かっぱのあしあと

今年もこの季節が! 

毎年10月~11月の週末に開催されている
「大道芸ワールドカップ in 静岡」も今年で20周年を迎えました。
私自身はこのイベントを知ったのが2005年ですので
まだ7年目の青二才です(^^ゞ

実行委員会委員長の杉山 元氏はウチの会社の取引先でもある
ダイワ(旧大和企画j)の取締役社長で、担当者の話では
一年の多くを海外の大道芸を探しに出かけているとか。

昨年は見に行くことができず、一昨年は一日だけ
それも2ヶ所くらいでしか見られませんでした。
今年は初日の3日(祝)と金曜日の4日の2日間を予定しています。
まずは前もって購入していたガイドブックをチェック。
あらかじめおおよその予定を立てておき現地へ向かいます。

3日は祝日ということで電車でのアクセスも大変だからと
清水の会社からチャリで7キロほどの道のりを走ります。
11月だというのに汗が流れる陽気です。
しかし到着が遅れてしまい、最初に見るつもりだった
伊勢丹前の札の辻ポイントはすでに黒山の人だかりです。
ロシアのジャグリングクイーン「ミラ ロージロ」の
演技は人の頭の間からしか見えませんでした。

次は市役所前でコメディアン「マリアーノ グス」
こちらは開始30分前に階段上に場所を取ったので楽勝。
ちょっと遠いけど全体の雰囲気が掴めます。
観客を巻き込んでのコメディは驚きと笑いに包まれます。

2011110301.jpg
【画像クリックで拡大】

そして次は大御所「デビット ラムゼイ」を見に北ワシントンホテル前へ。
彼は93年のグランプリを初め、この大会ではおなじみの人気者。
実は横浜在住で奥方も日本人というだけあって
流暢な日本語で笑わせながらも筋金入りのパフォーマンスに
毎回お腹いっぱいにさせてくれます。

再び呉服町通りへ出ると、何やら一際背の高い動物が!
よく見るとカンガルーのコンビ「ルード」(豪州)
足にはバネ仕掛けが入っていて高く飛び跳ねます。
所々で通行人と触れ合ったりのパフォーマンス。

2011110302.jpg
【画像クリックで拡大】

11月初旬ということで七五三の子供も見かけます。
クラウン達がお祝いの演奏を聞かせますが
当人は見慣れない白い人にキョトンでした。

2011110303.jpg
【画像クリックで拡大】

谷島屋前では「リズ スモール」のフェイスペインティング。
この時は15人ほどの子供が行列で並んでいました。
美しい色彩とデザインで顔を飾ります。
この顔全体でも2000円、半分なら1000円と格安ですね。
でも洗うのがもったいなくなります。
学校へこのまま行くのだろうかと思ってしまいます。

2011110304.jpg
【画像クリックで拡大】

その後は「プリンセス エレイン」「ミス サリバン」を楽しんだ頃には
すっかり辺りが暗くなってしまいました。
再びチャリで北街道を東へ向かいます。
静岡109前はセノバの影響もあって大勢の人が通り過ぎます。
イルミネーションが灯って年末の雰囲気が漂います。

2011110305.jpg
【画像クリックで拡大】
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/206-bad9e0a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)