かっぱのあしあと

三元は大か小か 

一眼レフ交換レンズには、「大三元」という言葉があります。
いわゆる「F値=2.8通し」の大口径高級ズームレンズのことです。
ニコンで言えば「14-24mm」「24-70mm」「70-200mm」があります。
同じくキヤノンでも「16-35mm」「24-70mm」「70-200mm」があります。

メーカーの威信を賭けた最高画質のズームレンズであり、
そのために特殊ガラスや特殊なコーティングも使われます。
価格も段違いで、さすがにその画質は文句のつけようがありません。
私もニコンでは「24-70mm」「70-200mm」」のf/2.8レンズを愛用しています。
とても私にはその実力を出し切れないほどの高画質です。

一方で「小三元」と呼ばれるレンズもあります。
「F値=4通し」のラインナップで、キヤノンがいち早く揃えています。
キヤノンの「17-40mm」「24-105mm」「70-200mm」がその小三元です。
大三元よりコンパクトで軽く、価格も手ごろで機動性に富みます。
それでいて画質も良く、大三元では持ち歩きが大変だという層には人気です。

ニコンにもF4通しレンズがあります。
「16-35mm」と「24-120mm」がそれです。
強力な手ぶれ補正やナノクリスタルコートをおごっています。
しかしこれまで望遠ズームレンズがありませんでした。
そして今日、ついに待望の小三元が完成しました。

2012102401.jpg
「AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR」(希望小売価格199500円)~三脚座は別売り

こちらもナノクリスタルコートや手ぶれ補正を備えます。
その手ぶれ補正もニコンでは初の5段分を補正します。
最短撮影距離が1mと短く、最大撮影倍率も0.28倍と優れています。
外径78mmx長さ178.5mmで重さは850g。

ちなみに大三元の方は外形87mmx長さ205.5mmで重さは1540gです。
特に重さは690gも軽く、まさにD600にもぴったりです。
また撮影倍率もf/2.8では0.12倍と低いので、大きく撮れる点でも有利です。
予約を受け付けるショップでの販売価格はおよそ15万円台後半。
まだちょっと高めですが、しばらく経てば12万円台くらいまで落ち着くでしょう。

キヤノンの「EF 70-200mm F4L IS USM」は最短撮影距離が1.2mで
撮影倍率は0.21倍、外径76mmx長さ172mmで重さが760gです。
ニコンの方がやや重いものの、ナノクリや発売年月の新しさ(キヤノンは2006年)
などから考えても価格差や重量差は埋め合わせられる範囲でしょう。

2012102402.jpg

ではD600のために導入すべきか?
今のところはその予定は考えていません。
D600用にはタムロンの「SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD」を使っています。
望遠端の焦点距離が200mmと300mmでは距離のある被写体には差が現れます。
タムロンのレンズの場合、最短撮影距離は1.5mで撮影倍率は0.25倍、
外径は若干大きいものの長さは36mmほども短くなります。

ボケなどの描写力ですが、200mmf/4と300mmf/5.6では大差ないのではと思われます。
恐らく逆光特性など基本的な画質はニコンの方が優れているでしょう。
しかしフルサイズに200mmはもはや望遠と呼ぶにはちょっと物足りないことがあります。
f/2.8ならテレコンで400mmf/5.6として使えますが、f/4ではf/8になって暗いです。
かねてからリニューアルの要望の高い80-400mmなら使う気にもなれますが
70-200mm f/2.8に追加してまで導入するのはためらわれます。

ただし一方で気になることがあります。
それは近い将来、赤道儀にD600を載せて星雲などの追尾撮影を行う場合です。
180~200mm程度の比較的明るい望遠レンズが欲しくなります。
大三元でもいいのですが、レンズとカメラで2.4kgにもなり
それなりに赤道儀にも負荷がかかるでしょう。
星野専用なのでAFも手ぶれ補正も要らないので、中古でも探そうかと思います。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

こんにちは

いつも楽しく拝見させていただいております。
先日の田貫湖の見事な星空のお写真もありがとうございます。
本日も大三元 小三元とはそういう意味だったのですね
勉強になりました。

初心者の私も生意気にフルサイズへ・・・
なんて考えているのですが
選択はすごく難しく そして楽しいです(笑)
非常に興味があるのが ニコンにはDレンズとGレンズがあるそうで
レンズ側でも絞りが設定できるDレンズとはすごいじゃん?(笑)
レンズとボディーと両方で被写界深度をより細かく設定できるなら・・・
D600とAF Zoom-nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF
のコンビなんて
とても面白いのだろうなぁ~なんてカタログを見て想像しております。
これからも楽しみに勉強させていただきま~す。

手打ちそば蕎友館 井出明久 #- | URL | 2012/10/25 16:13 * edit *

井出さま ありがとうございます

ニコンD600、キヤノン6Dの登場でフルサイズが一層身近になりました。
画質は勿論ですが、ファインダーを覗いたときの気持ちいい眺めは最高です。
安い買い物ではありませんが、フルサイズの世界も是非体験してみてはいかがでしょうか。
またそちらの方へ行った際にはお邪魔させていただきます。

はんべフライ #jsBW8FAg | URL | 2012/10/25 22:04 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/495-57c8bee0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)