かっぱのあしあと

人の小ささ 

人はいつの間にか自然を手中に収めたと思っていた

明日の天気もわかる

何百年も先の天文現象もわかる

何億光年も先の星が見えるようになった



2012030901.jpg


でも目の前の海や空には敵わない

人は自然の前ではあまりにも小さな存在

原子力も我が物にしたと思っていた

でもそれは幻想でしかなかった


日本人は自然と共存し自然の前に常に謙虚だった

今一度自然に対する謙虚な気持ちを取り戻そう


人は自然に逆らえない

自然は大きく、強く、そして優しい

人は、そう 自然には逆らえないんだから
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

おごるなかれ

人間はあくまでも自然の一部です。
それを私たちはいつ忘れてしまったのでしょう。

聞いた話では、東洋人は自然を畏怖し、あくまでも自然と共存しながら暮らしていくという思想が強いそうです。対して西洋人は、自然は人間が制圧するものという思想が強いそうです。

その二つの思想を比べ、今の現状を鑑みたとき、どちらが正しいかは一目瞭然だと思いました。西洋人は東洋人より早く、自然を制圧しながら進化してきました。そして今の世界をリードしているのも西洋的思想です。
私達は今こそ自然と共存し、自然とともに生きていく、本来の東洋的思想を見直し、その思想の元で自然に寄り添って生きていくことが大事なのではないでしょうか。

自然を制圧するなどおごりもいいところです。自然は人間の人智の及ばぬ大きな存在なのですから。

chitose40 #cCB04rCg | URL | 2012/03/10 23:12 * edit *

西洋では唯一神がこの世界をすべて作り出したとされています。
人間は自然と等価の存在であり、自然に対する畏怖の念とか自然の中で生かされているという観念は薄いようです。
日本人は農耕生活を通して、八百万の神が宿る自然に生かされている意識が醸成されてきました。
しかし人口の激増や経済社会の進展に伴って自然に対する謙虚さを失ってしまいました。
100年に一度とか1000年に一度といった災害に備えるのは尋常なことではありませんが、そんなときでも減災のための人知を結集することが残されています。
とはいえ人間がこの地球上で暮らす上では災害は避けられません。
何はなくとも命だけでも守られる対策を優先してほしいです。
でも忘れてはいけないのは、温暖化など全地球規模の環境破壊です。
災害の元凶にもなりうるものでもあるので、一時の災害だけではなく長期的な行動も必要です。
今日は一年目で朝から報道特番だらけですが、来年は恐らく追悼式典の報道だけで終わりそうです。

はんべフライ #jsBW8FAg | URL | 2012/03/11 21:41 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/287-de640209
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)