かっぱのあしあと

教育者の資格 

昨年10月に、滋賀県大津市で中学2年生の男児が自殺した。
学校は生徒たちにアンケートを行い、加害生徒らが
「自殺の練習」を強要していたことを知っていたと回答。
しかし市教委はその事実をずっとひた隠しにしていた。

今になって明らかになりながら、市教委は
いじめと自殺の因果関係を掴めなかったと弁解。
またこの繰り返しだ。

2012070401.jpg

どの学校にも「いじめ」は存在する。
その事実を正面から受け止めて対処しない限り
また同じ悲劇は繰り返される。
いじめをしていた加害生徒の罪はもとより、
そのいじめの事実を隠したり、自殺との因果間を
否定する学校側の姿勢は自殺を食い止める可能性をも
もみ消してしまった。大罪である。

いじめの存在を認めることは、学校として怠慢を認めることになる。
そうなれば校長は処分や賠償を免れない。
何より退職後の天下りにも年金収入にも大打撃だ。
だから「自分のために」いじめの存在を隠す。

もし存在が明らかになった場合でも、因果関係を否定する。
そうしていじめや自殺の責任から逃れようとする。
何より「自分のために」
自殺した生徒の苦しみを想像することすらしない。


これが教育者の実態だ。


関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/402-02bc1d72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)