かっぱのあしあと

晴天もいいけど 

16日はD600での初星景撮影に臨んだものの、
天候が中途半端でいま一つの成果でした。
そして今日は再び星景撮影のために精進湖へ向かいました。
天候は問題なく、月も夜半前に沈んだので条件は良好。

現地は気温9度と寒く、しかし風がないので逆さ富士も期待できます。
「もや」がないため沿線道路のヘッドライトの影響も少なめです。
前回よりちょっと早めに着いて、沢山試写を繰り返しました。
今回はD4でも同じ条件で撮影し、画質などを比較しました。

2012102101.jpg
2012/10/21 1:30 Nikon D600 + AF-S VR 16-35mm f4
16mm マニュアル露出(f/4 30秒) WB:AUTO ISO:2500

オリオン座流星群の極大日前日だったのでちょっと期待しましたが、
撮影中は大きな明るい流星が流れず残念でした。
雪を被り始めた富士山と木星の明るい輝きを初めとする
冬の大三角など見応えのある画像が得られました。

次第に星座が西へ傾いたので、河口湖の大石公園へ移動。
街の明かりがかなり明るく、感度や露出時間を伸ばせません。
それでも明るい星が多いので十分星景写真として成立します。

2012102102.jpg
2012/10/21 3:15 Nikon D600 + AF-S VR 16-35mm f4
16mm マニュアル露出(f/4 25秒) WB:AUTO ISO:2000

さて精進湖ではD4でもほぼ同様の条件で撮影し、その画像を拡大しました。
200%で見るとノイズの出方は若干D600の方が少なめで滑らかです。
しかしバックグラウンドのノイズ感はほぼ拮抗しており、
画素ピッチの大きなD4も高画質なのはさすがです。

2012102103.jpg
【左がD600、右がD4】

しかし驚いたのはオートホワイトバランスの傾向です。

2012102104.jpg
【左がD600、右がD4】

どちらもオートホワイトバランスで撮影しました。
D600は見た目に近い自然な漆黒の夜空の雰囲気が出ています。
ところがD4の方は、オートのはずなのに晴天モードとほぼ同様です。
ナトリウムランプのオレンジ色が出てしまい、全体に黄色がかっています。
Nikon CaptureNX2で現像時にホワイトバランスを調整しても
青みがかったり黄色がかったりして黒っぽい背景になりません。

ある意味ではこれも実際の空の色に忠実とも言えますが、
見た目の印象から大きくかけ離れており理由が不明です。

この後大石公園での車中で寝袋に入って仮眠しました。
しかし外気温の低さの割りに暖かく快適な羽毛寝袋のため
またもや日の出後かなり経ってから目が覚めてしまいました。
公園内の花はほとんど終わってしまい、コキアがわずかに
残っているもののまだピークの赤さには届いていません。

2012102105.jpg
2012/10/21 7:58 Nikon D600 + AF-S VR 24-85mm f3.5-4.5
40mm 絞り優先AE(f/13 1/40秒 -0.3EV) WB:AUTO ISO:200

2012102106.jpg
2012/10/21 8:13 Nikon D600 + AF-S VR 24-85mm f3.5-4.5
32mm 絞り優先AE(f/11 1/250秒 -1.0EV) WB:AUTO ISO:400

この後は夕方のダイヤモンド富士に備えて山中湖パノラマ台へ下見に。
しかし既に路上駐車だらけで一睡の余地もありません。
日曜日だしダイヤモンド富士だし仕方ないかと諦めて
一転山中湖畔にクルマを置き、チャリで一周しながら
ペンライト3でお気軽ポタリングを楽しみました。

その際に撮影した写真などは次回以降に。
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

こんにちは
D600の記事、いつも楽しみにしています。
やはり噂以上に良いカメラのようですね。
読んでいるとフツフツと欲しくなってきて危険な状態です(笑
いっそ、D700温存でフルサイズ二台体制?
いや、その資金があればレンズが先だろうとか・・
でも、足腰弱っているので、軽装備スナップのお気軽カメラ体制
も充実させたいなぁ・・っと、物欲と煩悩と現実の狭間で身悶える
今日この頃です。

それにしても富士山周辺はかなり冷え込んでいるようですね。
私も昨日は流星群狙いで市内の山にいましたが、明け方は
凍えそうでした。
紅葉シーズン間近ですが、あれこれ悩んでみます。ではでは

月見里 #A8BJpryA | URL | 2012/10/22 14:54 * edit *

確かにD600いいのですが

様々なシチュエーションで試写を繰り返してきました。
確かにD600の「性能」は素晴らしく、軽量なことも手伝ってハンドリングは抜群です。
実機を手にされればきっとユーザーさんになるかも(^^ゞ
ただ、D700はできる限り手許に残されることをお勧めします。
D600に替えて手放してしまった場合、中にはD600に馴染めなくてD700が恋しいという方も少なくありません。
D600をしばらく使って納得してから手放しても遅くはないでしょう。

真冬になれば山中湖では-18度くらいになります。
以前は毛布に包まっていましたが、それでも耐えられないのでちょっと奮発して羽毛の寝袋を導入しました。
しかしこれが実に快適で、つい寝過ごしてしまいます。

はんべフライ #jsBW8FAg | URL | 2012/10/22 22:07 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/492-c85aece8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)