かっぱのあしあと

美味しい方のトースト 

1月31日から2月3日まで、国内最大の映像機器展示会
「CP+ 2013」がパシフィコ横浜で開催されています。
勿論私は横浜まで行く時間もないので、
ネット上の記事を眺めながら指を咥えています^_^;

昨年はニコンのD4やD800などのフルサイズデジイチの登場、
富士フィルムやオリンパスの高級ミラーレス一眼、
キヤノンやシグマの大型センサーコンパクトデジカメなど
やや高級志向の強い展示内容でした。

一方で今年はそういった大きな展示はなく
コンパクトデジカメを中心とした小物などの展示が
多くを占めているようでやや盛り上がりに欠けます。

そんな中で、撮影周辺機器の一つでもあるポータブル赤道儀で
面白そうな新機種が登場しています。
TOAST-TECNOLOGY社の「Toast-Pro Delicious」です。
高性能、高級モバイル赤道儀として人気のToast-Proをベースに、
より使いやすく、より多機能になりました。

2013020201.jpg
【画像クリックで拡大】

新たに2.4型液晶モニターを装備し、また北極星を使わなくても
極軸合わせ(カメラの回転軸と地軸を平行にする作業)が可能になり、
微速度撮影(タイムラプス撮影)時には回転ステージとしても利用可能など
目新しい機能も大変魅力的です。

しかし冷静になってみると、極軸合わせ機能はともかくその他の機能は
私にとってどうしても必要かというと微妙です。
従来のToast-Proにも、新製品のタイムラプスアダプター(Dish-25)
を使えば同様に自動パンやチルティングが可能です。
ただ赤道儀と三脚の間に据えて微妙に極軸合わせの調整ができる
新型微動架台「Dish-2」は欲しい気がしますけどね。

もっとも、現段階ではToast-Pro Deliciousの発売時期や販売価格も未定です。
噂では現有のToast-Proの1.5~2倍程度にもなると言われています。
そうなると、赤道儀にそこまでのコストはかけられません。
近日参加予定のGANREFワークショップにTOAST-TECNOLOGYから
担当者が参加されるので、詳しい内容などが聞けそうですし
ひょっとしてその時に「美味しい方のトースト」が見られるかも?

*ちなみに「Toast」と言う名は、従来大きくかさばっていた赤道儀を
 食べるトーストのように薄くデザインしたことから命名されたそうです。

さて今だに決まらないポータブル赤道儀ですが、とりあえず
ワークショップで現物を触りながら考えたいと思います。
またフルサイズ用の明るい超広角レンズも物色中で、
星景専用ならマニュアルフォーカスレンズでもOKなため
中古も含めてじっくり探すことにしています。


ところで週間天気予報での2月9日は...
ウェザーニューズは曇り、tenki.jpは晴れベース。
さてどうなることやら。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/573-d1c8a04f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)