かっぱのあしあと

新レンズテストの朝 

オリンパスの新レンズ「M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6」を持ち出して、早速朝の蓮華寺池公園へ行きました。
まだ咲き始めたばかりのハスを目当てに、早くも数人のカメラマンや散歩客が訪れています。
実際に開いている花は数がわずかで、色も形もあまり綺麗ではありません。
それでも何とか少ない花を探して池の周囲を歩きます。

この日はE-PL1に14-150mmとPLフィルターのみで臨みました。
天気が悪く曇り空のため、広角側ではほとんど撮れませんでした。
しかしこのレンズ1本で28mm相当の広角も300mm相当の望遠も撮れるのは大変効率的です。
これまでは被写体次第で頻繁にレンズ交換を余儀なくされました。

そして気になっていたオートフォーカスです。
早く動く被写体ではありませんが、遠くのものや近くのものへの合焦の速さは
従来のZUIKO 40-150mmとは比べ物になりません。
しかもほとんど無音で素早くピントが合います。

カメラ側のフォーカスエリアが大きく、ピンポイントで合焦しているかがわかりにくいのですが
ポストビューである程度確認でき、拡大表示も可能のため使い勝手は良好です。
14-42mmと違って前玉が回らないのでPLフィルターとの相性もよく
じっくりとEVFを見ていればPLフィルターの効果も確認できます。

ただし気になるのがEVF内での視界のぶれです。
ボディ内手振れ補正方式とはいえ、EVFの視界は補正しているセンサーの画像です。
EVFや液晶モニターのライブビュー画像は手振れ補正で揺れないはず。
しかしどうやらシャッターが切れる瞬間だけ効果を発するのか、
EVFを覗いて構図を決めている間は視界がよく揺れてしまいます。

まだごく一部のテスト撮影でしたが、このクラスの高倍率ズームレンズにしては
なかなか高画質で使い勝手も良好です。
丁度こちらでも取り上げていましたね。

14-150mmテスト1
【画像クリックで拡大】
2010/7/2 9:11 E-PL1 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 (with PL Filter)
300mm相当 F5.6 1/250秒 +0.0EV ISO200 絞り優先AE WB:晴天

14-150mmテスト2
【画像クリックで拡大】
2010/7/2 9:05 E-PL1 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 (with PL Filter)
300mm相当 F5.6 1/1000秒 +0.0EV ISO200 絞り優先AE WB:晴天

14-150mmテスト3
【画像クリックで拡大】
2010/7/2 9:14 E-PL1 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 (with PL Filter)
300mm相当 F5.6 1/400秒 -0.3EV ISO200 絞り優先AE WB:晴天

14-150mmテスト4
【画像クリックで拡大】
2010/7/2 8:57 E-PL1 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 (with PL Filter)
108mm相当 F5.4 1/320秒 -0.7EV ISO200 絞り優先AE WB:晴天




関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/46-5c6c6eda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)