かっぱのあしあと

蓮が無かった時 

今年はまだ蓮を見ていません。
勿論撮影も全く行っていません。

そこで昨年の画像は無いかと探しました。
昨年の今頃使っていたのはNikon D700とD5100、OLYMPUS E-PL2でした。
昨年撮影した画像をめくってみても、
紫陽花からいきなりラベンダーへ飛んでしまっています。
つまり6月下旬から7月下旬の間の画像がありません。

ブログでも昨年の6月~7月の更新頻度は極端に減っています。
毎年使っている手帳は保管しています。
昨年の6~7月のページには、特異な現象?が見られました。

6月は、震災の影響で極端に仕事が減り週休3日状態。
出勤した日でもいつもの3分の一くらいしかやることが無かった。
しかし復旧が進んだ7月になって、動いていなかった仕事が
一気に流れ出し、定休も出勤せざるを得ない状況に。

ちょうど蓮が咲いていた頃はカメラを防湿庫から出す暇も無く
結局はほとんど蓮を撮影することがなかったわけです。

2012070701.jpg

今年も蓮のシーズンが来ました。
ただ、蓮は非常に撮影の難しい被写体です。
花までの距離が長く、池に入って近づくわけにも行きません。
マクロは限定され、望遠が主力になります。
しかも花の高さや位置は似たものばかりで
構図や光線の捉え方にも制限があります。
だから蓮の写真はどれも似たものばかりになりがちです。

天候や日照を選べばバリエーションができそうです。
時間帯も同様です。
できれば撮影ポイントもバリエーションが欲しいのですが、
何故かこれまで知っていた蓮のポイントから
蓮が次々と消えました。

麻機遊水池、藤枝の二ツ池などの大部分で蓮がなくなりました。
水質の問題なのか、環境保護の問題なのか、
或いは有害な生物の繁殖があったのか。
理由は分からないけどどうも蓮は好かれていないようです。

中には湿地の環境改善のために、一時的にホテイアオイを
除去する作業に伴って蓮も撤去される場合もあるようです。
でもやはり初夏の彩りに欠かせない蓮は残して欲しいです。
明日は休日だけど片付かない仕事があるので出勤です。
ただ朝はカメラを持って近くの池に行ってみようと思います。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/405-c674c695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)