FC2ブログ

かっぱのあしあと

変わらないものの行方 




すでにご存知の方も多いと思いますが、
日本最古のカメラ雑誌「アサヒカメラ」が7月号をもって休刊します。
その後は系列のネットサイトで不定期に記事を配信するとのこと。
5月に突然休刊した「月刊カメラマン」に続く休刊です。
理由は新型コロナウイルスのために広告収入が激減したためと
されていますが、ずっと前から発行部数は減っており
コロナショックが大きなきっかけとなったと思われます。

アサヒカメラ誌は、日本カメラ誌と並ぶ「老舗」です。
しかしカメラというアイテム自体もニッチになりつつあり
ネットの情報の早さと詳しさからして雑誌の存在感は希薄です。
カメラメーカーも数が減り広告メディアとしての価値が無くなり
発行部数も激減すれば存続ができなくなるのは当然とも言えます。

この後も他のカメラ誌が続くか気になるところですが、
私個人はここ3年ほど前からカメラ誌は購読していません。
「デジタルカメラマガジン」を創刊からずっと購読していましたが、
繰り返し読む機会が無くなってきたので買うのをやめました。
関連サイトの「GANREF」もかつての勢いは無く私も放置状態です。

カメラ誌に限らず、書店の雑誌コーナーはワクワク感がなくなりました。
クルマもパソコンもかつては数え切れないほどの雑誌が並んでいました。
今は発売日に書店へ寄っても、カメラ誌のコーナーに人はいません。
雑誌やマンガは既に多くが電子化されネット配信されており、
今後は紙ベースの情報源が激減することでしょう。

本来デジタルカメラはそういったパソコンやネットとの親和性が高く
もっと盛り上がってもよさそうな分野なのですが、フィルム時代からの
旧態依然とした「写真」の世界が変わろうとしなかったことが
今日のカメラ誌の衰退を呼んだと私は考えます。
スマホのせいだという人もいますが、スマホカメラやドローンだって
写真機と捉えればいくらでも楽しめるはずです。

一部の写真家やアマチュアカメラマンからは今回の休刊を
「写真文化の衰退を象徴する」現象だという声が聞こえます。
しかし今日ほど多くの人が「カメラ」を持ち毎日数え切れないほどの
写真が撮影され、世界中の人々と見せ合える環境はなかったことです。
むしろ写真文化はかつてないほど盛り上がってきていて、
今後は動画を含めますます手軽に写真を楽しめるようになるでしょう。
旧来からのカメラ誌や雑誌という媒体のあり方を考え直せば
必ずしも悲観的なことではないと思うのですが、いかがでしょう。



浜名湖ガーデンパーク
2020/6/1 12:46 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
96mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 -0.7EV) WB:5000K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2020/6/1 12:38 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
194mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/500秒 -0.7EV) WB:5000K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2020/6/1 12:01 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/100秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2020/6/1 13:35 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
38mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/80秒 -0.3EV) WB:5500K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2020/6/1 11:57 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 -0.7EV) WB:5300K ISO:320 Natural 浜名湖ガーデンパーク



事実上、まだ18日までは県境を跨ぐ移動ができません。
週末ごとに時間は取れそうなのですがどこへ行こうか。
その前に体力も何とかしないとね。



関連記事
スポンサーサイト



[edit]

こんにちは
私も本は買わなくなりました。スマホ(カメラ➕本)の機能があり
本は興味のない記事もあるし 調べたい知りたい事はスマホやPCで分かる
新聞もだいぶ前にやめました知りたい事はPCで
旧態依然ほんとそうですね

SNSの発展で今まで写真を撮らなかった人が特に女子が撮りまくって
以前の比でない

夜景のライトの光芒の撮り方がわからずこの文字をグーグル入れると直ぐに分かる
グーグルとスマホが本だけでなく過去の色々な形態を新しく塗り変えたそして便利に

sanbariki #- | URL | 2020/06/08 12:13 * edit *

Re: タイトルなし

> 旧態依然ほんとそうですね

これほどスマホやドローンが普及しているにも関わらず
旧来の写真家やカメラファンの多くはスマホでの撮影に消極的です。
なぜでしょう。

スマホを写真機として認めていないのか、SNSは写真を見る
環境では無いと考えるのか、スマホの写真に価値を感じないのか。
ただ、これはカメラに限ったことではなく、音楽はダウンロードする
圧縮音源が一般化しているし、パソコンもスマホに代わられました。
そこから取り残された「マニア」だけの世界になってしまいました。

カメラメーカーはカメラで利益を上げられないものの
ごく一部のカメラファンのためにだけ生産を続けざるを得なくなります。
もっとも、スマホすら10年後に残っているか分かりませんね。

はんべ #- | URL | 2020/06/08 18:45 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/1721-4f16698c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)