の周りも真っ暗だし頻繁に北極星を見失います。
そこで右目で直に北極星を見ながら、左目で穴を覗くとうまくいきました。
また本体と雲台の接触面積が狭い上に滑り止め的な処理も無いため
カメラのバランスが悪いと本体ごと動いてしまいがちです。
雲台との取り付けは相当強く締め付ける必要があります。

2013021701.jpg
【画像クリックで拡大】 

オプションのポーラーメーターを併用しました。
ただコンパスでは地磁気の誤差、水準器も精度がなかなか出せません。
一応ポーラーメーターで大方合わせてから覗き穴を使いました。

2013021702.jpg
【画像クリックで拡大】 2013/2/17 0:18 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 9-18mm F/4-5.6
18mm相当 マニュアル露出(F/4 40秒) WB:AUTO ISO:1600 Natural

ここ平野は見通しがよく富士山にも近いので大変見栄えがします。
ただし昨年できたホテルの真っ赤な照明が点くようになりました。
世界遺産に登録されたら景観保護のために消してくれないかなぁ。
もっとも数年前から急増する中○人資本の中○人目当てのホテルなので
世界遺産にでもなれば尚更無理だろうな。

2013021703.jpg
【画像クリックで拡大】 2013/2/16 23:40 Nikon D600 + AF-S VR 16-35mm F/4
16mm マニュアル露出(f/4 40秒) WB:AUTO ISO:1600 ソフトフィルター

一時間半ほど撮影を楽しんだ後、朝日を待つことなく富士山麓を半周します。
朝霧高原の「ふもとっぱら」から、今度は東の空に昇る夏の星座を狙います。
土曜日の夜なのですが、幸いキャンパーはおらず撮影中の人もいません。

2013021704.jpg
【画像クリックで拡大】 2013/2/17 4:30 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 9-18mm F/4-5.6
18mm相当 マニュアル露出(F/4 30秒) WB:4000K ISO:1600 Natural

しかしこちらでは氷点下7度に加え猛烈な風が襲いました。
時にはカメラごと三脚が倒れるのではないかと思えるほどで、
やはり数カットはぶれて写ってしまいました。
池の水面も激しく波立ち、逆さ富士どころではありません。

2013021705.jpg
【画像クリックで拡大】 2013/2/16 3:40 Nikon D600 + AF-S VR 16-35mm F/4
16mm マニュアル露出(f/4 42秒) WB:AUTO ISO:1600 ソフトフィルター

かろうじて薄明の直前に富士山の上に夏の銀河も昇ってきました。
しかし光害のせいかあまりよく写りません。
その上園内の照明で木々や小屋なども明るく照らされてしまいます。
とはいえ立木に葉がない今の内でないと撮れない光景です。

2013021706.jpg
【画像クリックで拡大】 2013/2/17 5:02 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 9-18mm F/4-5.6
18mm相当 マニュアル露出(F/4 30秒) WB:4000K ISO:1600 Natural

今回は急に予定した星景撮影だったとはいえ、何とかそれらしい作品は残せました。
来月27日の「宿題」締め切りまでにできるだけ沢山の写真を撮って
講評会に出品できる作品を選びたいと思います。
とはいえまだまだ準備不足やポラリエの習熟も足りないので、
晴れる夜はできるだけ撮影に出かけられるようにしたいと思います。

それにしてもD600は30秒までしかシャッター速度を設定できません。
バルブ撮影時にはD4用のようなシャッター速度設定の可能な
リモートケーブルもありません。
星景撮影には是非欲しいので、エツミのリモートケーブルを入手するしかありません。
またポラリエ本体のバッテリーも単3型エネループでは不安なので、
モバイルブースターを入手することになるかも知れません。
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

流れる星

こんばんわ。

D600。30秒までしか...
ということは、良く目にする、
星が円を描く様に線上に写る写真は、
そのままでは、無理なんでしょうか?
(シャッターを何時間も空けておくとか)

なんだか、何時も質問ばかりで恐縮です。

kenek #auNsPbtE | URL | 2013/02/17 22:43 * edit *

こんばんは

ほんとに貴重なお写真をありがとうございます!
星景写真にご本人(はんべさんですよね^^)が写ってらっしゃるというのは
とてもおもしろい表現方法だと思います。
E=M5のシャッターが開いている間は
「動かへんで!動いたらアカンで~!ふるえてもだめだよ」
とおっしゃっている背中なのかな?と思うと
ありがたくて(涙)
楽しんで拝見させて頂いて良いのでしょうか?
というぐらい楽しませていただきました!

