かっぱのあしあと

それはダメです 

先日静岡県は、来年GWにも開通予定の「新東名」に関する
交通ネットワークビジョン(素案)を策定しました。
それによると、新東名では最高時速を140キロにしてはどうかというのです。
現状の東名高速道路は最高時速100キロですから、一気に40キロもアップされることになります。

東名高速に限らず、国内では道交法で最高時速は100キロとされています。
ですから警察関係の法律の改正まで必要とする大きな変革を求められます。
140キロに上げる理由は、東名高速よりカーブや傾斜が緩やかだから速度を出せる、
その上で東名高速と差別化しないと利用価値がないというものです。

でも県の言う理由は本当でしょうか。
新東名は、比較的市街地に近い場所を走るのに比べかなり山間地を走ります。
インターチェンジも山間にあり、一般の利用客にとっては利便が悪くなります。
大型車にとっても従来の交通ネットワーク上に作られた企業や事業所へのアクセスも悪化します。

それでも利用者を確保するには、料金を下げるより速度を上げる方が効果的だと考えたのでしょう。
時間との戦いを強いられる輸送業などでは確かに速度の向上はメリットがあるかも知れません。

しかし例え法律の改正で140キロを出せるようになったらどうなるのでしょうか。
原則としては日本中の誰も(レーサーなどは除く)140キロという速度は未体験です。
そうなると常に140キロでの走行はかなりの緊張感と危険を伴います。
現状でも車間距離はかなり不足していますが、140キロからの停止はかなりの距離を必要とします。
間違いなく事故は増えるし、死亡率も損害も高まります。

自動車だってそこまでの高い速度域を想定して作られていません。
輸出用の車両では別の基準が設けられていますが、
100キロ制限下での日本向けのクルマで140キロを常用するのはクルマにとっても良くありません。
何より空気抵抗は激増しますから燃費も悪化して温暖化効果ガスの削減にも対抗します。

大型トラックの一部では、現状の東名高速でも80キロで定速走行する車両があります。
これは燃費や事故防止の点で最もバランスがいいためで、
私もそういったトラックの後ろを付いていくと大変燃費がいいのでペースカーに利用しています。
それが140キロに高まったらこれまでの知恵や努力は水泡に帰します。

それでも140キロを主張するのはなぜでしょうか。
現状の東名高速道をを走ると分かりますが、
速い車の中には100キロを大幅に超えた速度で走る者もいます。
新東名は当初120キロで走れるとされてきましたが、それでは新東名のメリットが半減します。
140キロで走れるぞということにすれば、
より速く走りたいクルマを取り込めると踏んだのでしょう。

しかしそこまで速度を上げるには、140キロでも安全に走れる環境が必要です。
高まる空気抵抗を押し分けて進むために路面の痛みが早まります。
140キロでも確実に認識できる標識が必要です。
流入するための車線はより長く必要になりますが、
すでにできてしまっているので変えようがありません。
するとインターチェンジで事故や渋滞が多発する可能性があります。

また先日の事故対応の訓練でも報道されていましたが、
新東名には側道がほとんどないため、万一大きな事故や災害が発生した場合には
側道からのアクセスができません。
本線に大量の事故車両が滞ってしまえば燃え尽きるのを待つだけになりかねません。
また山あいを走るためトンネルも非常に多く、トンネル内で事故が起きれば
あの日本坂トンネルでの大惨事を繰り返してしまいます。

せっかく多額の費用を負担してまで作った新東名なので利用させたいのはわかりますが、
料金面など他のアイデアで利用促進を考えるべきです。
自分でハンドルを握らないVIPが考えたかのような140キロ提案には反対です。
もし140キロ制限が実現した場合には、たとえ先を急ぐ時でも私は新東名を利用したくはありません。


関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/217-1cf60d79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)