かっぱのあしあと

食べるか遺すか 



先日山本幸三地方創生相は「一番のガンは学芸員」と発言し
後に陳謝したものの強い反発を食らっています。
山本大臣は文化財をもっと観光資源として活かせないか、
それには保護を重視する学芸員を「一掃しないとダメ」らしいです。
インバウンド需要が上向いている最中のためか、
観光振興を急ぐあまりつい暴走してしまったのかもしれません。

まぁ、学芸員の仕事や現場を知らないであろうことは明らかだし、
人を癌呼ばわりするのはあまりにも節操がなさ過ぎます。
しかし文化財と観光が果たして相反するものなのか、
多くのヨーロッパで見られるように共存できないのか、
あらためて考えさせられる機会を得たともいえます。

文化財の保護にはお金がかかります。
それを税金やわずかな観覧収入でまかなうのは至難の業です。
かといって料金を上げれば来場者が激減してしまう、
財政の厳しい地方では文化財保護の予算は真っ先に削減です。

だからやはり観光などで収入を得て、それを保護に活かすのが
理想なのですが、そのバランスが掴みにくいところです。
また外国人観光客を増やそうと躍起になってはいるものの、
まだまだ関係者の頑張りに依存する傾向は強く、
国を挙げて日本全国規模での観光振興は出来ていません。
しかも東京五輪を目処にしている限り、地方の観光振興は
後回し、というかほとんど気にかけられていないでしょう。



身延町
2017/4/9 8:42 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
180mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/200秒 -1.0EV) WB:3000K ISO:200 Natural 身延町



身延町
2017/4/9 9:09 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
220mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/250秒 -0.7EV) WB:6000K ISO:640 Natural 身延町



身延町
2017/4/9 9:54 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
104mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/100秒 -0.7EV) WB:5500K ISO:640 Natural 身延町



身延町
2017/4/9 10:29 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/100秒 -1.0EV) WB:5800K ISO:200 Natural 身延町



身延町
2017/4/9 10:46 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
110mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 -0.7EV) WB:5300K ISO:200 Natural 身延町



「世界遺産」というのは、本来は未来へ遺すもののはず。
しかし登録されると、道路が出来る、店が出来る、予算が付く。
まるで地下鉱脈を見つけたかのように地域に金が降って湧く。
だから必死で登録を目指すし、そのためなら人々の暮らしも犠牲になる。
それでも世界遺産登録の「経済効果」は人々を惑わせる。

こちらも保護と観光のバランスが問われる光景を目の当たりにします。
観光地化された様々な世界遺産では傷みや劣化が進んでいるものの
あまり報道されない、というか「忖度」が働いて報道していないのだろう。

文化財というのは、人間が未来へ遺すものだから、
未来の人々は過去の人が遺した文化財に学ばなければならない。
ただ観光として見せるだけではその意義は半減以下になる。
やはり正しく豊かな知識を得ながら見ることで学べるはず。
そのためにも研究者や学芸員は必要不可欠なのだと思うのです。



関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/1358-6db0d0b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)