寒い中の撮影おつかれさまでした。風がきついと温度以上に寒いですよね。たいへん勉強させていただきました。
ありがとうございます!

手打ちそば蕎友館 井出明久 #- | URL | 2013/02/17 23:01 * edit *

バルブにすれば

シャッター速度の設定ですが、30秒を超えるとバルブになります。
バルブは(リモートケーブルで)シャッターを押しっぱなしにします。
リモートケーブルにはロックが付いているのでロックしておけば
あとは時計を見ながら時間が来たときにロックを解除するだけです。
ただ、暗闇では時計の秒針が見えないので困りますね。
そこでエツミのタイマーリモートスイッチN3が必要です。

円弧を描く写真は、長時間開けっ放しにする場合もありますが、
大抵は数十秒露出の画像をPhotoshopなどで「比較明合成」
することで短い軌跡をつなげています。
そうしないと明るい部分が飛んでしまいます。
個人的にはあのような日周運動の写真は好きでないので
高感度撮影または赤道儀追尾で星を止めます。

はんべ #jsBW8FAg | URL | 2013/02/17 23:02 * edit *

朝霧高原寒かった(*_*)

このアイデアは、飯島先生によるワークショップのレポートを参考にしました。
http://ganref.jp/m/y_iijima/reviews_and_diaries/diary/5709
下の方でブレブレで写っているのが私です。

そこで今回も、セルフタイマーと長秒露出で記念撮影しました。
山中湖の時はそれほどぶれていませんが、ふもとっぱらでは凄い強風でじっとしていられませんでした。
上の枝先もブレまくっていますよね。

それぞれの画像を比べていただければ、ソフトフィルターの効果もお分かりになると思います。
明るい星が滲んで大きく写るのと、そのおかげで色がカラフルに表現されます。

はんべ #jsBW8FAg | URL | 2013/02/17 23:17 * edit *

コメントは、「初めまして」でしょうか。
いつも感動しながらお写真を拝見しております。
ありがとうございます。
こんな・・  透き通るような写真を撮ってみたいです。  
私の、空白の基礎の部分を、もう少し勉強して埋めなければと
思いつつ、随分時が経ってしまったような気がします。。

またお邪魔させてください。

ネイビーmini #- | URL | 2013/02/19 10:45 * edit *

ネイビーminiさん こんにちわ

写真は撮る人、見る人それぞれの感性があるので
一概にどれが正しいとは言えない世界ですよね。
もちろん基本は必要だけど、いかにそこから自分らしさを見つけて
他人の撮らない写真が撮れるようになれるかは大変難しいです。
私も多くの方々の作品を拝見しながら精進の毎日です。

はんべ #jsBW8FAg | URL | 2013/02/19 14:28 * edit *

星座 わかります。

こんばんは、はんべさん。

「三省堂世界星座早見」買いました。
楽しく勉強しています。
星座名の前、分かるようになりました。

平野からの写真、オリオン座と冬の大三角、ハッキリ見えます。
まるで早見盤の様ですネ。
私の広角端は28mmなので、こんな広くは写せません。
明るい超広角レンズが欲しいぃぃぃ!
でも、先ずはソフトンAを買います。

朝霧高原からの銀河の上にある明るい星は、ベガですか?
このあと、夏の大三角は見えましたか?

最後の写真の北斗七星もよく見えます。

星座が分かると、楽しさ倍増ですネ!

早見盤を見ながら、次はいつ何処へ行って、どの星座を撮ろうか
楽しく妄想しています(笑)。

TartarSteak #- | URL | 2013/02/24 22:24 * edit *

星座早見楽しいです(^^♪

私もワークショップで貰った星座早見を手許と車内に置いています。
夜露でダメになったら三省堂のを買うことにします。
超広角で撮る星空は格別ですよ。
撮影時の感激を何倍にも増幅して記録してくれます。
ふもとっぱらでの写真ですが、左上のはヴェガですね。
右の木立の隙間に赤いアルタイルが見えています。
大三角が昇る前に薄明を迎えてしまったので、
できれば来月の月明かりの無いときに再チャレンジしたいです。
うまくいけば夏の銀河も写りそうです。

はんべ #jsBW8FAg | URL | 2013/02/24 22:48 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/586-655988cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)