かっぱのあしあと

パンケーキ旨いかしょっぱいか 

何かと言えばパンケーキレンズです。
今回発表されたソニーのNEXシリーズにもパンケーキレンズキットがあります。
オリンパス・ペンシリーズ(ライトは除く)にもあるし、
LUMIX GF1もパンケーキレンズをキットにしてよく売れているらしい。

デジタル時代になってしばらくは、パンケーキレンズはお目にかかれなかったけど、
ペンタックスが相次いで自社のコンパクトなデジイチに組み合わせる
パンケーキレンズを発売し、そこそこ話題になりました。
また交換レンズではありませんがリコーのGRシリーズは
単焦点レンズのスナップカメラの可能性をリバイバルさせました。

だからというのか、最近のコンパクトさを売りにするミラーレス一眼カメラを発売するメーカーは
パンケーキレンズを必ずラインナップしています。
確かにコンパクトなボディに薄い単焦点レンズはよく似合うしファッショナブルです。

でも単焦点レンズですぞ。
これを使うシチュエーションを考えると、見たままの景色を写し撮るスナップ用途しか浮かばない。
もっと端的にいえば、「写ルンです」のデジタル版です。
28mm相当とか40mm相当の画角で「作品」を作るのはなかなかスキルが要ります。
単に記念撮影やブログ用の写真ならまだしも、
見る者を惹きつける魅力ある作品を撮るのは至難の業。

よく単焦点レンズを付けて「自分のフットワークで撮るんだ」と言います。
でもフットワークの効かないシチュエーションの方が多いもの。
一歩前へ出ればクルマに轢かれたり、一歩下がれば人様の敷地へ入ることもしばしば。
だからと中途半端な位置で撮れば「作品」にならない。

中判カメラの作品などに見られる気になる点として、構図に無駄が多いこと。
やたらと空が広かったり、主要な被写体が不自然に小さかったりして。
これは画角が決まっている単焦点レンズを使ったこと、カメラの位置が動かせないこと、
余計なものを映し込まないようにフレーミングしたら
気がつかないうちに空が入りすぎてしまったというものです。

四角い画面の中に完結させる写真にとって構図はもっとも重要な要素です。
単一の画角である単焦点レンズで、緊張感あふれる素晴らしい作品を撮るのは大変難しいのです。
だからこそ昨今のパンケーキレンズや明るい単焦点レンズを無批判に持ち上げる風潮は疑問を感じます。

単焦点レンズはシンプルな構成で明るいレンズを作りやすいメリットはあります。
でも古い単焦点レンズより最新のズームレンズの方が優れたものも少なくありません。
「単焦点は逆光に強い」というのはもはや迷信です。
無駄をそぎ落とした緻密な構図にこそいい作品が生まれると思います。

そうそう、パンケーキレンズですね。

                       つづく...
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/18-a2033e76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)