FC2ブログ

かっぱのあしあと

災いの使者 



なかなか梅雨が明けません。
こちらでは6月10日に梅雨入りして一ヶ月以上。
「梅雨の合間」すらほとんどないまま降り続けます。

前回の記事にも書きましたが、こんな最中に彗星です。
惑星などと違って日々移動し明るさも変わります。
よりによって梅雨の真っ最中に来ることはないだろうと。
毎日Twitterには見事な写真がアップされているのに、
こちらでは梅雨空を眺めるしかありませんでした。

それでも7月19日、辛うじて晴れ間が覗きそうだという予報。
さてどこへ行こうか、北西の方角なのでポイントが絞りにくい。
富士山とのコラボとなると箱根か、迷った挙句「水ヶ塚」へ。
しかし午後になって濃霧が取れず希望が萎みます。
「Windy」で雲の予報を調べ、急遽大井川周辺へ戻りました。

できればもっと条件のいい場所ならよかったけど、
20日以降週間予報が雨続きなので今日しかないと、
とにかく一目だけでも姿を見たいと河川敷で夕暮れを迎えました。



2020072001.jpg
2020/7/19 20:28 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
80mm相当 マニュアル露出(f/2.8 8秒) WB:4800K ISO:640 Natural 大井川河口


次第に暗くなる空の中でネオワイズ彗星を探します。
スマホアプリ「スマートステラ」と比較しながら双眼鏡を動かし、
ようやく薄雲の合間にボンヤリとした姿を見つけられました。
もっと空が暗くて雲が無ければ明るく撮れたのでしょうが、
これが精一杯です。

10度以上に及ぶイオンテイルなど望むべくありませんが、
まずはこの目で彗星を見られただけでも良しとしましょうか。
ただ、今月末に向けて次第に高度を上げていきます。
明るさも減衰していきますが、もっと条件のいいタイミングで
再度捉えられたらと希望を持っています。


ちなみにこのネオワイズ彗星(「C/2020 F3)は、今年3月に
赤外線観測衛星NEOWISEの観測から発見された新顔です。
しかし非常に周期が長く、次にやってくるのはなんと6800年後。
彗星というと、突然空に現れる奇妙な天体だとして、
大昔は「災いをもたらす」不吉の前兆とされてきました。
今のコロナ禍との関連は勿論ありませんが、
彗星同様に彼方へ消え去ってくれればいいですね。

関連記事
スポンサーサイト



[edit]

はんべ様

ネオワイズ彗星
根気よく探した甲斐がありましたね
はんべ様の記事を拝読していると・・・・
どれほど星に憧れまた敬意を表しているかがよく分かります

次にやってくるのはなんと6800年後・・・・
ご努力された甲斐がありましたね

りら #sSHoJftA | URL | 2020/07/20 14:55 * edit *

Re: はんべ様

> 根気よく探した甲斐がありましたね

本来ならもっと見事な姿を撮れたのですが、
梅雨の最中ではほんのわずかに見られただけでも御の字です。
彗星は流星群の元となるチリを撒いたり、
地球の生命の種をもたらしたとも言われる
特異な天体で、もっと認知されたらいいと思いますね。



はんべ #- | URL | 2020/07/21 20:51 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/1731-4e7805a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)